2019年10月3日発売のヤングジャンプ44号で、ゴールデンカムイの第215話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201910月3日に発売のヤングジャンプ44号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第215話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第214話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第214話】のあらすじ

連絡船で逃げた杉元一行。

ところが、鯉登父の駆逐艦で鶴見中尉が追いかてくる!

 

連絡船を上回る駆逐艦のスピード。

杉元は船長を脅すが、周りは流氷だらけ。

流氷の帯は稚内まで続いている。

逃げ道などなかった。

 

そこで、杉元は流氷の帯へ船首を向けるように要求。

その間にも、駆逐艦が射撃!

おかげで、流氷が割れて逃げ道ができた。

 

アシリパと白石は船内で白い布を集める。

いよいよ捕まってしまった連絡船。

船内を探すが、杉元達の姿がない!

 

船長は説明する。

「流氷の上を歩いて逃げてったんだよ!」

 

白い布をかぶっているせいで、望遠鏡で探しても流氷と同化して発見できない。

鶴見中尉たちは、稚内で待ち受けることにした。

どうにか逃げ切れた杉元一行。

笑顔で先に進むが・・・

 

近くにシロクマがいたのだ!

ゴールデンカムイ【第215話】のネタバレ

全て見抜く鶴見中尉

お腹がすいた白石。

試しに、クリオネをお箸でいただく。

 

「臭い!!」

 

白石の口から飛び出すクリオネ。

どうやら、クリオネはおいしくないらしい。

 

逃げたとはいえ、長く続く流氷の上。

油断は禁物。

鶴見中尉が先回りして稚内で待っていると、杉元は予想。

過酷な逃走は終わっていなかった。

 

連絡船に乗り込んだ鶴見中尉たち。

鶴見中尉を中心に話し合いがされていた。

宇佐美が提案する。

 

「アシリパの親族を殺すと

脅せば良いのでは?」

 

だが、脅迫は相手が逃げる前に言わなければ意味がない。

菊田が指摘すると、宇佐美が苛立ちながら返事をした。

 

「分かってますよ、うるさいな~

新聞で祖母の死亡広告を

出すのはどうです?」

 

罪のない祖母まで追い詰める提案。

菊田はあくまで反対。

宇佐美は「嘘の広告でいい」と言うとが、本心は分からない。

 

話を黙って聞いていた鶴見中尉。

ため息をして言った。

 

「あの娘に迷いがあって

覚悟が決まっていないのならば

脅迫に従うかもな」

 

誰よりも困難な道へ

流氷の上をひたすら歩く杉元一行。

アシリパは、鶴見中尉から逃げ出した心中を語る。

 

「・・・こうするしかなかった

鶴見中尉に金塊が渡れば

アイヌのためには使われない

そもそもアイヌが自分のために

集めたアイヌの金塊なのに・・・

そうだろ?杉元・・・」

 

杉元も使う気はないだろうと予想する。

なにより、白石が昨夜、月島軍曹の会話を聞いていた。

難しいことは白石にも分からない。

 

ただ、鶴見中尉が金塊を探す目的は2つ。

政権転覆

満州進出

北海道はほんの手始めだったのだ。

アイヌの独立に興味などない。

 

でも、思い出して欲しい。

第七師団には、有古やキロランケなど、同じ日本人としてロシアと戦ったアイヌ兵士がたくさんいる。

そんなアイヌ兵士を裏切る行動の数々。

国家存亡という表面的な理由を盾に、結局は、報われなかった自分達(屯田兵)のために金塊が欲しかったとしか思えない。

白石も苛立ちながら言った。

 

「正直、俺は・・・

アシリパちゃんが引き渡されなくて

ざまあみろと思ったね・・・

じゃなきゃ、キロランケが死んだのは

何だったんだって・・・」

 

アシリパに疑問がわく。

 

「キロランケニシパは

アイヌでも和人でもないのに

どうして戦争なんか

いったんだろうか」

 

キロランケの正体はロシア人。

そして、テロリストでもあった。

北海道に潜伏するため、アイヌになりすまして結婚。

同じ目的のため一緒だったウイルク。

何かあって別れたと予想された。

 

キロランケの思い・・・

それは極東民独立

 

ところが、北海道に潜伏中に日露戦争勃発。

兵役拒否すれば、色々と素性を調べられる。

だから、黙って出征するしかなかったのだろう。

 

白石は続けて語る。

 

「せめて今、自分に出来るやり方で

帝政ロシアと戦い続けよう・・・

ひとりでも多くロシア人を殺してやろう

って」

 

戦争で物事を解決するなど簡単なこと。

だが、アシリパはそうではない。

人殺しをしない道を選んだのだ。

杉元は心の中で思う。

 

(アシリパさんの

選ぼうとしている道の方が

遥かに・・・

遥かに困難な道なんだよ!)

 

樺太に現れたセクシー上等兵

樺太・大泊。

ヴァシリに撃たれた兵士。

その死体を月島が片付けようとしていた。

 

ところが、なぜか兵士は軍服を着ていない!

周囲の市民に尋ねると、月島が訪れる前に、1人の男がやって来たと言う。

 

「連絡船は・・・

どこにとまってた?」

 

男が尋ねたので、指を指して教えてあげた。

 

「・・・手練だな」

 

感心する男。

そのあと、兵士から軍服を脱がす。

その男こそが・・・

 

 

尾形だった。

ニヤッとして銃を掴んで言った。

 

「この銃だって・・・

自分がぶっ壊れるまで

人を撃ちたいはずだ」

 

アシリパの覚悟

キロランケの話をしたついでに・・・

杉元はアシリパに尋ねた。

 

「アシリパさん

あのとき・・・

キロランケになんて言ったの?

ひょっとして

暗号を解く方法が

分かったんじゃないのか?

 

あの時とは、キロランケが死ぬ間際。

アシリパが耳元でささやいた件だ。

 

黙るアシリパ。

少し考えたあと、返事をした。

 

 

「・・・うん」

 

驚く杉元。

アシリパもすぐ伝えようとするが、言葉が詰まる。

すると、何か察したかのように、杉元が笑顔で言った。

 

「いや・・・

アシリパさんに任せるよ

その時が来たら教えてくれ」

 

優しい杉元の言葉。

アシリパからしても、今は言うべきではないと思っていた。

なぜなら、暗号の解読法まで教えたら、杉元はアシリパを置いて金塊を探しに行くと思われたからだ。

 

そして・・・

魂が抜けるまで、一人で戦い傷つく。

そういう男なのだと、アシリパはよく理解していた。

 

暗号を教えなければ、杉元は離れない。

この男を守れるのは私だけ。

私が強力な盾となる・・・・

 

アシリパは覚悟を決めていた。

 

(いざとなれば、そう・・・

『道理』があれば

私は杉元佐一と一緒に

地獄へ落ちる覚悟だ)

 

シロクマ出現!

アシリパが真剣に考えていた時・・・

背後から聞こえた白石の悲鳴!

 

ヴァシリ・杉元・アシリパが振り返ってビックリ!

白石がシロクマに食われそう!

 

正しくは、背中の荷物が狙われているようだ。

そのまま海に落ちた白石。

杉元が慌てて銃を構える。

 

「シロクマがなんでこんなところに!?

いつの間にこんな近くまで・・・

全然気付かなかった!」

 

白石も自力で浮上。

どうにか流氷にしがみつく。

ところが、アシリパは大変なことに気付く!

 

「お、おい!シライシ!

鼻からクリオネ出てるぞ!」

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【215話】考察・感想

いつも、杉元の気持ちだけが描かれることが多いのですが・・・

今回はアシリパの本心が分かりましたね。

なんだか友情や愛情よりも深い。

一緒に地獄へ落ちる覚悟。

父がウイルクだったというだけで・・・

この少女が背負うモノは、あまりにも重過ぎたのかもしれません。

私欲のために金塊を手に入れたい鶴見。

アシリパを金塊争奪戦から抜けさせたい杉元。

命を捧げて杉元を助けると決めたアシリパ。

本当は、金塊なんて見つけなかった方が良かったのかもしれませんね。

ただね、気になる点が一つ!

今回は深い会話が続く中で・・・

 

ずっとシロクマがいるのが気になる!

ページめくる度に、シロクマ見切れてるけど!?

むしろ、少しずつ近づいてくるけど!?

シロクマのせいで話が入ってこない!

そして、最後はクリオネ!

重い雰囲気が後味爽やか~

でも、シライシ!

クリオネはちゃんと海へ返してあげろよ!

 

クリオネのその後が気になりますが・・・

残念ですが、来週は休載です!

次回の10月17日を楽しみに待ちましょう!