2019年9月12日発売のモーニング2019年41号の最新話ジャイアントキリング527話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月12日に発売されたモーニング41号に掲載!

ジャイアントキリング最新話!第527話のネタバレと感想!

▷前回のジャイアントキリング【第526話】のネタバレはこちら!

>>ジャイアントキリングのネタバレ一覧まとめ!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ジャイアントキリングの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

ジャイアントキリング【527話】のネタバレ

【重い一発】

サリバンのクロス!!

ガショア

「き、決められてしまったーーー!」

ハミルトンのヘッドによって同点に追いつかれてしまった日本

集中が切れやすく危険だといわれれている前半終了間際に最も警戒していた空中戦でやられてしまった日本。

ゲームを振り出しに戻したことでいい雰囲気を取り戻したオーストラリア。

「まだ同点だ。同点のままじゃ試合に勝てないからな。」

とサリバンが浮足立つチームを引き締める。

結局は大したことないな日本代表・・・!

【変わらない日本代表】

サリバンに苦しめられてきた歴史のある日本。

そして、ここ一番!というビッグゲームで強豪相手にいいゲームの入りができてもうまく試合を運べず勢いに乗る相手にズタズタにされる日本・・・。

どちらもいまだ払拭できていないという日本の記者たち。

「前回のワールドカップの時の光景がありありと蘇ってきてしまっている」

【まだ・・・ゲームは・・・】

「監督がブランになって色々と変えてきてくれているかと思ったが、傷はそんなに浅くなかったということかー

と記者のうちの一人の高山が言う。

・・・・・・・・

たとえその通りだったとしても、このゲームはまだひっくり返されたわけじゃありませんし、今プレーしている選手たちの中にはその悪いイメージに支配されていない・・・まっさらな日本代表だっていますよ

とETUを追っていたフリーライターの藤沢が言う。

前半アディショナルタイムは2分!

「このまま後ろで回して終わるか」「後半勝負だな」

とこのままボールを回し後半に望みをかけようという風にテレビを前に見ているETUのスタッフたちは言う・・・

そんななか、達海はいう。

それでもいいけどせっかくのマイボールだし・・・時間だってまだあるぜ?

 

スポンサードリンク



ジャイアントキリングの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ジャイアントキリングの最新刊(単行本)や最新話が連載されているモーニングは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT モーニング1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orモーニング4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orモーニング2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはFODで、ポイントがもらえるまでに時間がかかりますが、確実に無料で多くの漫画を楽しむことが可能ですよ

\1ヶ月間無料&1300P付き/

ジャイアントキリング【527話】感想・考察

前回同点に追いつかれたところでおわり今回もそこから話は始まりました!

やはり2点差を前半の内に追いつかれてしまった!という精神的ダメージ、そしてオーストラリアサイドとしては切れかけていた気持ちの復活というのは計り知れないものがありますね・・・

このままズルズルと続き負けてしまう・・・という今までの日本と変わらないで終わってしまうのか・・・!

はたまた、藤沢や達海の言うようなプラスな展開が待っているのか・・・!

とても気になります。私個人としては、1点取れなくてもなんかやってくれそうな気がします!!!

次回期待です!