春待つ僕ら【第54話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介しますね♪

2019年7月24日発売のデザート9月号、最新話!

春待つ僕ら【第54話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

\春待つ僕ら最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

春待つ僕ら【第54話】(9月号)のネタバレ

【 ナナセと竜二 】

ナナセに告白し、ついに両想いになった竜二。

「初恋なめないでください」

竜二はそう言って、ナナセに覚悟のキスをした。

「竜二さん、すごい!」と美月はその光景を赤面しながら木の陰から見ていた。

 

というわけで晴れて付き合うことになった竜二とナナセなのだが、

バスケ部が練習している体育館で、なぜかズーーーーンと1人暗い雰囲気を漂わせている竜二。

「おい、おーい」瑠衣が思わずツッコミを入れる。

「だって…ナナさんが…留学するって言うから…」

遠距離頑張ろーね!とナナセにキラッキラの笑顔で言われた竜二は

遠距離!!の三文字にドーーンと押しつぶされそうになりながら、

「行ってほしくねーーーっ。言えるわけねーーーっ。」と滝のような涙を流している。

そんな竜二の傍で永久、恭介、瑠衣はそれぞれ好きなことを言っている。

季節はもうすぐ3月14日ホワイトデー

「おまえは?美月に何するか考えてる?」恭介にそう聞かれた永久は「…うん」と答えた。

「そのことなんだけどさ…」

 

【 ドキドキの気持ち 】

『店主急病のためお休みさせていただきます』の紙が貼られたバイト先のカフェの中で

美月はレイナとナナセと大掃除をしていた。

掃除を済ませて、店長からのお礼のお茶をご馳走になっていると、

ナナセのところに竜二から連絡が入った。

「おお!バレンタインのお返しで4人でお店手伝ってくれるって!」

の声に思わずギャルソン姿の4人を思い浮かべて興奮するレイナ。

みんなウッキウキ。店長もウッキウキ。

早速、翌日の15日の貸切パーティーも4人に手伝ってもらう予定まで立てている。

ウキウキでその場を去っていった元気な店長の姿にホッとする美月。

 

「そうだ」とナナセが美月達に、竜二からもらったチョコレートのお返しを相談する。

そんなナナセに美月がまだ実感が沸かない様子で「ホントに好きなんだね」と尋ねると、

ナナセは両想いになった時、今までで1番ドキドキしたことを話した。

「竜二くんもすっごくドキドキしてるの伝わってきたからかな…嬉しかった」

そう話すナナセの照れながらも幸せそうな表情を見ながら、美月も

その時の光景をと、自分にも伝わってきたそのドキドキをもう一度思い出していた。

 

 

その帰り道、少し暗い表情の美月

美月はナナセ達を見て、永久と自分はまだまだだと感じていた。

心配したレイナが話を聞くと、

美月は

永久は顔に出さないから、自分はドキドキをあまり感じたことがない

と答えた。

ノロケやないかい。

レイナは頬をピキピキさせながら美月を置いてスタスタ歩きだした。

 

【 ドキドキさせたい 】

「…で、俺んとこ来てくれたんだ?」

「はい…朝倉君はどんなことをしたらドキドキしてくれるんでしょうか…?」

レイナにアドバイスされ、美月は恭介のところに相談に来ていた。

「…可愛い悩みだなぁ」

心が洗われる…とホンワカする恭介に真剣な悩みだと伝える美月。

「美月も永久を幸せにしてあげたいんだよね」

と言ってくれた恭介が思わず神様のように見えてしまう。

「もうすぐ誕生日だから何か特別なことできないかなって…」

3月14日が誕生日の永久

相談する美月に、マジメな表情で恭介が答える。

「じゃあさ…」

 

「押し倒しちゃえば?」

 

「…は!?」

「絶対ドキドキするし、永久喜ぶと思うよ」

「な…っ」

「だってドキドキさせるってそういうことでしょ?」

レベルの高い話に赤面し、ついていけない美月だが、

その横で「いい機会だと思うんだよね」と更にマジメモードで話を続ける恭介

「だったら押し倒すくらい普通に…」とサラリと言ったところで、

「どーしてもそれですか!」と赤面から一転青ざめた美月が話を打ち切り、

「やっぱり自分で考えます」と言うと恭介は美月に、

「サプライズパーティーしてあげない?」と驚くほどシンプルな提案をした。

それは、15日のカフェの貸切パーティーの準備という名目で

前日(永久の誕生日)に呼び出そうというものだった。

提案に乗り、ナナセにお店のスタッフルームを使う許可を得た美月はワクワクしていた。

 

【 ドキドキ誕生日への意気込み 】

当日、永久の到着前の時間。

竜二、恭介、瑠衣、ナナセ、レイナ、美月は永久の誕生日を祝う飾りつけをしていた。

「あ!そろそろ待ち合わせの時間だ!」美月が言う。

美月は永久に「2人で行きたいところがあるんだ」と伝え、

永久がお店に来る前の時間に2人で待ち合わせる約束をしていた。

出発しようとした美月を恭介が引き留める。

 

「こないだの話だけどさ、ドキドキさせたいってアレ。
今日はなんでも自分から積極的にやってみるといいよ」

 

そんなアドバイスに「実はそのつもりです…!」

と気合い十分なところを見せる美月だが、

 

「あと…永久のこといつまで朝倉君って呼ぶの?」

と続けて言われハッとする。

 

…そうだった…

私、朝倉君だけずっと名字で…

 

待ち合わせ場所に着くとすでに永久が先に来ていた。

永久を見つけ、「と……っ、と……あさくらくん…っ!」

と結局名字で呼んでしまう美月。

…名前で呼んだらドキドキしてくれたりするのかな…

そんなことを考える。

思い切って手を繋いでみても、永久の表情はいつもと同じに見える。

どうせなら欲しいものを!と思ったが永久はバッシュの紐¥500-をプレゼントに選んだ。

買い物後にお茶をしながら美月は勇気を出して、

これからは朝倉君じゃなくて永久君って呼んでもいい?と尋ねる

が、永久はそれに対し「いいよ」と薄い反応の返事。

 

美月はそんな永久を手強い…と落ち込みながらトイレに立った。

こうなったらもうホントに押し倒すくらいしかない気がしてきたな…

そんなことを考えていると、恭介から、

「準備万端!いつでも連れてきて」と連絡が入った。

美月は

今日は単純に永久に楽しんでもらえればいいか…

と気持ちを仕切り直して永久のところに戻った。

 

【 お誕生日のお祝い 】

カフェに向かう途中、美月と繋いでいる手を力強くギュッと握りしめた永久

さっきから表情もずっと暗いような気がした美月は、どうかした?と尋ねた。

「2年生から嫌がらせされたって本当?」

思いがけない質問に「ああ…」「なんでそれ…」と驚く美月。

「さっき吉沢と岡に会って聞いた」

永久はさっき美月がトイレに立った時に偶然会った同級生にその話を聞いたのだ。

「俺には言えなかったってこと?原因が俺だから」

嫌がらせに対する永久の怒りが美月にも伝わってきた。

美月は今は何もされていないことを話す。

気付けなかったことを謝る永久に対し、美月は仕方ないと答える。

しかし永久の口から出たのは

「でも…神山サンなら気付けてたし、美月もすぐ相談できてたと思うよ」

の言葉。

美月は永久の口から出たその名前に一瞬、間が開く。

「なんでここであやちゃんが出てくるの?」

思わず無言になった永久だが、

ピピピピ…19:55を知らせるアラームがその会話の続きを遮る。

 

「とりあえず行こう」

「うん」

 

…え…どうしようこの空気…

…誕生日なのに…まさかこんな感じになるなんて…

…みんなごめん…ここから挽回しなきゃ!!

 

美月はそう思いながら永久の後ろを歩いた。

 

ガチャッ

 

永久がスタッフルームのドアを開けると

 

シーーーーーン

何の音も聞こえない…

…ん?美月は不思議に思って永久の後ろから中を覗き込む。

 

「こ…これ…」

「あれ?」

 

誰も…いない…

壁には ハッピーバースデー永久 の文字…

みんなで飾り付けもしたし、ケーキもプレゼントも置いてある…

 

美月はハッと何かに気付く。

 

部屋の中央に仲良く並べられた2組の布団…

 

布団の上には

2人で楽しんでね♡

のメモが!!!!!

 

美月の頭の中に、ふいに恭介の「押し倒しちゃえば?」が蘇る。

 

わーーーーーーーーッ

「ごめん朝倉君!ホントはみんなでやるはずだったの」

そう言ってみんなを呼び戻そうとする美月。

しかし永久は電話をかけようとする美月を止めた

 

「…いーよ。2人でやろう」

 

そう永久に言われ、美月は

 

えええええええええーーーーーーーーッ

 

と心の中で叫び声をあげた。

すべては恭介に仕組まれた作戦だったのだ。

春待つ僕らの最新話や最新刊を無料で読む方法

U-NEXT 単行本1巻orデザート1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orデザート3冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻orデザート2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTで登録と同時にポイントがもらえるので今すぐ無料で読めます!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「春待つ僕ら」を今すぐ無料で読む!

春待つ僕ら【第54話】(9月号)の考察・感想

以上、春待つ僕ら【第54話】(9月号)のネタバレを紹介しました!

ナナセと竜二を見て羨ましく思う美月。

そんな美月の悩みを聞いて

恭介が大真面目にドッキドキな提案をしてくれたけど…。

いやいや…いくらなんでも、

はい、わかりましたーーー!!とは言えませんよね。

結果、恭介の作戦に乗せられちゃったけど。

そして気まずかった雰囲気はいっきに吹き飛んだけれど…

2人だけの誕生会。2人だけの夜。

一体どうなっちゃうんでしょう!?ドキドキですね。

そして、なんと最終回まであと2回!!衝撃。

あと2回で永久と美月の仲はどこまで深まるのでしょうか…♡

それぞれの絆は…。

次回の、春待つ僕ら【第55話】(10月号)掲載のデザート発売日は8月24日です!