2019年7月12日発売のビッグコミックスペリオール15号で、響〜小説家になる方法〜の第108話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月12日に発売されたビッグコミックスペリオール15号に掲載!

響〜小説家になる方法〜最新話!第108話「結末」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\響〜小説家になる方法〜の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

響〜小説家になる方法〜第108話「結末」のあらすじとネタバレ

前回から、原稿をかけ互いに引けない戦いをしていた響たち。

しかし、絶体絶命の響ですが、逆転の目はあるのでしょうか?

 

場面は紛失した原稿が見つかって安堵する編集部からのようです。

お伽の庭の原稿を社内中で探していたところでしたが、

鏑木の家にあるという電話を受け、安堵したようです。

 

「なんだよ、結果作家さんのとこにあったのか」

「桑田お前原稿戻したの忘れてたの?」

 

と言われる桑田は、そうだったかな?と自覚はなさそうでした。

 

とりあえず原稿取りに戻る、という桑田。

 

場面は変わって、鏑木と響。

鏑木が響の首を占めているところでした。

 

私が力を抜くことは絶対ないし、お前の力で私をはねのけることも絶対無理だ」という鏑木は、完全にマウントをとっていますね。

しかも首まで決められてしまって、まさに響は絶体絶命のようです。

 

そんな状況でも、響は自分からは負けを認めることはありません。

最初から負けるってわかってきたんだろ」という鏑木。

 

天才だ最年少受賞だと色々な肩書きをつけられた響ですが、

そんなの実のところはどうでもいいと思っているんだろ、という鏑木。

 

自分も同じだ、という鏑木。

ただ本気でぶつかりたい、ものつくるってのはそういうことだと続けます。

 

その言葉にニヤリ、と笑う響。

そして、鏑木にスタンガンを浴びせるのでした。

 

「本当に、漫画家の職場っていろんなものがあるのね」

といって、スタンガンを当て続ける響でした。

そう、彼女は勝ち負けにこだわるのです。

 

そうして、結局響は勝ちました。

もはや、執念で勝ったような感じですね。

 

そこにやってくる桑田。

私は私、読んでほしいお話を描くだけ」といった響は、オイルを原稿の入ったカンに浸します。

「あの、どうしてここに響さんが?」という桑田は無視しています。

「ごめんね」

「気にすんな勝負の結果だ」

「あなたに言ったんじゃない、この原稿に言ったの」

「私も原稿の気持ちを代弁した」

とやりとりをしながら、桑田の見ている目の前でお伽の庭の原稿を焼き払う響でした。

 

響と鏑木、傑作が灰になるその瞬間も目をそらしませんでした。

響〜小説家になる方法〜の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

響〜小説家になる方法〜の最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orビッグコミックスペリオール1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orビッグコミックスペリオール4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orビッグコミックスペリオール2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

響〜小説家になる方法〜最新話!第108話「結末」の感想・見どころ

今回は響と鏑木の対決の結末が描かれており、なんといっても響の勝ち方が見所だなと思いました。

鏑木は色々言っていましたが、最後勝ち負けなんてどうでもいい、とも言っていましたね。

でも、実のところ響は勝ち負けにはとてもこだわる性格だったのです。

鏑木がそれを理解していたら、響に負けることはなかったかもしれませんね。

結局お伽の庭の漫画は灰になってしまいましたが、

ここからどうなっていくのでしょうか?

 

この後の展開も楽しみです!|