2020年3月19日発売の週刊ヤングジャンプ16号で、ゴールデンカムイの第233話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年3月19日に発売されたヤングジャンプ16号に掲載!

ゴールデンカムイ最新話!第233話のネタバレと感想!

▷前回のゴールデンカムイ【第232話】のネタバレはこちら!

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ゴールデンカムイの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のゴールデンカムイ【第231話】のあらすじ

インカラマッは、鯉登少尉のおかげで無事出産。

谷垣夫妻は産まれたばかりの娘を抱えてコタンを後にする。

札幌には、土方一派宇佐美&菊田コンビが入れ墨囚人を探しに来ていた。

杉元一行は海賊房太郎を見つけ出すためアイヌ集落で情報収集。

変な入れ墨をした「物売り」がいるというので、歌志内の炭鉱の町へ向かうことにした。

ゴールデンカムイ【第233話】の確定ネタバレ

だれが入れ墨囚人?

歌志内を目指す杉元一行。

杉元は気になっていた。

強盗殺人犯の海賊房太郎が「物売り」などするとは思えない。

やはり違う入れ墨囚人だろうか?

杉元は白石に確認するが、白石も囚人全員を把握しているわけではない。

 

歌志内にある炭鉱の町に到着。

町内では何人もの「物売り」がウロウロしている。

甘酒を売る者もいれば、洋装でパンを売る者もいた。

飴売り男は、タコのおもちゃを使って子供達を集めている。

動くタコに子供達は興味津々。

人だかりができていた。

 

そこへ現れたのは杉元。

初対面の飴売り男にお願いをする。

 

「飴、買うからさ

 ちょっと服脱いでくれる?

 

いきなり言われたら驚く発言。

当然、飴売り男は断る。

ならばと、杉元は「どんな乳首か気になる」と念押し。

 

余計に納得できない飴売り男。

金をもらって飴を渡すのは当然だ。

しかし、乳首を見せるのはタダということになる。

飴売り男は怒った。

 

「俺の乳首は

 そんなに安かねえよ!」

 

アシリパが、なんとも言えない複雑な表情で飴売り男を見ている。

すると今度は白石が違う飴売り男に水をぶっかけていた。

驚く飴売り男。

濡れた服では風邪をひいてしまう。

白石は謝りながら、服を脱がせようとする。

 

「触んなコラ」

 

怒る飴売り男。

拳が白石のアゴに直撃!

どうやら「物売り」たちは、杉元らが商売の嫌がらせに来たと思ったようだ。

「物売り」に怒鳴られる杉元一行。

仕方ないので、その場は退散することにした。

 

顔を隠した物売り男

駅周辺でボールを転がして遊ぶ少年。

飛ばしすぎたのだろう。

ボールが転がって、建物の隙間に落ちてしまった。

がっかりする少年。

 

すると、建物隙間からニュッと顔を出したのは白石!

物売り男に殴られた後のせいか、鼻血がでている。

目も充血気味だ。

そんな白石が、少年に「変な入れ墨がある物売り」を見たことがないか質問。

 

普通の少年ならビビるはず。

ところが、少年はいたって冷静。

「あっちにいた」と指をさして教えてくれた。

 

白石は少年が教えてくれた場所を目指す。

すると、線路の上を歩く「物売り」がいた。

 

大きなポンポンをつけたニット帽。

髪の毛は全て細い三つ編み。

顔は白い布で隠されており、目の部分だけ穴が開いている。

明らかに怪しそうな男。

 

白石が飴を要求すると、飴売り男は「首掛け芝居」で驚かせてみせた。

「首掛け芝居」とは、今でいうビックリ箱みたいなものである。

なんの冗談だろうか。

白石は改めて尋ねた。

 

「ねぇ、飴売りさん

 さっき聞いたんだけど・・・

 変わった入れ墨を彫ってるんだって?

 

黙る飴売り男。

そばにはアシリパと杉元もいる。

飴売り男は二カッと笑うと、顔を隠していた布を持ち上げた。

 

顔には、独特な模様をした変な入れ墨がいっぱい!

全て自分で彫ったと言う。

 

「変な入れ墨がある物売り」とは、どうやら彼のことだったようだ。

がっかりする杉元。

飴売り男は杉元の顔を覗き込み、再び二カッと笑う。

笑いを堪えているようだ。

 

入れ墨囚人ではなかった飴売り男。

杉元と白石は謝り、その場を離れる。

 

海賊房太郎がいると思われる川は4つ。

徳富川(とつぷかわ)には、全く手がかりがなかった。

現在いる場所は空知川付近。

今度は南下して沙流川(さるがわ)を探すべきだろうか?

白石と杉元は次の進路を相談。

新聞でみた「札幌殺人事件」も気になるところだ。

 

2人が会話している少し後ろで、黙って待つアシリパ。

その場を去ろうとする飴売り男。

去り際にボソッと言ったのである。

 

若山の親分

 がっかりした顔もいい顔だったな~」

 

アシリパはハッとして振り向く。

若山親分も入れ墨囚人。

姫(おっさん)を守るため、熊と格闘して死んだ。

アシリパは若山親分と会っている。

なぜ、飴売り男が若山親分を知っているのだろうか?

 

飴売り男は、石炭が積まれた荷台へ勝手に乗車。

姿は見えないが声だけは聞こえる。

 

金塊は絶対に見つけられないよ~

 

驚くアシリパ。

慌てて追いかける。

しかし、石炭が積まれた荷台は汽車が運んでいる。

探し出すことは出来なかった。

 

海賊房太郎の金塊探し

徳富川付近のアイヌ集落。

家の中では囲炉裏の近くで長髪の男が座っている。

部下に指示をして、米俵三俵を室内へ運ばせていた。

 

座る長髪の男こそ、海賊房太郎

話し相手は、アイヌ集落に住む年老いた爺さんだ。

 

海賊房太郎が聞き出したいのは、アイヌが大昔に埋蔵金を隠した場所。

爺さんの兄は埋蔵金に関わっていたらしい。

噂を聞きつけて、海賊房太郎は爺さんを尋ねたのだ。

米俵は情報提供してもらうための貢ぎ物だろう。

 

爺さんは悪党が兄たちを殺し、どこかに金塊を移動させたことを知っている。

さらに、隠した場所まで知っていると言うのだ。

 

爺さんはもういい歳である。

部下は爺さんの話が本当かどうか疑っている。

ならばと、海賊は埋蔵金はどこの川でとれたのか、川の名前を爺さんに尋ねた。

 

爺さんはスラスラと答える。

徳富川・空知川・沙流川・知内川・・・

平太が識別した産地と合っている。

この爺さんの情報は信用していいと判断したのだろう。

海賊は不敵な笑みを浮かべて尋ねた。

 

「で・・・

 その砂金は

 どこに集められたんだ?

>>ゴールデンカムイのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



ゴールデンカムイの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ゴールデンカムイの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻orヤングジャンプ3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

ゴールデンカムイのアニメも見放題で配信中でした!

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

ゴールデンカムイのアニメはFODでも見放題で配信していましたよ。

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

ゴールデンカムイ【233話】の感想

海賊房太郎の方が一枚上手でしたね。

刺青人皮を探すよりも、関わったアイヌ民の情報を集める方が早いと思ったのでしょう。

仲間も脱獄に成功したみたいですから。

海賊はすでに組織で動いているはずです。

今まで杉元一行・土方一派・第七師団と、金塊探しは三つ巴の戦いでした。

しかし、海賊一派もすでに探していますからね。

今後は四つ巴の戦いとなりそうです。

 

飴売り男の正体は一体何者だったのか?

アイヌ男性の情報を元に、海賊が先に金塊を見つけ出してしまうのか?

次回は21巻発売を記念して巻頭カラー!

誰が表紙になるのか楽しみです!