2019年11月7日発売のヤングジャンプ49号で、ゴールデンカムイの第219話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月7日に発売のヤングジャンプ49号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第219話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第218話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第218話】のあらすじ

雨竜川に砂金を取りに来た杉元一行。

崖から落ちそうになっていた平太を助ける。

平太の他にも、砂金取りに来ていた男達が何人もいた。

平太の説明では、砂金取りは「ガラス掘り」が定番。

杉元達がしている「板どり」は一番効率が悪い。

真冬の作業はとにかく寒く、過酷だった。

杉元達も、ニシパから聞いた「1日50円稼ぐ男」はデマだと考える。

ところが、稼いだ男こそ平太だった!

万年筆の先っぽについてる金属は『ハク』

北海道にしか取れない。

万年筆がバカ売れした事により、ハクは高騰。

大儲けできるようになったのだ。

平太が説明していると、が目に入る。

それだけではない。

平太と一緒にいた爺さんが、熊に食われていたのだ。

ゴールデンカムイ【第219話】のネタバレ

砂金取りの極意

砂金取りの作業中。

親父の姿がない事に気付く嵩(たか)

三郎の話では、またひとり酒を買いに行ったと予想していた。

 

杉元一行と一緒に来ていたヴァシリこと、頭巾ちゃん。

目の前の枝に「ミソサザイ」という鳥がとまる。

頭巾ちゃんはとにかく絵が上手い。

鳥の絵をスケッチしていた。

後ろからアシリパが話し掛ける。

 

「チャクチャクカムイが

静かにしている」

 

もし、熊が近くにいるならチャクチャク鳴き、熊がいるところまで案内してくれる鳥だ。

ところが、鳥が鳴く気配はない。

 

杉元と白石は、平太から指導を受けていた。

平太が用意したのは『ネコ板』という道具。

川に沈めて砂礫(されき)を流すと、重い『アカ』『ハク』が溝に溜りやすい。

この原理を利用する。

 

まずは、川の中央あたりに玉石を使って『堰(せき)』と呼ばれる石垣をつくる。

そうすれば川の流れを弱める事ができる。

最下流にネコ板を沈めて設置。

砂礫を流せば、自動的にネコ板の溝に砂金が溜まるという仕組みなのだ。

 

これは『流し掘り』というやり方で、砂金取りの主流。

少人数で作業するには、一番効率が良い方法だった。

 

ただ、効率が良い方法でも、場所選びが何よりも大事。

経験がモノをいう。

しかし、平太ならば川の雰囲気を見るだけで分かる。

場所を指定した平太。

このあたりなら砂白金が集まりやすく、1日で10匁は採れるらしい。

協力してくれるなら、取り分は折半してくれると言う。

 

ざっと計算して1日15円以上の儲け。

命懸けでヒグマを倒すより割がいい。

平太の提案に、杉元と白石は息を呑んだ。

しかし、アシリパは非難する。

 

「そうやって、みんな猟をやめて

砂金を掘ったから川が汚れたんだ」

 

ところが、アシリパの発言は耳に届かない。

杉元と白石は頭を深く下げて言った。

 

「平太師匠

 よろしくお願い致します!」

 

どうやら交渉成立したらしい。

アシリパは、平太が腰に身に付けているヒグマが描かれた煙草入れが気になった。

本来はアイヌのもの。

平太が持っているのはおかしい。

ただ、平太の説明では、昔アイヌの人達とも砂金を採った経験があるそうだ。

仲良くなったため、お礼に煙草入れをもらったと言う。

だから、平太は「ウェンカムイ」というアイヌ語を知っていたのだ。

 

杉元達も、ヒグマに襲われた砂金取り師の話は聞いている。

白石はアシリパに手を向けて言った。

 

「こちらにはヒグマ狩りの

専門家がついていますので

師匠は砂金取りに集中して下さい」

 

アシリパは開いた口が塞がらない。

お絵描き上手な頭巾ちゃん

平太の言葉を信じ、周囲を警戒するアシリパ。

何日ぐらい前から熊がうろついているのか、平太に確認する。

すると、平太は真顔でつぶやいた。

 

「もう何年もです」

 

聞き返すアシリパ。

だが、平太は満面の笑みで返事しただけだった。

 

離れた場所で絵を描き続けるヴァシリ。

後ろから話し掛けてきたのはノリ子。

どうやら、自分を描いて欲しいらしい。

 

外は雪が積もって寒い。

中で描いて欲しいと、簡易的に作られたテントへヴァシリを案内する。

 

「ふふ・・・綺麗に描いてね」

 

そう言うと、ノリ子は着物を脱いだ。

ペンが進むヴァシリ。

すごい勢いで描いてゆく。

 

ヴァシリに描いてもらっていると、ノリ子の視線にあるモノが飛び込んだ。

先程までおっとりしていたのが嘘のように、ノリ子は目を見開いて動揺する。

 

「まただわ・・・

 捨てたはずなのに・・・」

 

そこへ、突然入って来たのは

激怒して、ノリ子に服を着させ外へと引っ張り出す。

 

「暇だったから」と言い訳するノリ子。

しかし、会ったばかりの男を誘惑するなど、からすれば気分が悪い。

もちろん、ノリ子もヴァシリに興味があったわけではない。

ただ、きれいな体を絵で残しておきたかった。

 

ノリ子は砂金を掘るを待っているだけ。

このままでは、すぐに婆さんになってしまう。

待ちくたびれてしてしまった行動。

ノリ子は何度も謝った。

 

気持ちを知った

「ハク」で儲けたら、東京に行って商売すると約束。

二人は熱いキスを交わした。

 

遠くの木の上では、なぜか平太の姿が。

大木にしがみつき、舌をペロペロさせている。

慣れた手付きで木を降り、最後は地上へと飛び降りた。

 

仕掛け弓

杉元と白石は、平太の指示通り玉石を使って『堰(せき)』を作っていた。

周りを見渡すと、平太の姿はない。

このままでは人食いクマに平太師匠が狙われてしまう。

白石はすぐにアシリパへ捜索を依頼。

だが、アシリパは冷静に言った。

 

「本当に熊がいるんならな・・・」

 

相変わらず絵を描き続けるヴァシリ。

すると、今度はの方から話し掛けて来た。

 

ヴァシリがキョロキョロしていると、木に引っ掛けて置いた双眼鏡が見当たらない。

の説明では、ノリ子のいたずらで移動させてしまったようだ。

双眼鏡はサルノコシカケの上に置いてある。

 

離れた場所へ、双眼鏡を取りに行くヴァシリ。

ところが、歩いている途中で張っていた糸に身体が当たる。

糸の先には、茂みに隠れた弓矢が!

 

アシリパは、ヴァシリの背中をフライングキック!!

弓矢はヴァシリに当たることなく、木へと当たった。

これは、シカを狙った仕掛け弓。

アシリパが助けなければ、正直危なかった。

離れた場所では、がそっと二人を見ている。

 

アシリパの説明では、アマッポ(仕掛け弓)がある場所には、木の幹が削り上げられたりと、印がついている場合が多い。

頭巾ちゃんにも覚えておくように伝えた。

 

平太が見たという場所を中心に、周囲を捜索したアシリパ。

しかし、穴ごもりの痕跡はひとつもない。

この辺りのヒグマは、まだ巣穴に籠っている時期。

平太は明らかに嘘をついていた。

アシリパは平太に対して不信感を募らせる。

 

白石が作業中、木の間からヒグマの尻が視界に入った。

杉元も確認して叫ぶ。

 

「アシリパさん

 あっちにヒグマいた!!

 俺たちも見たよ!」

 

平太師匠の言う事は本当だったのか?

 

ヒグマの足元には、爺さんと三郎が雪に埋まっている。

近くには、平太が狂気の顔を浮かべて立っていた。

 

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【219話】の考察・感想

”人食い熊”のことを、アイヌ語では「ウェンカムイ」と言うみたいですね。

ただ、今回のウェンカムイの正体は、やはり平太だったようです。

人食い熊事件は、実際に北海道でありました。

熊は1回人を食べてしまうと、人の味が忘れられず、人を襲い続けるそうです。

だから、北海道では熊は恐ろしい存在。

怯えるのも分かります。

ただ、今回の事件に関しては話が違います。

おそらく、平太の話は全て嘘。

砂金取りを目当てに来た人達を、襲い続けて儲けてきたのでしょう。

犯行は全てヒグマのせいにして・・・

もちろん、平太だけではありません。

とノリ子もグルでしょうね。

ウェンカムイは人の味を求めて、さらに動き始めそうな予感です。