2019年9月14日発売の少年ジャンプ42号で、ハイキュー!!の第365話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月14日に発売された少年ジャンプ42号に掲載!

ハイキュー!!最新話!第365話「終わりと始まり・2」のネタバレと感想!

▷前回のハイキュー!!【第364話】のネタバレはこちら!

>>ハイキュー!!最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ハイキュー!!の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

自分のことを最強の囮と読んでほしい、といった日向。

そうして、真価を発揮した日向は、相手を翻弄します。

しかし、ここからというところで日向は倒れてしまいます。

果たして…?

ハイキュー!!第365話「終わりと始まり・2」のあらすじとネタバレ

日向に緊急事態

ざわざわしている会場。

コートで日向が倒れてしまったからです。

 

「あれ…?んだろ・・?」と、日向は立ち上がれずにいます。

その様子を見た先生とコーチは、コートに駆け寄ります。

 

影山は「多分そいつ、熱あります」と言いました。

 

実況は、「どうしたのでしょうか?怪我ではなさそうですが、烏野ここでTOをとります」と言っています。

 

「すげぇ運動量だしって思ってあんまきにしなかったけど、さっき手が異常にあつかった」という影山。

日向から握手された時に違和感を感じたようですね。

 

「なにいってんだよ普通だよ!!」という日向。

 

先生は頭をスッと触ります、すると、その熱さに驚くのでした。

 

「昨日の夜から変でした。初日は風呂すら起きてられなかったのに、昨日はずっとハイテンションで、さっきの試合のあともいつもなら飛びつく飯を食わない、休まない…」

 

ずっとスイッチが入ったままみたいな。電池が切れてもおかしくない

 

と影山は言います。

 

日向の熱

はじめての全国

はじめての体育館

いなりざきと限界をこえて戦った翌日に音駒戦、数時間後のこの試合、

日向の異常な運動量に慣れすぎていたチームメイトたちですが、実際はここまで来れたこと自体が奇跡に近いものでした。

 

ピピピ、と熱をはかると、なんと39、1の高熱でした。

 

くそ…なんで気づかなかった…!とコーチは悔いています。

単に、いつもより夢中なんだと思っていたメンバーたちも同じでした。

 

でも別にどこか痛いわけじゃないし、動けるし、俺は飛べます!!」という日向。

 

怪我じゃないです!怪我じゃないです!!という日向に、どうしてもっと注意を払わなかった、どうして…と後悔する先生。

 

「澤村くんの時と同じです。大丈夫であることを確認してきなさい」という先生を睨みつける日向。

思わずその顔にひるみそうになる先生。

しかしグッと堪えます。

「君が聞きたくないことを承知で君に話します。今これ以上君を試合に出すことはできません」と言う先生。

 

君は中学で試合ができなかったぶん、試合ができるという喜びを人一倍持っている。だからこそ悔しさはひとしおでしょう。

だから、いいですか日向くん。

この先絶対にこんな気持ちになるものかと刻みなさい。

どうしようもないことも起こるでしょう。

そのたびに注意深く刻みなさい。

君は将来金メダルをとるといった。

何個もとるといった。

 

そして君は今がむしゃらだけでは超えられない壁があると知っている

その時必要になるのは知識、理性、そして思考。

日向くん、今この瞬間もバレーボールだ。

勝つことを考えてください。

 

そう言われた日向は涙を流しました。

 

君の体はこれから大きくなるでしょう、けれど、ネットという高い壁越しに行う競技で190cmが小柄と言われるバレーボールの世界では、

きっと君はこれからもずっと小さい。

ひとよりチャンスが少ないと真に心得なさい。

そしてその少ないチャンス、ひとつも取りこぼすことのないよう掴むんです。

君は、君こそはいつも万全でチャンスの最前列にいなさい

 

そう話す先生の言葉に、日向はメンバーチェンジを了承します。

「ごめんなさい…」と涙を流してメンバーに謝る日向。

日向を責める人は誰もいませんでした。

各々の言葉

「はしゃぎすぎて発熱て!幼児か!!」という田中に、

 

「こいつはずっと幼児ですよ田中さん、てか一晩寝ればなおるでしょ体力おばけ」という月島。

 

「心配すんな!俺と一仁に任しとけ!」という西谷に「大丈夫なんか知らんけど、県予選決勝よりは緊張しない」という一仁。

 

「お前がいないと困るよ、困るに決まってる。日向!お前が必要だ!だから飯食って寝ろ!!」という澤村。

 

「俺の方が長くコートに立つ。今回も、俺の勝ちだ」という影山。

その影山の言葉を聞いて、涙をふく日向でした。

 

今日のこの敗北を、深く心に刻む日向。

試合は続きますが、この日の日向の試合は確かに終わったのです。

 

>>ハイキュー!!最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ハイキュー!!の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ハイキュー!!の最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ハイキュー!!最新話!第365話「終わりと始まり・2」の感想・見どころ

今回の見所はなんといっても日向の退場シーンですね。

実はこれまでの試合に望むところが伏線になっていて、異常なハイテンションにも理由があったことが今回明かされました。

ハイキューという漫画はただのバレーボール漫画ではなく、なんというか、深いんですよね。

名言がそこらかしこに散りばめられているので、読んでいて単純に面白いし勉強になります。

影山の言葉にハッとした日向、これは名シーンですね。

あと先生の言葉も素敵でした。

果たして試合はどうなるのか?次回も楽しみですね!