2019年12月12日発売のヤングジャンプ2号で、ゴールデンカムイの第223話が公開されました!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201912月12日に発売のヤングジャンプ2号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第223話のあらすじ・ネタバレ・感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第222話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第222話】のあらすじ

杉元達から離脱した谷垣。

「俺はもう降りる」と宣言する。

しかし、それを鶴見中尉は許さない。

入院中のインカラマッが妊娠していると言うのだ。

鶴見中尉は悪魔のようにささやく。

アシリパを連れてくれば、谷垣とインカラマッを解放すると約束。

谷垣ならば杉元も警戒しないだろうと、鶴見中尉は考えていた。

一方で、尾形は土方派に合流。

アジトの家でくつろいでいた。

尾形は土方に2つ大事な情報を伝える。

1つ目は、ソフィアが新たな勢力になりそうなこと。

2つ目は、アシリパが暗号を解くカギを思い出したこと。

だが、杉元達も刺青一皮を集めなければいけない。

土方派の刺青一皮は9枚。

鶴見中尉率いる第七師団は14枚。

杉元一行は、平太と白石で2枚。

入れ墨囚人は20人が判明。

残りは4人となっていた。

ゴールデンカムイ【第223話】のネタバレ

二階堂が元気いっぱい☆

入院中の鯉登少尉。

ベッドで横になっている。

隣には尿瓶を持った月島軍曹がいる。

 

そこへ、元気よく挨拶してきたのは二階堂。

礼儀正しくキチっと一礼。

あまりにもシャキッとした二階堂に、鯉登少尉も驚く。

 

元気な理由は、有坂閣下からもらった新しい薬を飲んだから。

隣にいた有坂閣下が、バカでかい声で薬について説明する。

二階堂に飲ませたのはメタンフェタミン。

覚せい剤みたいなものだ。

有坂閣下の友人、薬学者の長井からもらったという。

ちなみに、長井とは実在する薬学者である。

 

「この薬は売れるよ絶対!!

 元気の無かった二階堂くんも

 おかげでハツラツとしておる」

 

喜ぶ有坂閣下。

ハツラツというよりは、元気過ぎておかしいぐらいだ。

二階堂はテーブルに右手を広げ、指の隙間に棒を激しくトントンしている。

これを6時間もやっているそうだ。

有坂閣下と二階堂の様子を、黙って真顔で見つめる月島軍曹。

 

騒がしい病室。

家永が問診で鯉登少尉の元へやってきた。

鯉登少尉の胸に聴診器をあてる。

経過は良好。

やはり、若いというだけあって回復が早い。

家永が微笑んで言う。

 

「若いというのは素晴らしい

 傷の治りも早いし

 肌にもハリがあって・・・」

 

無意識だろうか。

家永が大きな口を開けて、鯉登少尉の腕を食べようとしている。

隣に立っていた月島軍曹は、家永の頭に銃口をつきつけた。

家永も悪ふざけが過ぎたようだ。

 

ならばと、今度は意味もなく採血しようとする。

止める月島軍曹。

家永が逃げずに軍病院にいるのは、これが目的なのだろう。

家永カノも入れ墨囚人。

見た目はキレイな女性だが、中身は爺さんである。

外科医の腕前は一流。

だが、ついつい人肉をつまみ食いするのが悪い癖だ。

 

病室内では二階堂が走り回っている。

ウンコしたあとの猫のようだ。

有坂閣下は手を叩いて喜んでいた。

尾形の経過は良好?

場所はかわり、土方のアジト。

家永カノが第七師団に捕まっている。

尾形は「ここも危険じゃないか」と指摘する。

なぜなら、家永もココにいたことがあるからだ。

 

でも、家永にとっては網走まで滞在先の一つに過ぎない。

永倉と門倉も心配していなかった。

むしろ、家の場所を吐く前に殺されているだろうと牛山は予想する。

 

しかし、鶴見中尉はそんな生易しい人間ではない。

家永の全ての滞在先を辿ってでも見つけ出すだろう。

鶴見中尉をよく知っている尾形は笑って言った。

 

死神から逃げ続けるのは

 簡単じゃねぇ

 

土方も尾形の意見に同意。

鶴見中尉相手に用心しすぎることはない。

 

尾形はひとり、銃を持って沼のほとりへ。

飛び回るマガモに向かって発砲。

弾は当たらない。

でも、傷の経過は良好なようだ。

 

ほかの土方派メンバーは場所を移動。

今度のアジトは寺。

いろんな奴が出入りする場所だ。

逆にバレにくいと、夏太郎は納得する。

 

新たな入れ墨囚人情報

並んで座る永倉と土方。

テーブルを挟んで前へ座るのは門倉。

どうやら、看守仲間から聞いた話で入れ墨囚人情報があったようだ。

 

網走監獄が今は使えるような状態ではない。

そこで、囚人の補填と監獄の再建を兼ねて、樺戸(かばと)監獄からたくさんの囚人が移送された。

ところが、何者かの待ち伏せにより、数名の囚人が脱走。

逃げた囚人たちが、海賊房太郎(かいぞく ぼうたろう)の側近だったそうだ。

 

海賊房太郎は凶悪犯。

分かっているだけでも強盗殺人55件。

傷害・放火・窃盗など数しれず。

網走脱獄囚24人のひとりだった。

土方は話を聞いてつぶやく。

 

「海賊房太郎

 あいつが動き出したか」

 

そこへ、寺の扉がガラッと開く。

帰って来たのは尾形。

牛山は尾形を見るなりギョッと驚く。

 

尾形が捕まえたのはオオハクチョウ

同じ身長ほどもある大きさ。

デカすぎる白鳥。

こんな鳥が食べれるのだろうか。

 

ハクチョウよりも、尾形の姿に驚いたのは有古。

互いに、鶴見中尉を裏切っていたのは知らなかったらしい。

 

ハクチョウにまつわる迷信

キラウシの話だと、ハクチョウはアイヌ語で「レタッチㇼ」

今の時期の白鳥は太っているため、鉄砲を使わなくても簡単に捕まえられる。

ぶつ切りにして大鍋で炊いて食す。

 

ただ、ここで気になる問題が一つ。

アイヌ民の間では「白鳥を食べると将来白髪になる」と言われてるらしい。

だから、子供達は食べさせてもらえない。

キラウシも未だに食べていないそうだ。

 

となると、食べられるのは土方と永倉のみ。

夏太郎は残念がる。

門倉も残念そうだ。

いやいや、門倉も両ワキは白髪だ。

問題ないだろう。

 

すると、近くにいたトニアンジも白髪が嫌なため、食べるのを拒否。

だが、トニアンジの頭も完全に真っ白。

牛山に指摘されて、トニアンジは自分が白髪頭だと初めて気付く。

目が見えていないのだ。

言われなければ気付かないだろう。

 

ぶつ切りにした白鳥。

大きな鍋でグツグツ煮込む。

とてもおいしそうだ。

 

結局、白髪になりたくない若い衆は食べない。

老いが怖いのかと笑う永倉。

おいしそうに白鳥の肉を食す。

土方も食べながら言った。

 

「誰にでも死は平等に訪れる

 どうぜ逃げ切れんのなら

 ビクビク待つより

 美味いものを食って楽しむ」

 

その日の夜。

布団を並べて寝る若い衆。

話は白鳥鍋のことで持ちきりだ。

迷信だと思っている門倉。

しかし、キラウシだけでなく、有古の地元でも同じことを言う爺さんがいたそうだ。

でも、美味しいものを子供に食べさせたくないだけだろう。

夏太郎は方便だと指摘する。

 

迎えた朝。

大きな鍋はからっぽ。

結局、若い衆は我慢できずに白鳥鍋を食べた。

呆れる永倉。

すると、門倉が言った。

 

「白鳥を食べたら

 将来白髪になるんでしょ?

 それが本当なら

 ハゲ頭にならないってことだと

 思いやしてね

 

光る永倉のハゲ頭。

ドッと笑い出す一同。

 

アッハッハッハ

ウフフフ

 

一緒に永倉も笑うが・・・

 

ぺッ

 

不機嫌そうに唾を吐いた。

 

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【223話】の感想

新たに登場した入れ墨囚人。

手強い相手になりそうな予感です。

ただ、一言いわせて下さい。

土方一派は修学旅行でもしてんのか!?

おっさん達が和気あいあいと布団や鍋を囲む姿。

とても楽しそうじゃないか!

ぜひ混ぜて欲しいものですね~

しかし、気になるのは尾形の様子。

右目を負傷していますからね。

もしかしたら、銃の腕前が落ちたのかもしれません。

これは尾形にとっては死活問題でしょう。

そして、第七師団の様子ですが・・・

二階堂でもう遊ばないであげて!

また、いじけちゃうかもしれないでしょう!?

二階堂は義手の箸入れで十分なんですよ。

こんなヤバいところで、インカラマッは出産しようとしているのか・・・

危ない!色んな意味で危ない!

谷垣の動きも気になるところです。

 

明かされた海賊房太郎という存在。

はたして、どんな変態・・・失礼しました。

はたして、どんな人物なのでしょうか!?

次回がとても気になります!