2019年10月24日発売のヤングジャンプ47号で、ゴールデンカムイの第217話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201910月24日に発売のヤングジャンプ47号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第217話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第216話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第216話】のあらすじ

杉元一行は、流氷の上でシロクマに遭遇。

そのまま撃ち殺そうとするが、アシリパ曰く、白いキムンカムイの毛皮は高く売れるらしい・・・

普通のヒグマの毛皮は1枚4円。

白い毛皮は何十倍も高くなると予想された。

できるだけ無傷でシロクマを倒したい。

杉元は、よこしまな気持ちで拳銃を構える。

目や鼻はダメ。

口を開けた時に撃ったとしても、銃弾が突き破ってしまう。

そこで杉元が考えた方法は・・・

拳銃でシロクマへ浣腸!!

下の口を利用したのだ。

そのまま射撃。

見事、傷つけずに倒す事ができた。

しかし、よこしまな気持ちがバレたのだろうか。

シロクマは流氷に流されてしまった。

毛皮を諦めて流氷の上を歩き続けていると、小舟に乗るアイヌ民と出会う。

アシリパ達は無事、北海道に帰れたのだった。

ゴールデンカムイ【第217話】のネタバレ

尾形が向かう先

盗んだ軍服姿で樺太をうろつく尾形。

宿の女将さんから、アシリパ情報をゲット。

捕まったのか尋ねると、北海道の近くで船から流氷に下りて逃げたと知る。

尾形は不敵に笑った。

 

樺太に停まっていた連絡船。

船長の元へ、部下から「困った客がいる」と報告を受ける。

困った客は事情を説明。

 

日露戦争の樺太作戦で負傷。

最近まで寝たきりだったという。

でも、どうにかして年老いた両親がいる北海道へ帰りたい。

しかし、船賃はないと言うのだ。

 

船賃の代わりと出してきたのは、何匹もの棒鱈(ぼうたら)

エピソードに感動した船長。

特別に乗船を許可した。

もちろん、困った客はほかでもない。

演技をした尾形だった!

ヒグマを探そう

アシリパと杉元は、ニシパと一緒に雪山を歩いていた。

犬が何かを見つけワフワフしている。

 

見つけたのは黄色いシミ。

雪の下には必ずヒグマの家の入口がある。

シミはヒグマの息で出来たものだった。

 

ヒグマの捕獲方法はいたってシンプル。

雪を取り除いたら、木の柵で入口を塞ぐ。

アシリパさんの説明だと、クマは抱き込む動きをするらしい。

その習性を利用して、犬たちに吠えられて出てきた熊を、柵の仕掛けによって入口付近に閉じ込めるのだ。

 

頭のついた生皮だけで26キロ以上ある。

自分達だけでは肉を全部持って帰れない。

だから、目印としてネウサラカムイという、装飾をほどこした棒を雪に立てておく。

ネウサラカムイは、一緒に帰れなくても寂しくないように、一晩中、話し相手になってもらう意味もあるのだ。

話を聞いてほっこりする杉元。

 

アイヌにとって熊は山奥の神様

心の良い人の飼っている猟犬の前に現れると言われている。

だから、熊を獲ったら丁重に扱うのが習わし。

そうすれば、その人のところへ何度も、熊の毛皮を着たカムイが遊びに来ると伝えられていた。

 

柵を仕掛け戻って来た杉元とアシリパ。

杉元は指差して言った。

 

「このアイヌのチセ(家)を見ると

北海道って感じがするぜ」

 

アシリパは表情を変えずに答える。

 

「うん・・・戻ってこれたな

北海道に・・・」

 

お金は大事

チセの中では、囲炉裏を囲むように人が座る。

アシリパは毒矢の仕込みをしていた。

狩りの準備をしているのだ。

 

鶴見中尉から逃げたはいいものの、白石は心配だった。

自分達だけで金塊を見つけられるとは思えない。

『策』を尋ねる。

 

アシリパも同感。

やはり土方と鶴見陣営から刺青一皮を奪うしかないと予想する。

2人の考えに対して、杉元は言った。

 

「なんとか、そいつらをぶつけて

かすめ取る!!

『漁夫の利』って言葉あるだろ?」

 

言うのは簡単だが、どちらも強敵。

具体的な策がない事を知り、白石は床にゴロンと寝転んだ。

視線は授乳する女性の胸

穴熊寮では、捕まえた子熊は乳が出る女性が飲まして育てたという。

今まさに、女性が子熊に乳を与えていた。

 

白石は授乳をじっと見つめたまま、現状に不満をもらす。

金塊を探すために、軍資金は確かに必要だ。

だから10日間かけて、ヒグマ2頭と子熊を獲った。

でも、お金を稼ぐためが目的の毎日はよくない。

 

白石は、近くに座っていたニシパに金儲けの話を尋ねる。

ニシパはタバコをふかしながら答えた。

 

「ここより南のコタンのものから

ウェンカムイの退治を頼まれている」

 

ウェンカムイとは、人を殺した熊のことである。

男達は探しているが捕まえることができない。

去年から5人も殺されていると言う。

ちなみに、殺されたのは砂金を採っていた者達ばかりだった。

 

未だに砂金が取れると知って、杉元は驚く。

少量かと思いきや、噂では雨竜川で砂金を掘る男がおり大儲けしているらしい。

その男は1日50円も稼いだそうだ。

白石と杉元は真顔で反応する。

 

「ごじゅうえんも!?」

 

平太って何者?

雨竜川周辺で砂金を取るべく、川をザルでさらう男達。

すると、その中の一人が薪を運ぶ途中で、小さな崖崩れに合ってしまう。

どうにか木のツルを掴んだが、このまま落ちたら大変だ。

男は叫ぶ。

 

「誰か!!助けてくれッ!

 誰かあああ!!」

 

叫び声を聞いた砂金を取る男達。

すぐに救助へ駆け付けた。

 

「平太離すなよ!

 いま行くぞ頑張れ!」

 

男が急ぐが、川からは距離がある。

移動している間にも、平太の体力は限界!

木のツルから手が離れそうになったが・・・

 

崖の上から手を掴む人が。

杉元一行だった。

アシリパと杉元が平太の声を聞いて助けてくれたのだ。

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【217話】の考察・感想

新展開になってきましたね。

杉元一行はやはり、金稼ぎのために雨竜川を訪れたようです。

気になったのは、初登場した平太。

実は、話の冒頭で、平太らしき男が熊に殺された状況が描かれていました。

しかし、平太は生きています。

この男こそ、ニシパが言っていた大儲けしている男なのでしょう。

謎が深まりますが・・・

もしかして、平太は刺青囚人の一人でしょうか?

正体がとても気になります!