五等分の花嫁の第93話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月10日発売の週刊少年マガジン32号、最新話!

五等分の花嫁【93話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの27号を無料で購入できますよ。

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

\それでも歩は寄せてくるの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

 

五等分の花嫁【93話】のネタバレ

【私はもういなくなる】

そんな一花の発言に、一花が居なくなるんじゃないか?そんな不安に苛まれる5つ子達であった。

 

【お見舞い】

一方風太郎は二乃と店長のお見舞いに行くべく病院前で二乃を待ちながら、恋愛ガイドブック

「押してだめなら引いてみろ」

というフレーズに先人の教えの偉大さを感じていた。

暫くすると遅れてきた二乃が突然暴言を吐き始める。

店長の前でも構わず冷たい対応の二乃に店長も喧嘩でもしたのか?と心配をし始めた。

だが、風太郎には全く原因になる思い当たらない。そこで閃いた。

「こいつ、押してだめなら引いてやがる」

素晴らしいポジティブである。

だが、止まらないマシンガン暴言トーク。流石にムカつき始めた風太郎。

トドメの「うわ触らないでよ」と露骨な二乃の拒絶に流石の風太郎も自分が思い上がりをしていた、恥ずかし過ぎる!とフリーズする。

 

【もう失いたくない】

一方、二乃はというと。振り向かない風太郎に押してだめなら引いてみているだけであった。

なんという茶番。筆者は羨ましい限りである。

そんな恋愛の難しさに思考をはせている二乃に声を掛けてきたのは五つ子のパパだった。

ママの命日である明日も忙しいか聞いても、忙しいと答え去って行くパパに表情が固くなる二乃。

「まだ怒ってる?」

背後から花束を持ち風太郎が現れる。

明日の母親の命日に渡して欲しい。行こうかと思ったが身内だけの方がいいだろ?と気を使う風太郎に

「いなくならないで欲しい」と不安を吐露する。

だが風太郎は「俺のこと嫌いになったんじゃないのか?」

と見当違いの発言。

恋の駆け引きをしていただけだと伝えると風太郎はビビらせるな、と安堵する。そんな風太郎に花が咲くような笑顔を見せる二乃であった。

 

【衝撃の発言】

そして最後、お墓参りのシーンで二乃は唐突に一花に家を出ることは本当なのかを聞いた。

「え?何それ。そんなこと一言も言ってないけど」

勘違いだったのかと安堵したのも束の間。

「学校、辞めるんだ」

衝撃の事実。次回が気になりますね

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

五等分の花嫁の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

五等分の花嫁の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

五等分の花嫁【93話】考察・感想

以上、五等分の花嫁【93話】のネタバレを紹介しました!

二乃の不器用な恋心が素敵でした。

ただ、不器用すぎて風太郎の心を抉るナイフのような暴言を吐いていく所にはついつい笑ってしまいました(笑)

しかしそんな二乃も、父親や、母親、姉妹達のことで葛藤する10代の女の子。まだ幼さが残る彼女には少々重すぎる悩みかもしれませんね。

また、一花の衝撃的な発言の真相もとても気になります。

今後どうなっていくのか、目が離せない作品です!