五等分の花嫁の第96話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月31日発売の週刊少年マガジン35号、最新話!

五等分の花嫁【96話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの27号を無料で購入できますよ。

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

\五等分の花嫁の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

 

五等分の花嫁【96話】のネタバレ

前回のあらすじ

一花は高校を退学しようとしていたが、5人全員での高校卒業を叶えるため、

風太郎は「自主映画の主演女優」として一花を雇い直すことで、

家庭教師続行&一花の高校休学に成功しました。

 

【学園祭シーズン】

夏休みを終え、一花は休学になりました。

そんな中、新学期が幕を開けます。

「行ってきまーす!」と言って学校に向かう姉妹達を見送り、

ポストを開けると旭高校日の出祭(学園祭)のチラシが入っていました。

「うちのクラスは何をするんだろ」

ともらす一花でした。

 

学校ではワイワイと生徒達が放課後にも関わらず、まだ先の学園祭に向けて賑わっています。

「放課後なのに賑わってるねー、まだまだ先なのに気合い入ってるわ」

「だけど去年は転入してすぐだったから、準備に参加できるのも嬉しい」

四葉と三玖が話していると、

頬杖をついた二乃が大学の入試判定さえなければ心から楽しめるのにと顔を歪ませるのでした。

 

「二乃は結局大学行くことにしたんだ」

と三玖に言われると二乃はニヤケながら

「そーねー、もしかしたらフー君と同じとこにいけるかもしれないし」

と風太郎と2人で歩く姿を想像しました。

が、ばっさりとそれはないね。と言い切られてしまいました。

 

「あーあ、学園祭が終わったらもう受験まっしぐらなのね。」

っていうかそもそもうちのクラス何をするんだろ、と会話を続けようとすると先生がやってきました。

どうやら四葉を探していたようです。

「中野の四女!職員室まで来てくれ!」

 

話も終わり職員室が出ると、同じタイミングで職員室の反対ドアから五月が出てきました。

「あ、五月。職員室で何してたの?」

「今日の授業でわからない箇所があったので質問を

教科書をかかげながら五月は答えます。

「そっか!私は学園祭のこと!

学級長中心で色々決めてくれってさ」

と困り気味に四葉が言うと、

「そういえばまだ未定でしたね。

あれ?学級長というと

と言われます。

目線を逸らしながら上杉くんはどうかなと言葉を濁らせる四葉。

 

「とにかく、三年生は屋台って習わしがあるんだって。

ひとまずクラスの皆に聞いて回ってみるよ。

からあげにフランクフルト、じゃがバターもいいよね

と想像を膨らましながら涎をたらす四葉。

しかし言葉を遮るようにして

すみません、このお話はまた今度。

もうすぐ塾のお手伝いの時間です

と五月は去っていってしまいます。

いつもならこういった類の話には食いつく五月を少し違和感を感じながら歩いていると

廊下や教室から先程の賑やかな声が聞こえません。

 

みんな帰っちゃったのかと、教室を覗くと、、

机に黙って向かい何かを書いている風太郎を見つけます

風太郎の横顔を見て、頭の中を

「四葉は四葉の本当にやりたいことをやって欲しいな」という一花の言葉がよぎります。

扉の前で俯き動けなくなっていると風太郎がこちらに気付き声をかけてきました。

 

「なんかようか?」

 

先生の言葉が頭をよぎります。

学級長2人で決めなくてはならないので風太郎に話を切り出さなくてはと言葉をつまらせていると

「用件があるなら早く言え。

今は少しでも時間を無駄に出来ない」

風太郎の言葉に一瞬黙るも、

上杉さんに用はないですよーと、

風太郎が止めるのも気にせず逃げ去ってしまいます。

 

外まで走り落ち着くと胸をぎゅっと握る四葉。

四葉の顔は真っ赤で胸はどくどくと大きな音を立てていました。

今まで普通に話せていたのに今になって何故こうなるのかがわからず戸惑っていました。

 

「どうしたんだよ」

 

後ろから風太郎に突然声をかけられ驚き焦る四葉。

「屋台のこと話し合わなくていいのかよ。

先生から聞いてないのか?

学級長だろ、俺とお前で決めるんだとよ。」

風太郎の言葉に更に四葉は動揺します。なぜなら先程言われたはずだからです。

 

「で、でも時間は無駄にできないって

 

あーそういうことかと頭をかく風太郎。

だからこそだ。

最後の学校行事だ、無駄になんかしないぞ。

やるからには徹底的に!

楽しむと決めた!

付いてこい!去年の屋台のデータを聞き込みに行くぞ!

時間は有限だ、いくらあっても足りない。

頼りにしてるぞ

風太郎の言葉に目を輝かせ四葉は喜びます。喜ぶ四葉の瞳には風太郎がうつっていました。

 

【屋台】

去年人気だった屋台メニューを黒板に記載し、

それ以外もやりたいことがある人は随時教えるようクラスメイト達に学級長の2人はお願いします。

去年の一位はたこやきでした。

「私はたこ焼きに1票よ。

こういうのは奇をてらわない方がいいのよ。

それにあんたが、そのリストを調べてくれたんでしょ?」

と二乃がたこ焼きに票をいれると、他の男子生徒達がバイトで磨いた腕を見せてやる!楽しそうだよね!と声をあげます。

それが少し不満げな女子生徒達でしたが、他にもタピオカやたい焼きやりたいなどの声があがりました。

そこで風太郎は黙っていた三玖にも何かやりたいものはないか聞きます。

少し悩んだ後に頬を赤くしながら

「パンケーキ

と三玖が答えました。

去年までのデータにはありませんが、良いアイデアだと風太郎が褒めます。

続き他の女子生徒たちも三玖を囲み、

「私もいいと思ってたー」「絶対かわいいよ」「三玖ちゃんありがとう」

と言われると三玖は恥ずかしそうに俯きました。

その時チャイムが鳴り、同時に後日また話し合おうと風太郎が皆に声をかけます。

とりあえず候補が絞れたことを学級長2人で話していると、

四葉にバンドをやっている男子生徒がライブをやりたいと声をかけてきました。

「中野さん!

俺たちバンドやってるんだけど、

このライブステージって俺たちも参加できるのかな?」

「もちろん!

でもそうなると、練習場所もほしいですね。

吹奏楽部の人たちにかけあってみます。」

と対応します。

その後も続々と招待状のことなど声をかけられる四葉でしたが

全ての質問や相談に笑顔で答えて対応していくのでした。

四葉が大人気なことに何故俺のところには誰もこないと風太郎は不満を漏らしますが、

人望とはっきり二乃に言われてしまうのでした。

(招待状ねえ)

と少し二乃は思うところがあるようです。

「それにしても屋台ね。

何を作るにしても腕が鳴るわ」

と二乃が張り切っていると

「うん、腕が鳴る」

と同じく張り切っている三玖

フリーズしてしまう二乃と風太郎でしたが二乃が一足先に我に帰りました。

「ま、待ちなさい!

あんた、調理係する気?

外からお客さんも来るのよ!

下手したら周辺住民同時食中毒だわ!」

全力で説得しようとする二乃でしたが

「私だって上達してる。

それに二乃もいる。なら安心。」

と頬を膨らませて三玖に言われしまい、当初は説得する気だった二乃も

「も、もちろんよ!

私と一緒にやれば万が一にも失敗はないわ!」

と言い切るのでした。

そこに話が終わった四葉が帰ってきます。

働きすぎじゃないかと二乃は心配しますが悪戯な顔で笑うと

「最後のイベントですもんね。

一ミリも悔いの残らない学園祭にしましょう!」

と言われ照れ気味に前髪を指でつまみ顔を隠す風太郎なのでした。

最後の学園祭に向けて

帰宅途中、風太郎は

(最後か)と考えます。

 

そして一花の勉強会で一花に学園祭でのことを話すのでした。

学園祭に熱心な風太郎の大学入試を心配する一花。

「フータロー君

私が心配するのも変だけど

大学入試は大丈夫?」

心配する一花に今日希望校の判定が帰って来たことを

「これだけは見られたくない!」とチラチラ見ながら言いますが

すぐに判定が良かったことはバレてしまいます。判定はAでした。

「言っておくけど、そんな芸当が出来るのは元々勉強が出来るフータロー君だけだからね。

皆をちゃんとよろしくね。

ここが正念場だよ。」

「心配ないさ。

勉強も学園祭もきっとうまくいく。」

 

一花のお願いに心配ないことを自信ありげに伝える風太郎でしたが、、

 

なんと五月は希望校の判定がD判定だったのです。

 

俯き加減で1人用紙を持ち、

判定結果を見つめながら歩く五月

 

学園祭に向けて頑張りすぎな程に取り組んでいる四葉

そして最後のシーンで困ったような真剣な表情を見せる三玖と二乃

 

最高の学園祭にしてやると意気込む風太郎

 

高校最後のイベント、文化祭開催まであと僅か恋に青春に大忙しです。

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

五等分の花嫁の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

五等分の花嫁の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

五等分の花嫁【96話】考察・感想

以上、五等分の花嫁【96話】のネタバレを紹介しました!

学園祭、いいですね。

青春!という感じがします。

ハラハラした展開が続いていた為ようやくハッピーな展開が来るかと思いきや、何やらまたしても怪しい雰囲気が漂います…

五月、D判定…学園祭どころではないですよね。

四葉も頑張りすぎてしまうのではと心配です。

いったいどうなるのやら…

次回がきになります