2019年9月9日発売の少年ジャンプ41号で、ハイキュー!!の第364話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月9日に発売された少年ジャンプ41号に掲載!

ハイキュー!!最新話!第364話「独りではないのなら」のネタバレと感想!

▷前回のハイキュー!!【第363話】のネタバレはこちら!

>>ハイキュー!!最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ハイキュー!!の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

自分のことを最強の囮と読んでほしい、といった日向。

ついに、彼は小さな巨人であることよりも囮であることを選んだのです。

そうして、真価を発揮した日向は、相手を翻弄します。

試合もいよいよ終盤戦です。

ハイキュー!!第364話「独りではないのなら」のあらすじとネタバレ

楽しい日向

完全にふられた鴎台ブロックー!!!」と実況が言っていますね。

日向は目を輝かせながらコートに立っています。

もう後衛にはなってしまいましたが、それはそれで日向は感じることがあるようです。

 

あぁ楽しい

でももう後衛回ってきちゃった、前衛10ターンくらいあればいいのに。

この次のサーブの時は山口と交代だろうし…

と考える日向は気づきます。

 

ブレイクし続ければコートにいられるじゃん!と。

日向らしいですね。笑

 

目指せ12得点!!

と、サーブを放った日向。

ネットに当たったので相手は不意をつかれたのか、体制を崩しています。

 

影山の不意打ち

しかしそれでも拾うところはさすがですね。

チャンスボールになり、ブロックも不十分な現状。

自分たちにとっても助走は不十分と感じますが、月島たちは打とうとします。

 

しかし影山はここぞとばかり、ツーを打ちにいきました。

それを想定していたかのように、相手のブロックはまさかの三枚。

 

いつも高確率で決まる影山のツーですが、今回ばかりは相手が上手か…

と思っていたらなんと影山は瞬時にバックアタックに飛び込んできていた選手の足に当てます。

その選手とは大地のことですが、大地は素早く対応して足で相手コートに返しました

 

攻撃意識高い系バレー部主将として日向には負けん!!

と考えている大地。

なんとか返したボールですが、相手は素早くスパイクで返してきます。

月島の維持と日向

それにワンタッチする月島は、「ワンチ!」と言いながら(誰かいろ)と振り向くのでした。

そこには日向がいたのです。

 

日向がなんとか拾った様子を見て、月島は負けてたまるか!!と修羅の相を見せます

 

助走距離を確保した月島は、

一番有効で一番勇気がいるど真ん中勝負を仕掛けるのでした。

 

ブロックを抜いたスパイクに見えましたが、星海がギリギリのところでリベロのように拾います。

そして、相手の攻撃もまた、日向が拾うのでした。

 

ウシロ・マイナスを仕掛ける日向たち。

見事、決まります。

 

これでまだ俺のターン!!

と、日向は嬉しそうです。

 

ナイスー!!とタッチを求められた日向。

しかし、フラッとした日向は倒れてしまうのでした。

「あれ…?」とつぶやいて日向は…?

そして次回へ続きます!

 

>>ハイキュー!!最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ハイキュー!!の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ハイキュー!!の最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ハイキュー!!最新話!第364話「独りではないのなら」の感想・見どころ

今回の見所はなんといっても月島と影山と日向のトリオの活躍ですよね。

ハイキューは主人公の日向以外にもキャラがしっかり立っているので、誰が主軸になっても楽しい話が読めて嬉しいです。

今回の最後で日向が倒れてしまいましたが、このまま離脱してしまうのでしょうか…?

月島も影山も日向には冷たくあたるシーンが多いですが、同じ1年生でレギュラーとして能力は高く評価していると思います。

影山は自分のセッターとしての力を生かした攻撃で日向に引っ張られることがあると言っているくらい秘めた力を持っていますし、以前はライバルとしても見ていなかった月島もバレーにはまってからは、同じポジションの日向を守備の面(ブロック)で活躍していますね。

日向はまずベンチに下げられることは間違い無いと思いますが、それを受けて影山・月島などの1年生、先輩方がどのように対応するのか…

次回も楽しみですね!