五等分の花嫁の第97話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月7日発売の週刊少年マガジン36号、最新話!

五等分の花嫁【97話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年マガジンの27号を無料で購入できますよ。

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

\五等分の花嫁の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

 

五等分の花嫁【97話】のネタバレ

前回のあらすじ

夏休みが明け新学期になり、

高校生活最後のイベント文化祭の準備が始まりました。

 

【対立】

パンケーキがやりたい女子派と

たこ焼きがやりたい男子派で

対立が起き話し合いは平行していました。

パンケーキを提案した三玖を女子が持ち上げ、たこ焼きに賛同した二乃を男子が持ち上げる状況です。

しかし女子達は同じ女子にも関わらず男子側に立っている二乃に不満をもらします。

その状況に耐えきれなくなった二乃は机をばん!と叩き言いました。

「あーもう!

仕方ないでしょ!私が言い出したんだから!

私が最初に提案したんだもの。

最後まで責任持つわ。

それと食べるのと作るのでは話が別!

そのふわっふわのスフレパンケーキ

私だってたまに失敗するんだから!

これ以上の話し合いは無駄!

二つともやるしかないわ!」

 

【相談】

結局平行線な話し合いにどうするか学級長2人は悩んでいると、

五月が判定結果のことを相談しようと風太郎に話しかけました。

しかし忙しそうな風太郎を見て話せなくなってしまうのでした。

 

二乃と三玖はまさかあんなことでクラスが2分し、

お互いめんどくさいことになるとは思っておらず言わなきゃ良かったと後悔していました。

なぜパンケーキを言い出したのか聞くと、

風太郎の母がよくパンを作ってくれていたことを聞きうちのことを思い出したからと答える三玖。

 

二乃「まあ、そうよね。あれこそふわっふわだった。

でもあれは、一朝一夕じゃ作れないわ。」

三玖「作ったことあるんだ」

二乃「私の初めて挑戦した料理だわ。

どうしてもあの味が恋しくて、

昔パパにお願いしたことがあるの。

パンケーキのお店に連れてって欲しいって。頑なに聞き入れて貰えなかったわ。」

三玖「それでよく作ろうと思ったね。」

二乃「まあね。

まだたこ焼きの方がイージーだわ。

屋台なら尚更。」

三玖「だからって、あんなに直球で言わなくても

二乃「嫌なのよ。影でコソコソすんのは。

まあでも、もしかしたら恨まれちゃったかもねー。

嫌味のひとつくらい言われるかも。

もちろんその時は遠慮しないわ!

受けてたってやる!

むしろ来てくれた方がスッキリするわ。

 

噂をすればね。」

 

その時不満げな顔をした女子達がやってきました。

女子達が口を開こうとした時、

 

「二乃、三玖」と後ろから声がかかります。振り向くと風太郎が居ました。

それを見た女子達は帰っていきます。

2人が一緒にいることを確認した風太郎は直ぐに行こうとするので

何なのよと二乃は言葉を漏らします。

そして三玖は風太郎に用事があるらしく直ぐに追いかけていきました。

 

帰ろうと下駄箱に向かうとそこには五月の姿が。

一緒に帰ってくれる人を探していた二乃でしたが、これから塾に行くと五月に断られてしまいます。

真面目ねと言われた五月は勇気をだして判定結果の相

二乃の結果を聞くと“B”判定だった為に長く深いため息が出ます相談をしました。

五月は自分の判定結果を見せると、

「所詮私はお母さんの真似事!

学校の先生なんて夢のまた夢なんです!」

と訴えました。

落ち着きなさい!と二乃に言われ、

ようやく落ち着いた五月は先程取り乱したことを謝りました。

風太郎には言ったのか聞かれると

忙しそうだし何より申し訳なさから言えてないことを告げます。

また先生から一度親御さんと相談することを進められますが、

それもこれ以上心配をかけたくないという理由から躊躇っていました。

それを聞いてあの父親が心配していた覚えがない二乃は食ってかかります。

ですが五月は落ち着いた様子で話すのでした。

五月「私達がここまで成長出来たのは、

お父さんのおかげ。

私も、そう思えるようになってきました。

あの花は間違いなくお父さんです。

直接、何かをしてもらったことは少ないですが

ずっと気にかけてくれていたんだと思いますよ。

ひとまず下田さん

塾でお世話になってる先生に相談してみます。

それに近日有名な講師の方による

特別教室が開かれるらしいのです。」

二乃「何それ怪しいわ」

 

【招待状】

「そうだ、この前言われた

招待状用意してるんだけど。」

四葉にそう言われますがやっぱり辞めとくと答える二乃。

パパを呼んでもどうせ来るわけがない。家にだってほとんど姿を見せずにいつも影でコソコソしているんだ

と言います。

その時、二乃を敵対視していた女子達がみえました。

面倒事を避けるため回避しようとすると、風太郎の声が聞こえます。

風太郎「えーっと女子なのに男子組の中にいるのはおかしい。

あんな媚を売って、男子の誰かを狙っているに違いないか。」

二乃(あーあやっぱりね)

女子達「そ、そうだよ。

もしその相手が祐輔だったら

二乃ちゃんが相手なんて

私に勝ち目がないよ

風太郎「勘違いだ」

女子達「え?どうして?」

風太郎「二乃の意中の相手は

たこ焼き派にいない。

それだけはわかってる。安心してくれ。」

女子達「信じられない!

なんで上杉くんにそんなこと分かるの!?」

風太郎「学級長は中立の立場のためどちらにも投票していないんだ」

女子達「はあ?

意味わからない!関係ないじゃん!」

風太郎「二乃は俺をすっ好きだからな

だから仲良くしてやってくれ。」

(二乃すまん)

 

女子達「う、上杉君

妄想はやめよう。

その設定は二乃ちゃんが可哀想だよ

 

風太郎「ち、ちがう本当に

女子達「うんうん。

良い子紹介してあげるからさ」

一連の会話を聞いていた四葉は二乃に、

「影でコソコソも悪くないと思うな。きっと何か理由があるんだよ。」

と伝えます。

昔パンケーキ屋には連れて行ってくれませんでしたが、帰宅するとテーブルにはパンケーキを作る準備がされていたことを思い出しながら、招待状の文面は一緒に考えて欲しいと頼むのでした。

 

【デート】

「よし頑張るぞ!」

なんと、三玖は風太郎とデートのようです。

 

文化祭を前に三玖の恋も大一番です。これで終わります。

>>五等分の花嫁のネタバレ一覧はこちら!

五等分の花嫁の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

五等分の花嫁の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

五等分の花嫁【97話】考察・感想

以上、五等分の花嫁【97話】のネタバレを紹介しました!

思い出のパンケーキ、いいですね。

フワッフワのパンケーキ…読んでいるだけでお腹がすきます。

また姉妹それぞれが風太郎を本当に好きなのが伝わってとても微笑ましく可愛かったです。

みくのデートは上手くいくのでしょうか…

次回がきになります!