はじめの一歩1277話のあらすじ・ネタバレ・考察を紹介します!

はじめの一歩【1277話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・考察!

▷前回のはじめの一歩【1276話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

電子書籍での週刊少年マガジンでは「はじめの一歩」が掲載されていませんが、マガジンを無料で読むことが可能です。

>>はじめの一歩のネタバレ一覧はこちら!

\週刊少年マガジンの最新号が無料で読める!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

はじめの一歩【1277話】のあらすじ・ネタバレ!

【一歩の一番弟子】

「伊達ジムでスパーリング大会?」

川原を走る鴨川ジムの面々が話していた。

デビュー前の選手を集めてスパーリングをする場に一歩は誘われ、新人二人を連れて行くことにしたのだ。

「やったりますよ!」

「師匠の顔に泥を塗れるものかいっ!」

二人もやる気満々だ。しかし、青木は何かを予感しているのか浮かない顔をしていた。

「心配か?」

木村がニヤニヤと声をかける。

「ふんっ。

 みんなが通る道だ」

【伊達、小橋、沖田と・・・?】

伊達ボクシングジムに一歩、板垣、泰平、金太郎の四人は到着した。

泰平と金太郎には緊張は無いようでやる気満々だ。

「ガードは上げてね。ギアの上からでも効くからね」

一歩はジムに入る前に二人にアドバイスをする。

「しゃあああっ!」

二人は雄たけびで答えた。

「騒々しいと思っていたら幕之内達か」

中から伊達が姿を現し「入れよ」と中へと促す。そこには懐かしい顔ぶれが揃っていた。

「来たか」

伊達の弟子・沖田。

「彼らが君の教え子?」

元Jrフェザー級王者・小橋。

「イキがよさそうだな」

ふくよかな男。

かつてのライバルたちとの再会である。

「お久し振りです!」

一歩は挨拶を交わしてから二人に彼らを紹介していく。

「伊達ジムの沖田トレーナー、大滝ジムの小橋トレーナー、と・・・」

ふくよかな男の前で言葉が止まってしまう。

デビュー戦の相手を忘れたか?」

「西川ジムの小田トレーナー!」

「ウス!」

「人相変わりすぎなんだって」

沖田が小田の頭をはたいた。

「あ・い・さ・つ」

板垣に促され、「どーも」と頭を下げる二人。そうしながらも目ざとく周囲を観察していた。

「ぷっ」

「笑うなよ」

「弱そうで気の毒でよ」

「一番弟子の力見せつけてやろうじゃねえか」

そう意気込んでスパーに挑む泰平。

「オレが幕の内一歩の

 一番弟子だ!!」

ドカッ

しかし、あえなく敗退。

「アイツは只の勘違い男だ」

金太郎もリングに上がる。

「オレが本当の一番弟子だ!!」

ドカッ

同じように金太郎も殴り飛ばされてしまった。

幕之内の介抱を受けながら横になる二人。

「聞いてみたらみんな小学生からやっているって」

板垣が言った。

「経験が段違いだから仕方ないよ

 それにあちらのトレーナー3人・・・

 現役時代先輩に負けているから

 その恨みで焚き付けているんだよ」

沖田、小橋、小田がイイ笑顔で並んでいた。

「強くなれ

 プロのリングで見返してやれ」

板垣が声をかけるが、二人は悔しそうに身を震わせるばかりだった。

【熱】

「おーい」

そこに週間ボクシングジムの藤井が姿を現した。

メキシコ在住の寄稿者からニュースが飛び込んできた、というのだ。

リカルド・マルチネスがダウンした。

千堂武士の手によって。

その場にいた誰もが驚いた。

そして3ヵ月後のゴンザレスとの試合、その勝者がタイトルマッチ、リカルドに挑戦ということにジム内が騒ぎになった。そして千堂の行動力を称えた。

「もしかするとリカルドに挑む二人目の日本人になるかもしれない

一人目としてコメントが欲しくてね」

「まずはゴンザレスでしょ」

伊達が一歩の肩をたたく。

「こいつが負けた相手だ

 一筋縄じゃいかないでしょ。

 どう思う?

 千堂対ゴンザレス」

にわかに議論が始まった。技術ではゴンザレス。当たれば千堂。大方の意見はそんなところだ。

「とにかくワクワクしますね!凄い試合になると思います」

と一歩。

「ぜひリカルドさんとのタイトルマッチに

 辿り着いて欲しいです」

バンッ

強くサンドバックをたたく音。

「それでいいんですか?幕之内さん」

一歩を責める、一人の少年。

「雄二・・・」

彼は伊達の息子、伊達雄二だった。

『・・・雄二クン!』

一歩も思い出していた。かつて自分と会話を交わした少年のことを。

『パパの仇、とってくれるんだよね?』

「ボクはきっと間に合わない

 だけど誰かかやってくれると思っていた

 それはあなただと信じていた。

 あの時、今の自分じゃ無理だと言いましたよね?

 いつならいいんですか?」

「よせっ雄二!言いすぎだ」

「ロードワークに行ってきます」

叱る伊達から逃げるように雄二は姿を消した。

「俺も言いてえっ!」

そう言い出したのは小田だ。

「お前強いんだから勿体ねえよ!」と一歩に迫る。が、沖田と小橋がそれを宥めた。

「・・・今日はこの辺で失礼します

お世話になりました」

いたたまれなくなったこともあるのだろう。一歩は三人を連れてジムを出た。

ジム内では自然と一歩の話になる。

やれるならやりゃいいのに、引退した人間の気持ちはわかる。それぞれの思いを口にする。

「だけど逆はわからない」

小橋が言った。

「伊達さんに聞きたい。

 再起に必要なものは何ですか?

 一体どんな考えで戻ったのですか?」

「考えちゃいけねえ」

伊達が答えた。

頭より心だ、と。

「日常に生きるものにとって

 リングっつうのは狂気の沙汰だ

 地獄の鍋みたいなものだ」

伊達は自分の心臓の辺りをつかんだ。

「あの中にもう一度身を投じるのに

 必要なのは・・・

 業火に焼かれても

 跳ね返せる己の熱だ。

 俺の場合引退後もグツグツと煮えていた。

 しかし、一度冷めちまったとなると・・・」

 

一方そのころ。

帰り道、一歩は一人立ち止まり、胸を押さえていた。

伊達が掴んでいた所と同じあたり・・・心臓の辺りを。

自分の心を確かめるように。

 

多くの再会。友の声。

一歩よ、今何を想う?

 

>>はじめの一歩のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



好きな漫画の最新話や最新刊を無料で読む方法

はじめの一歩は電子書籍では漫画家の森川ジョージ先生の希望でも配信されていません。はじめの一歩は電子版で読むことはできませんが、好きな漫画を選んで無料で読めるサービスを紹介しています。

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

好きな漫画の最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額1990円(税別)がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でダイヤのA act2を読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

はじめの一歩【1277話】の考察・感想!

様々なキャラが再登場しましたね。

小田が太ったままなのは笑いましたけど、雄二君も出てくるとは。

彼も一歩も複雑なんだと想います。

やきもきするその気持ちはよくわかりますけどね。

読者もそろそろやきもきし始めるところですから!