2019年9月26日発売のヤングジャンプ43号で、ゴールデンカムイの第214話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月26日に発売のヤングジャンプ43号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第214話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第213話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第213話】のあらすじ

鶴見中尉から逃亡したアシリパと杉元。

アシリパを守るため、戦った杉元は血だらけ。

逃げながら移動していた時に、馬に乗ったヴァシリが手を差し伸べた。

ヴァシリの馬に乗り、アシリパ達は連絡船で樺太から逃走しようと試みる。

そこへ、港で出会った白石と谷垣。

白石は馬に乗る事ができたが、定員オーバーで谷垣は乗れない。

ここで別れると分かっていたのだろう。

アシリパは谷垣にフチへの伝言を頼む。

谷垣もインカラマッのために残ると決意。

合流した菊田に嘘の情報を伝えた。

どうにか連絡船の出向に間に合ったアシリパ達。

これで無事逃げられたと安心していた。

ところが!

鶴見中尉達は駆逐艦に乗って、海まで追いかけて来たのである!

ゴールデンカムイ【第214話】のネタバレ

鯉登父の出番

連絡船の乗客は大騒ぎ!

「なにか爆発したぞ!」

「砲撃されたのか!?」

 

驚くのも無理はない。

アシリパ達が乗る連絡船を攻撃してきたのは、鯉登父率いる駆逐艦だ。

容赦なく連絡船に向けて発砲する。

 

鯉登父の背中にべったり張り付く鶴見中尉。

なぜ、そこにいるのか分からないが、

鯉登父は冷静に指示をだす。

 

「発信信号用意ッ」

 

60センチの信号探照灯によって、連絡船へ信号が送られる。

 

『直チニ機関ヲ停止セヨ』

 

連絡船の船長は状況が理解できない。

そこへ現れた杉元とアシリパ。

杉元は銃を船長へ向けて言った。

 

「止めるな

奴らの目的はこの女の子だから

撃沈する気は絶対にない

このまま全力で進め!」

 

だが、船長は困る。

距離は5千メートル離れているが、駆逐艦の方が明らかに速い。

すぐに追いつかれてしまうのだ。

 

すると、杉元は流氷の帯へ突っ込むことを要求。

時間を稼ぎたいらしい。

 

だが、この船は砕氷船ではない。

ただの連絡船。

突っ込めば沈没してしまう。

 

この時期の北海道は、オホーツク海沿岸まで流氷が来る。

目の前の氷の帯も、稚内まで伸びていると予想された。

船長から説明を受けた杉元。

新たな要求をする。

 

「速度を落として

船首をあの流氷の帯へ向けろ」

杉元の狙い

連絡船が方向転換。

東へ移動する。

すぐに追う駆逐艦。

鯉登父が指示を出した。

 

「行く手をはばめ!」

 

ドドドォオン!!

 

突然の砲撃。

連絡船の前に水しぶきが上がる。

叫ぶ白石。

 

だが、その砲撃のおかげで氷の帯にワレメができた!

杉元は興奮して言った。

 

「やった!読み通り!!

逃げた鼻っ面めがけて

脅しで撃ちまくると思ったぜ」

さすが、杉元!

脅し行為をよく分かっている!

 

逃げる連絡船。

追う間に、流氷が動きワレメが塞がれる。

これでは、さすがの駆逐艦も追えない。

鯉登父は悔しさを滲ませる。

 

だが、ここで背中の鶴見中尉がアドバイス。

 

「さきほどの艦砲射撃が

逃げ道を作ったのでは?」

 

鯉登父はすぐに砲撃を指示。

見事に流氷を撃ち砕く。

 

杉元と白石は焦った!

「ぐぬぬ・・・

追いつかれるのも時間の問題か」

 

だが、アシリパだけは覚悟を決める。

「・・・よしッ」

連絡船から逃げた先は?

白石を連れて歩き出したアシリパ。

白い布が欲しいらしい。

 

とある一室を開けた白石。

なかには、お婆さんが座っている。

「失礼!」

白石はそう言って、ベッドのシーツを掴んだ。

 

ほどなくして、連絡船は停止。

回頭してくるので、観念したかに思えた。

 

連絡船に近づく駆逐艦。

船内へ銃を向けて菊田は叫んだ。

「出て来い!杉元佐一!」

 

両手を上げた船長は叫ぶ。

「さっき降りたぞ!」

 

ウソだと思った菊田。

船内を捜索する。

だが、本当に杉元達の姿がない。

船長は再び叫んだ。

 

「流氷の上を歩いて

逃げてったんだよ!」

 

鶴見中尉は、すぐさま望遠鏡で周囲を見渡す。

だが、逃げた姿は見当たらない。

それもそのはず。

逃げたアシリパ、杉元、白石、ヴァシリの4人は白い布を頭からかぶっている。

白い流氷に同化して見えないのだ。

 

鯉登父は九州なまりで言った。

「鶴見中尉どん

流氷ん、動きが早か

囲まれたら動けん

今すぐここを離れんなならん」

 

最初は、宇佐美が流氷に降りて追うと提案した。

だが、杉元達にはヴァシリがいる。

出港前に、部下が討たれた姿を確認していた鶴見中尉。

追ったとしても『的』にされると予測。

陸兵は全員連絡船へ移動。

稚内から南下してオホーツク沿岸の集落を捜索することにした。

 

鶴見中尉は残念そうにつぶやく。

 

「ゆっくりと

話したいことが

あったんだがな」

 

杉元達に近づく白い影

どうにか逃げることに成功。

杉元と白石は喜ぶ。

アシリパだけは、じっと船を見つめていた。

 

この流氷は海岸まで続いている。

連絡船に乗っていたら、稚内まで2時間のところまで来ていた。

歩いていたとしても、どうにかたどり着けるだろう。

 

ホッとするとお腹の音が。

白石はお腹がすいたらしい。

周辺にアザラシでもいれば食べられる。

アシㇼパはアザラシを探す。

杉元は魚を探した。

 

すると、氷の隙間で泳ぐ小さな生物を発見!

杉元曰く、それはクリオネ!

「流氷の天使」と呼ばれている。

ちなみに、クリオネはハダカカメガイの仲間。

ナメクジの仲間である。

 

クリオネをが気になる杉元。

食べる方法がないのかアシリパに尋ねた。

 

「アイヌの調理法で

なんか美味しくいただく

方法はないの?」

 

アシリパは笑顔で応える。

 

ない!!

私達はこの生き物を食べないから

アイヌ語の名前もない」

どうやら、食べない生き物は名前すらつけてもらえないようだ。

残念そうな杉元。

 

流氷に乗って、漕ぎながら進む一同。

ウフフ・・・

アハハ・・・

どんぶらこ~どんぶらこ~と皆笑顔。

 

そこへ!

近づく大きなクマ・・・

 

あれはシロクマ!?

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【214話】考察・感想

どうにか逃げらたと思ったら、今度はシロクマ!

ゴールデンカムイでは、クマで死者が出るくらいですからね~

流氷の上という不利な状態で、逃げ切る事は可能なのでしょうか?

そして、鶴見中尉は意地でも見つけるつもりみたいですね。

よほど興奮していたのでしょう。

穏やかに「話したいことがあった」と言いつつ、額当てから脳汁でちゃってましたから。

目的のためなら手段を選ばない男です。

鶴見中尉から逃げたアシリパの判断は、正しかったのかもしれません。

そして、久々に登場したモス・・・

じゃなかった、鯉登父。

以前から思っていましたが、鶴見中尉は鯉登父大好きですよね!

いつもべったりじゃないですか~

ちなみに、鯉登父の口癖といえば「モス!」

挨拶でも返事でも「モス」で返すことが多い印象です。

個人的には、愛称として「モスおじさん」と呼ばせて頂いております。

これからは、息子より鯉登父の方が登場してくるかもしれませんね。

次回のクマVS杉元一行の戦いが楽しみです!

それでは皆さんもご一緒に!

モスッ!