1日外出録ハンチョウ 57話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月14日に発売のヤングマガジン41号、最新話!

1日外出録ハンチョウ第57話のあらすじ・ネタバレをまとめました!

▷前回の1日外出録ハンチョウ【第56話】のネタバレはこちら!

>>1日外出録ハンチョウのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\1日外出録ハンチョウの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

かつて食べたお父さんのうどんが食べたくなり、

ハンチョウは作ることに挑戦します。

なんとかその味を再現することに成功したハンチョウ。

しかし、何かが足りなかったのです。

そして…?

スポンサードリンク



1日外出録ハンチョウ【第57話】のネタバレ

九州交流会

場面は地下。

いつものハンチョウたちの仕事場です。

 

沼川が何かをハンチョウに言っていますね

「?九州交流会…?」というハンチョウ。

「ええ、そうなんです、なんか今夜九州出身の人の集まりをするらしくて…」と沼川は言います。

 

そう、沼川は宮崎出身だったのです。

そんなにいたっけか九州の人…というハンチョウですが、沼川自身もあまり知らないようでした。

 

そうして、今宵九州交流会が開かれます。

意外にワイワイと人が集まっています。

 

いも焼酎をあけ、九州男児がひしめいていますね。

あれ!?板井さんも!?と驚いている沼川。

 

実は意外にも九州出身だという人は多いようでした。

「俺は大分!」

「俺は熊本!」と各々が出身地で盛り上がっていますね。

 

大分っていったらジョイフルっすよねやっぱ!

そうそう!ジョイフル、世話になったわー!高校時代とか!!

 

え?ほう楽まんじゅうでしょ?

ですよね!ほう楽まんじゅうですよね!?

 

と、いい感じに盛り上がる九州トークが繰り広げられています。

マウントの取り合い

そう、同じ島出身のよしみからか、九州出身の者同士が九州以外であうと、それだけで少し仲間意識が芽生えやすいようでした。

 

しかし、実はちょっと各県出身者の胸のうちにもはっきりと口にはだせませんが、自分の県はあの県よりは上だ、などというなんとなくの序列があるようでした。

 

九州間のヒエラルキーは、少なからず誰でもが感じているようです。

誰にとっても、福岡が群を抜いて1位であることにかわりはありませんが、その下2位以下の序列は人それぞれでごちゃごちゃでした。

 

そのため酒が入るに連れてばちばちしはじめます。

 

「いやーわし大分のとり天すきなんだけど、いやこれもただの唐揚げだろっての時々あるよねー」

「そうすかね?あ、でも鹿児島って火山灰大変ですよね!やっぱ薩摩人は根性あるなー!!」

「いやー鹿児島人は焼酎ばっかのんじょるだけなんやが…」

 

と、地元を自虐するようで自慢して、他県を持ち上げるようで落とし、それぞれ地元の特産品や観光地など、強みとなりうるカードの切りどきを身はからないマウントを取り合うという、不毛かつ熾烈な争いを繰り返していました。

 

そんななか、沼川も警戒しています。

「沼川くんは宮崎だっけ?」

「あ、松尾さん…」

「えっと、ぼくは佐賀」

「あ、佐賀ですか…」

「いやーしかしすごいよねみんな、血気盛んっていうか…その点ぼくら佐賀と宮崎は…」と松尾がいうと、沼川もははは、と笑います。

 

そう、実は福岡の首位が不動なように、ワースト2県も宮崎と佐賀の二つで決まっていました。

そのために、沼川は警戒していたのです。

宮崎は佐賀と争う気はないが、佐賀のほうが上という空気でこられたらさすがにそれは許せない、と考えているのです。

 

人口も宮崎のほうが多いし、いざカードの斬り合いになったとしても宮崎には数で押し勝てるという算段はありました。

 

しかし、

「さがしてください佐賀…」という松尾。

「え!?」という沼川。

「二十年ほど前CMで流れてた佐賀県のPRコピーです」という松尾に、ざわつく沼川の心。

そして結末

佐賀のいいところはって聞かれた時、いいところが答えられないと松尾は言いました。

 

まさかの佐賀、持っていたなけなしのカードを投げてしまったのです。

自らダウンする佐賀。

 

そうして沼川と松尾は話に花を咲かせます。

 

 

東京きたときはびっくりしたよ

中央線とか各駅を相手にしても、ほとんどぼろ負けだからね佐賀。

いやいやそれをいったら宮崎だって、いいとこ国分寺とトントンくらいですし…

佐賀は西国分寺にも下手すれば負けますよ

 

と、その後も絶え間なく降り注ぎ続ける佐賀のがばい自虐節。

 

当然こうなると、沼川は気を許します。

どうやら張り合うつもりはないみたいだ…と考えた沼川は、でもほら佐賀にも温泉とか遺跡とかあるじゃないですか、とフォローに回ります。

 

すると、「まぁでも…」と言い出す松尾。

最近佐賀も何もないのを振り切ってPRするようになったのだと言います。

そう、実はここで佐賀は隠し持っていたトラップカードを切るのです。

 

持たざるものだけ持つことができる、何もないというワイルドカードを。

 

これにより、宮崎と佐賀を逆にしようとする松尾。

佐賀からみたら宮崎って中途半端に色々あるせいか、PRが振り切れてないなぁって思う時正直あるなぁ」という松尾にざわつく沼川。

 

これまでとは逆に、佐賀の何もないことを有利にみせてきた松尾に、沼川も納得してしまうのでした。

 

こうして、沼川は気づかないうちにマウントをとられるのでした。

 

楽しい夜だった、と感じている沼川でしたが、宮崎が佐賀に抜かれる日は近いのかも…?

>>1日外出録ハンチョウのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



1日外出録ハンチョウの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

1日外出録ハンチョウの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングマガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp ヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

1日外出録ハンチョウ【第57話】の見所と感想!

今回の話ではこれまたくだらない県同士のいさかいが描かれていて面白かったですね!
ハンチョウがほとんど出てこないところもまた、面白かったです。
次回はまた全く違う話になるんでしょうが、それはそれで楽しみですね!