2019年9月19日発売のヤングジャンプ42号で、ゴールデンカムイの第213話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月19日に発売のヤングジャンプ42号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第213話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第212話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第212話】のあらすじ

今まで旅をしていた人物も今日は敵・・・

アシㇼパと一緒に逃亡した杉元。

月島に撃たれて死んだかと思いきや彼は立ち上がる。

「俺は不死身の杉元だ!」

鯉登少尉は思わぬ反撃を受け刺されてしまう。

憐れな部下の姿をスルーする鶴見中尉。

目的はあくまでアシㇼパ奪還。

血だらけの杉元とアシリパの逃亡劇が続いていた。

ゴールデンカムイ【第213話】のネタバレ

目的は一緒

それは宿での話に遡る。

女将は言っていたのだ。

 

「お客さんたち

 北海道に帰るって言ってたでしょ?

 連絡船がほら・・・

 故障してたけど

 ようやく明日出るんですって」

 

話を聞いていた白石とアシリパ。

だが、鶴見中尉たちが迎えに来るため、船の心配など不要。

白石はウィンクして答える。

 

「俺達は専用の船の迎えが来るのよ

 特別待遇だからさ☆」

 

連絡船の話は、白石とアシリパしか聞いていない。

白石は確信していた。

 

「絶対その船に乗って逃げる気だ」

 

2人に合流するため、白石と谷垣は港を目指して走る。

 

建物の床下に隠れていた杉元とアシリパ。

杉元はすでに血だらけ。

血痕を残せば追撃される。

応急処置として布を傷に詰めた。

 

「頑張れ、杉元・・・

 もう少し走るぞ

 行こう」

 

そう言って、歩き出したアシリパ。

すると、目の前に馬が現れた。

ヴァシリが駆け付けたのである。

乗れと言わんばかりに、手を差し伸べるヴァシリ。

 

突然の別れ

港を目指して走る白石と谷垣。

すると後方から名前を呼ぶ声が。

「シライシッ!」

 

振り向くと、ヴァシリの馬にアシリパと杉元が乗っていた。

白石の予想が的中。

だが、喜んでばかりもいられない。

 

「乗れッ!」

 

アシリパの指示で、白石が馬の尻にしがみつく。

これでは谷垣が乗れない!

 

谷垣「おい待て!」

アシリパ「谷垣まで来るな!インカラマッは鶴見中尉のとこにいるんだろ!?」

谷垣「鶴見中尉たちはお前の村を監視するはずだ、戻れないぞ!」

 

苦悩するアシリパ。

でも、答えは決まっていた。

 

「私がフチにまた会う夢を見たと伝えて!

 フチは信じて安心するかもしれないから

 必ず会いに戻る・・・

 そう伝えて!」

 

足を止めた谷垣。

アシリパ達が去ったあとに、菊田が現れた。

 

チンタラ歩く谷垣に苛立つ菊田。

「お前、白石由竹と一緒にいたな?

 どこへ行った?」

 

谷垣は少し考えて応える。

「アシリパたちと街の方へ

 逃げるのが見えました」

明らかな嘘。

 

でも、菊田はそんな事など知らない。

あくまで上司のように指示を出す。

「じゃあなんで追わねぇんだ

 走れ!谷垣一等卒!」

 

だが、谷垣は凛々しい表情で否定する。

 

「俺はマタギです

 マタギの谷垣です」

 

ヴァシリ大活躍

どうにか連絡船に乗れた4人。

いくら不死身の杉元とはいえ重症。

さすがのアシリパも心配する。

だが、杉元はつぶやいた。

 

「アシリパさん

 俺は俺の事情で金塊が必要だから戦うんだ

 全部、覚悟の上だろ?」

杉元なりの気遣いかもしれない。

アシㇼパはただ黙っていた。

 

するとヴァシリならぬ、頭巾ちゃんが指をさす。

白石が望遠鏡で確認。

どうやら、鶴見中尉の部下が杉元の血痕に気付き追いかけてきたらしい。

 

「おーい!その船

 出港は待て!おーい!」

 

連絡船に乗っているとバレてしまった。

このままではマズイ。

今のところ、敵は一人だ。

白石は頭巾ちゃんに「撃て」と要求。

アシㇼパは「足を狙え」と指示した。

 

銃を構える頭巾ちゃん。

ドン!

 

シュパッ!!

見事、頭に命中。

ところが、銃の音で鶴見中尉が気付く。

 

しかし、その間に連絡船は出港。

白石は喜んだ。

 

「やった!樺太脱出だ!

奴らから逃げ切ったぞ」

 

逃げ切れない!?

港から出れば安全だ。

稚内までは3時間かかる。

 

白石は驚きつつ尋ねた。

「しかし、まったく

 よりによってあんなところで

 逃げようと決めるなんて・・・」

確かに、鶴見中尉を目の前にしてからの逃亡劇。

本来であれば無謀と言えるだろう。

 

だが、鶴見中尉にアシリパを引き渡してしまえば、厳重に監視されて逃げる隙もなかったかもしれない。

今のアシリパさんは自由に旅ができる状況。

しかし、鶴見中尉であれば、どこかに監禁する可能性だってあった。

金塊を杉元達だけで見つければ、自分達で使い道を決められる。

なにより、アシリパの人を殺したくない信念が伝わることなどない。

杉元はキリっとした表情で言った。

 

「アシリパのさんなら

 自分の信じるやり方で

 アイヌを守る道を探してくれると

 俺は信じることにした」

 

微笑むアシリパ。

ただ、問題はどうやって自分達で金塊を探すかだ。

白石が話し掛けた、次の瞬間!

 

ドォォォン!!

 

連絡船に小舟が接近!

銃弾を海に撃ってきたのだ。

 

「うわぁ!

追っかけてきた!」

 

凄まじい鶴見中尉の執念。

開戦の狼煙が上がったのである!

 

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【213話】考察・感想

あの不器用な杉元が、素直に本音を言えるようになるとはね~

今回の杉元の語りは感慨深いものがありました。

ご存知の通り、杉元はいつも人の為に動きます。

惚れた女のために勝手に金塊探したり・・・

アシリパさんを勝手に金塊争奪戦から遠ざけようとしたり・・・

肝心の本心を相手に伝えない。

だから、いつも勘違いされてしまいます。

でも、強いアシリパさんのおかげで、杉元も少しだけ成長できたのかもしれません。

そして、谷垣との突然の別れ。

谷垣の旅の目的は、アシリパをフチの元まで送り届ける事でした。

でも、谷垣にとって、それ以上にインカラマッも大事な存在のはず。

きっとアシリパの強い意志を故郷に伝えてくれる事でしょう。

ただ、簡単に逃げられないのが鶴見中尉!

逃亡劇はまだ終わっていませんよ~

次回の海上での戦いを楽しみに待ちたいと思います!