2019年11月21日発売のヤングジャンプ51号で、ゴールデンカムイの第221話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月21日に発売のヤングジャンプ51号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第221話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第220話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第220話】のあらすじ

現れた熊を探すアシリパと杉元。

平太師匠の姿がないので、白石が探しに行く。

一方で、森の中を逃げ走る平太。

雪に埋もれた親父と三郎。

声がする方向へ振り向けば、嵩にぃが熊に喰われていた。

近くではノリ子が怯えている。

しかし、平太がノリ子に近づくと、彼女まで熊の餌食になってしまった。

平太が急いで逃げると、偶然、杉元達と再会する。

白石は、絵を描き続けるヴァシリに声をかけた。

一心不乱にペンを進めるヴァシリ。

何を描いているのか白石が見ると、そこには全身刺青がある平太が全裸で座っていたのだ。

家族の話は、全て平太の幻覚。

杉元達の前には、平太ひとりしかいない。

アシリパは、平太が大事そうに持ち歩く風呂敷を指摘した。

なかには、ヒグマの毛皮が入っている。

極度に怯える平太。

突然、熊のように叫び出し、杉元を襲ってきたのだ!

ゴールデンカムイ【第221話】のネタバレ

ホロ酔いの看守部長

宿の一室で、酒を呑む門倉

隣にはキラウシが座っている。

 

だいぶ酒を飲んだのだろう。

門倉は酔った状態で昔の話を始めた。

それはまだ、門倉が網走監獄の看守部長をしていた時の話。

死刑囚に松田平太という男がいた。

 

平太はころころと口調が変わり、たまに色っぽい女のような口調をする時もあって、とても気持ち悪かったと言う。

ある時、平太が門倉に打ち明けた。

 

「自分の中に

 何人もの人間がいて

 入れ替わるんだ」

 

さらには、舎房の周りをヒグマがウロウロしていると怯えていた。

門倉は酔っているせいか、記憶が曖昧。

「なんちゃらカムイ」と言っていたと説明。

キラウシが「ウェンカムイ」だと訂正する。

 

アイヌ民にとって、熊は神様。

人を食った悪い神様をウェンカムイと言う。

そんなウェンカムイが、平太の頭の中にいる人間を一人ひとり襲って食べていくらしい。

平太は怯えていた。

 

最後には自分が食われて、ウェンカムイに乗っ取られる。

すると、平太の衝動は収まらない。

現実の世界の人間を殺すまで収まらないと言う。

 

現実の人間を殺せば、平太の体はバラバラになって飛び散る。

そして、いつもの自分に戻る。

自分に戻るために、平太は何度も殺人を繰り返す。

 

話をしながら、平太の「飛び散る」という表現に爆笑する門倉。

だいぶ酒がまわっているようだ。

 

道東のヒグマ男

キラウシの説明によると、地元ではウェンカムイを倒したら、肉や毛皮を取らずに細かく切り刻んで山にバラ撒くそうだ。

地方差はあるが、悪い神だと判断されれば、何もと取らず熊を捨てる。

熊に改心してもらうための処置とされていた。

おそらく、平太はアイヌの話を聞いて「自分がバラバラにされる」と表現したのだろう。

 

平太は明らかにウェンカムイに取り憑かれている。

だからこそ、本人も捕まって良かったと思っていた。

監房にいれば人を殺さなくて済む。

 

ところが、ウェンカムイはどうしても平太を乗っ取りたいらしい。

時々、平太を操って脱獄を企んでいた。

平太は門倉に対して叫ぶ。

 

「見てください!

 いつの間にか、私の体に

 入れ墨が彫られているんです!!」

 

平太の話を「くだらない」と思うだろう。

だが、平太が死刑になった裁判記録には恐ろしい事実が記されていた。

ヒグマを毛皮をかぶって、被害者の体をズタズタ。

さらには、人の肉を・・・・

門倉は酒を飲みながら言った。

 

『道東のヒグマ男』松田平太

 奴の言うことが本当なら

 今もどこかで

 それを繰り返しているはずだ」

 

ウェンカムイになった平太

門倉が話した通り、ヒグマの皮をかぶった平太。

熊のように、杉元の腕に噛みつく。

 

勢いが大きかったのだろう。

杉元と平太は回転しながら崖を落下!

木の下へ落ちた。

 

慌てて崖の下を見るアシリパ。

すると、後ろから白石が話し掛けてくる。

ヴァシリが描く絵を見て気付いたのだ。

白石はアシリパに対して言った。

 

「あいつは・・・

 入れ墨持ちの脱獄囚だ!!

 

落下したあとも、杉元と平太の戦いは終わらない。

凄まじい怪力で平太は杉元の体を掴む。

あまりの力に、さすがの杉元も跳ね返せない。

そこで、杉元はナイフを取り出し、平太の体に突き刺した!

 

「ギャアッ!!」

 

叫ぶ平太。

熊の口から手を出し、近くにある糸を引っ張る。

糸の先は仕掛け弓。

主に狩猟に使われ、引っ張れば自動的に弓が放たれる仕組みだ。

 

飛んでくる一本の矢。

杉元は気付いていない!

すると、平太は杉元に抱きつくように前へ出た。

矢は平太の首に刺さる。

 

倒れる平太。

杉元は状況が理解できない。

心配したアシリパと白石も杉元の側へ駆け寄る。

平太は言った。

 

「やった・・・

 あいつに勝ったぞ」

 

砂金の魔力

毒矢が首に刺さった平太。

しかし、本人はどこか誇らしげで、自分がここに誘い込んだと説明した。

白石は毒矢を抜くようにアシリパに頼むが、平太は断る。

 

平太がこんな事になってしまったキッカケは、12歳の頃にアイヌから聞かされたウェンカムイの話だった。

恐ろしくて恐ろしくて、平太はいつも空想していたと言う。

 

平太が優秀な砂金取り師なのは間違いない。

ところが、平太が汗水流して砂金を掘っても、その日のうちに家族に散財されてしまう。

砂金に目がくらんだ家族。

平太は憎くて仕方なかった。

いつかバチが当たって欲しいと強く願ったのだ。

 

すると、ある日、本当にウェンカムイが家族全員を殺してくれたと言う。

ただ、自分自身も欲深い罰として食べられる。

食べられて、ウェンカムイとなった平太は誰かを食べに行く。

でも、本当は誰かに止めて欲しい。

杉元が戦ってくれたおかげで、自分でトドメを刺すことができた。

 

「ありがとう」

 

そう言って、平太は静かに息を引き取る。

アシリパの地方では、ウェンカムイに殺された人間は、カムイ(神様)に好かれたから連れて行かれると考えているそうだ。

平太が思っていたような、罰を与える為に人を殺す存在ではない。

半端にアイヌの話を聞いてしまった平太。

正しく伝えることは大切だ。

 

でも・・・

そもそも平太がウェンカムイになったのは、アイヌの話のせいだろうか?

いや、欲に溺れた家族にも原因があるだろう。

杉元は言った。

 

「砂金への欲望が人生を狂わせたのか

 あるいは

 砂金に狂わせる魔力があるのか・・・」

 

白石も平太を抱きしめて嘆く。

 

「死なないで平太師匠!

次はどこを掘ればいいんですか!?」

 

砂金の欲に溺れる白石であった。

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【221話】の考察・感想

おい白石!お前、欲張りすぎだぞ!!

おかげで、杉元の決め台詞がかすんじゃっただろ!?

砂金の魔力は別として、平太は可哀想な男ですね。

優秀な砂金取り師だったみたいですから、本当はもっと裕福な生活もできたでしょう。

ところが、家族に毎日のように散財され、憎しみが蓄積していった。

そこへ思い出したのが「ウェンカムイ」の話だったのでしょうね。

本当はウェンカムイなど現れておらず、平太がヒグマとなって家族を襲ったのでしょう。

人を殺すことでしか、自分を取り戻せなかった平太。

自分で自分を倒すことで、やっと悪夢から解放されたのかもしれません。

最後のページで描かれた鶴見中尉、土方、尾形の3人。

三つ巴の戦いは、まだまだ続きそうです。

展開が気になるところですが、次回は残念ながら休載!

2週間後を楽しみに待ちたいと思います!