2019年1017日発売予定の週刊ヤングジャンプ46号、考察・予想です。

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

ゴールデンカムイ【216話】の考察予想・感想をまとめました!

20191010日発売の週刊ヤングジャンプ45号は、ゴールデンカムイが休載です。

ゴールデンカムイ【216話】は1017日発売の週刊ヤングジャンプに連載予定ですので、最新話の公開もお楽しみに☆

▷前回のゴールデンカムイ【第215話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第215話】のあらすじ

白い布を羽織って流氷へ逃げた杉元一行。

鶴見中尉たちは稚内で待ち伏せすると思われた。

さらに、白石は昨夜、月島軍曹たちが話す会話を聞いていた。

鶴見中尉が金塊を探す目的は、政権転覆満州進出

アイヌの独立など興味がなかった。

だが、第七師団にはアイヌ兵士が多くいる。

彼らの気持ちを裏切る行為でしかない。

死んだキロランケもまた、極東民独立を果たせず、犠牲になった一人と言っていいだろう。

アシリパもキロランケと旅をして、金塊の鍵となる暗号を思い出していた。

だが、暗号は決して杉元には教えない。

アシリパは、いざとなれば杉元と一緒に地獄へ落ちる覚悟

自分が盾となって守る気でいた。

また、樺太・大泊では着々と準備を進める尾形の姿があったのである。

ゴールデンカムイ【第216話】のネタバレ考察・予想

215話でより詳しく分かった鶴見中尉の野望。

やはり、アイヌの金塊は私欲のために使うみたいですね。

 

政権転覆満州進出

どちらも多額の資金が必要です。

戦争を忘れられない者達の欲望は、今も生きていたのです。

 

そこで今回は、当初と変わって来た金塊を探す目的も含めて、次回の展開を考察していきたいと思います。

 

成長した杉元

どんな状況であれ、生き延びてきた不死身の男、杉元佐一。

強いのは分かりますが、杉元はなんでも自己解決してしまう悪い癖があります。

 

金塊を探す当初の目的は、好きな女性の病気を治すためでした。

杉元は結核で家族を亡くした天涯孤独の身。

地元には、両想いの幼なじみ“梅子”という女性がいたのです。

彼女の目の病気を治すため、どうしても200万必要でした。

 

でも、梅子はそんなこと一切頼んでいません。

むしろ、本当はずっと一緒にいて欲しかったんじゃないかな~

杉元が戦争に行っている間に、親友の寅次と梅子は結婚しちゃいました。

再会する頃には梅子の病状はさらに悪化し、ほとんど目が見えません。

人を殺し過ぎた杉元。

ニオイだけでは、自分だと梅子に気付いてもらえませんでした。

 

それでも、先に亡くなった寅次の頼みもあって、梅子を治療しようと決意。

杉元がお金を求めていたところへ、アシリパさんと偶然出会うわけです。

 

一緒に旅を続けて、杉元は大分変わりましたよね。

勝手に相手を想って行動していた男が、相手に対して本音を言えるようになった。

アシリパさんの意見を尊重してくれるようになったのです。

 

今や梅子のためというよりは、アシリパさんへの想いが強いと思います。

アシリパさんが背負っているモノが、あまりにも大きすぎた。

自分は人を殺し過ぎたから、いつでも地獄へ落ちる覚悟はある。

でも、アシリパさんは違う。

金塊争奪戦に巻き込まれたアシリパさんを守ることが、杉元の新たな目的になりました。

 

アシリパさんの覚悟

長く旅をしていると、相手の考えなどお見通しなのかもしれません。

215話で分かったアシリパさんの思い。

それは、少女とは思えないほど強い意志でした。

 

「私は杉元佐一と一緒に

 地獄へ落ちる覚悟だ」

 

アシリパさんの父親、のっぺら坊ことウイルク

アイヌの金塊を奪って隠した張本人であり、刺青囚人を生み出した首謀者です。

刑務所にて杉元と会話したあと、尾形によって射殺されました。

 

金塊を見つけるには、刺青囚人に描かれた地図だけでなく暗号が必要になります。

今まで記憶から消えていましたが、キロランケと旅をして、アシリパさんがついに暗号を思い出しました。

そのため、金塊探しにアシリパさんは必要不可欠。

下手に殺したら大変なので、鶴見中尉も慎重に近づいていったわけです。

しかし、アシリパさんは会う直前になって逃げ出しました。

 

今思えば、アイヌの金塊を取られたくないというよりは、杉元を守るためだったのでは?

以前から分かっていることですが、アシリパさんは杉元に淡い恋心を抱いています。

普通なら、好きな人と一緒になって幸せになる道を選ぶもの。

でも、アシリパさんは違いました。

 

一緒に地獄へ落ちる・・・

自分が側にいれば、杉元を殺されることはない。

暗号を伝えなければ、杉元が自分から離れることはない。

アシリパさんはもう、自分が幸せになれる道があるとは思っていないのかも。

 

アイヌの金塊なのだから、アイヌのために使われるべき。

それも本音でしょう。

 

杉元とアイヌの両方を守るために、自分が犠牲になる。

人を殺さず目的を果たすためには、相当な覚悟が必要なのでしょうね。

でも、杉元が本心を知ったら悲しむだろうな~

 

尾形とヴァシリの再対決

普通にヴァシリと呼んでいますが、作中ではヴァシリとは一言も呼ばれていません。

白石からは「頭巾ちゃん」と呼ばれていますね。

ただ、見た目からして尾形と撃ち合いしたロシア人のヴァシリだろう、という事で読者からは「ヴァシリ」と呼ばれています。

 

ヴァシリが杉元たちに近づいたのは、再び尾形と戦うため。

一緒にいれば、また尾形に会えるだろうと考えているからです。

 

そして今回、逃亡した尾形が樺太に姿を現しましたね。

予想としては、確実にまたアシリパさんの前に現れるでしょう。

 

なぜ、アシリパさんに執着するのか?

それは尾形の過去にありました。

 

尾形の父は、第七師団の花沢幸次郎中将。

妾との間に生まれたのが尾形百之助でした。

 

尾形の母親はずっと父の帰りを待っていた。

でも、正妻がいることもあり、帰ってくることはありません。

そこで尾形は、父がこちらへ振り向いてくれるように自分の母を殺しました。

でも、母の葬式にすら父は姿を現さなかった。

 

すると今度は、花沢幸次郎と正妻の間生まれた義弟、花沢勇作を射殺。

父が自分に振り向いてくれることを願いました。

でも、それも叶わなかった。

 

最終的には、鶴見中尉の手引きで、自殺に見せかけて父を殺しました。

尾形はずっと愛情を求めて、家族を全員殺してしまったのです。

 

本来、最初に愛情を教えてくれるのはですよね。

しかし、尾形の母親は精神的に病んでおり、母からも父からも、愛情というものを教わらなかった。

気付けば、歪んだ愛情が出来がったのでしょう。

 

問題は腹違いの弟、花沢勇作との関係です。

彼は親の愛を一心に受け、とても真っ直ぐ清らかに育ちました。

運命のいたずらか、偶然、職場にて兄弟は再会します。

勇作は一人っ子。

尾形を兄として心から慕っていました。

 

どこまでも真っ直ぐな勇作は尾形に言ったのです。

 

「人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間が

 この世にいて良いはずがないのです」

 

尾形は罪悪感がない男でした。

皮肉なものですよね。

育つ環境が違うだけで、尾形と勇作は全く違う人間に育ちました。

 

そんな尾形は、アシリパさんに自分を殺すことを要求します。

アシリパの父親は自分が殺したこと。

杉元を撃ったのも自分なんだと、真実を打ち明けます。

 

「清い人間なんて

 この世にいるはずがない」

 

勇作とは正反対の尾形の言葉。

人を殺さない道を選んだアシリパさん。

勇作と同じ清い存在が、尾形にはどうしても受け入れられなかった。

これも歪んだ愛情の一つでしょう。

 

アシリパさんが尾形を殺せば一生忘れられない。

清い存在が人を殺せば、尾形の考えが正しいと証明される。

 

まるで母親に甘える子供のように・・・

尾形は、自分の考えを受け入れる事を求めたのです。

 

動揺したアシリパさんは、思わず毒矢を放ちました。

でも、杉元が乱入したおかげで殺さずに済んだのです。

 

誰か尾形を愛してくれる人がいたら、また違った未来があったのかもしれません。

でも、独自の持論を証明するために、尾形は再びアシリパさんと接触を試みるはず。

杉元もアシリパさんを人殺しにさせないために、毒矢が刺さった尾形をあえて生かしたのですから。

再会する時には、杉元は容赦しないでしょう。

ヴァシリも黙ってないでしょうけどね。

狂気度がパワーアップした尾形が、人の血を求めて動き出しそうです!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【216話】の考察・感想

シリアスな展開のなかに、シロクマとクリオネをぶっこむところが、ゴールデンカムイのすごいところ!

コメディとシリアスの緩急がたまりません!

個人的には、表紙の『アシリパの天使』にやられましたね。

クリオネと一緒に微笑むアシリパさん。

ページをめくったら、さっそく天使(クリオネ)が白石に食べられちゃってるし。

なんでしょう、このデジャヴ。

アザラシの回を思い出しましたね~

人間模様が見られるのも楽しいですが、そろそろアシリパさんの変顔がまた見たい!

杉元の乙女モードもしばらく見ていませんし。

杉元・白石・アシリパさんのコントが、また見られる事を期待したいと思います。

舞台は稚内へ移動。

鶴見中尉からどう逃げるのか、次回が楽しみです!