彼岸島 48日後の第225話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年11月25日発売のヤングマガジン52号、最新話!

彼岸島 48日後【225話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>彼岸島 48日後のネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングマガジンの33号を無料で購入できますよ。

\彼岸島 48日後の最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

前回の彼岸島 48日後…【第224話】のあらすじ

外は激しく雨が降り続けていた。

国会議事堂には雅の旗が立てられていた…。

 

国会議事堂の近くの木の陰から、雅の旗を睨みつける一人の人影があった…。

 

自衛隊「く…..クソ吸血鬼どもめ…仲間を大勢殺して…国会議事堂にクソみてェな旗立てやがって…..」

「返しやがれ!!俺たちの仲間を返しやがれ!!」

 

降りしきる雨の中、自衛隊の生き残りの男は雅の旗へと向かって悲痛な叫びをしているのであった…。

 

一方、国会議事堂を目指す明達。

 

ザァ―――――

 

筏で屋根もなく、激しい雨に打たれていた。

 

勝次「ぶあっくしゅん」

「なァ さすがに雨がひどいだろ どこかでいったん雨やどりしようぜ」

 

鮫島「確かに…このままじゃ筏も沈んじまいそうだぜ」

 

明「……そうだな」

建物の中で雨やどりする明達。

 

ムシャムシャ

 

ついでに腹ごしらえもしていた。

 

佐吉「勝次さん 顔の晴れ引いてきましたね」

 

勝次「そうか?」

 

鮫島「子供は回復が早ェからな」

 

ネズミ「国会議事堂ってここからまだ遠いの?」

 

鮫島「いや そんなじゃないけどこの雨だからな」

 

明「….”雅の奴は自分の息子の集落を順々に巡っているという”」

「”次の国会議事堂に奴はいるのだろうか?”」

一人考える明。

 

バスッ

 

明「え?」

何かが明の顔をかすめ、地面に突き刺さる。

 

鮫島「狙撃だ!!隠れろ!!撃ってきたぞ!!」

 

バスッバスッ

 

何発か飛んでくる銃弾。

 

明「中を見せるな!!カーテンをしめろ!!」

 

カーテンを閉め、壁側に張り付きなんとか凌ぐ明達であった…。

 

鮫島「クソッ ふざけやがって!!向かいのビルからだな!!」

 

勝次「何で銃なんか?吸血鬼の奴ら警察署でも襲ったのかな」

 

鮫島「危なかった明 死にかけたぞ この雨じゃなかったら相手も外さなかったはずだ」

 

明「向かいのビルか…殺るには泳いで渡るしかないな」

 

鮫島「ちくしょう せめてどのビルからか特定できればな」

 

明「みんな ここに隠れていろ 行ってくる」

 

鮫島「俺も行くぜ」

向かいのビルへと向かう明と鮫島。

 

明「水没してる一階から水に入るぞ。」

 

泳いで向かいのビルへ渡ろうとするも、狙撃に合う明達。

 

筏を使いなんとか銃弾を凌ぎながら向かいのビルへと渡る。

 

鮫島「どの部屋から撃ってきたかわかるか?」

 

明「水中でなんとなく目星をつけた」

明の目星をつけた場所へこっそり向かう明と鮫島。

 

明「動くな」

迷彩服を着て銃を持った男の後ろから近づく明。

 

自衛隊「なっ」

振り返り驚く自衛隊員。

 

明「人間?」

吸血鬼かと思ってやってきた場所には、なんと人間の姿があった…。

 

一方、残っている仲間達のほうでは、銃を構えた自衛隊員に囲まれていた。

 

ネズミ「ひいいいいいいい」

 

鮫島「ネズミの叫び声だ!!」

窓を開けて状況を確認する鮫島。

 

鮫島「ちきしょう 勝次のバカたち全員捕まっちまった コイツは囮だったのか!!」

 

明「お前たちは何者だ?」

仕込み刀を向けながら問いかける明。

 

自衛隊「第一師団 普通科連隊 陸上自衛隊だ」

 

明「自衛…隊…?」

 

全滅したと思われていた自衛隊であったが、まだ戦う戦力が残されていたのであった…。

 

彼岸島 48日後…【第225話】のネタバレ

【生き残りの自衛隊】

明達を狙撃してきたのは生き残っていた自衛隊であった…。

 

鮫島「そういやレイプタワーで聞いたな 自衛隊の生き残りがいるとかいないとか

 

小隊長「ああ 陸上自衛隊 第一師団 普通科連隊だ

 

鮫島「こんな所で自衛隊が何やってんだ」

 

小隊長「我が隊は吸血鬼と戦闘中だ」

よってこの辺りは民間人の立ち入りが禁止されている 侵入者は全員殺せとの命令だ

 

鮫島「は?何言ってんだ 俺たちは同じ人間同士で敵は吸血鬼だろ!」

 

ザザ―――ザザ

 

通信機「男一名 女一名 子供二名 計四名保護しました 全員人間です」

 

勝次「なんだコラァ!!触るんじゃねェよ!!銃なんて構えやがってずるいぞちきしょう」

 

鮫島「くっ 向こうのビルでは全員捕まっちまった クソ自衛隊どもめ!」

 

通信機を掴み叫ぶ鮫島。

 

鮫島「コラァ自衛隊ども!!」

 

隊員「!!小隊長の声じゃない!!貴様何者だ!?」

 

鮫島「いいか!!耳の穴かっぽじって聞きやがれ!!」

こっちにはその小隊長がいる!人質交換だ

 

自衛隊に掴まった仲間の解放へと動き出すのであった…。

 

【連隊長】

鮫島「ったく勝次たち 無事で待ってろよ」

筏で対岸へと、小隊長を連れて渡る明と鮫島。

 

一方、勝次たちを捕まえた隊員たちは好き勝手を行っていた。

 

隊員「コイツら食料いっぱい持ってやがんな これでしばらくは食いつなげるぜ」

 

勝次「やめろよ!!自衛隊だろ!!国民を守るのが仕事じゃねェのか!!民の物取んじゃねェよ!!

バカバカ無能集団!!この税金泥棒が!!

 

ネズミ「バカ!!黙れって!!ごめんなさい反抗的なのはコイツ一人です」

勝次を静止させるネズミ。

 

隊員「なんだこの女は」

 

ばっ

 

手を広げてユカポンを守ろうとするネズミ。

 

ネズミ「あの…その…やめようよ この子にはその…手出しは…

 

隊員「なんだお前」

 

隊員に銃を向けられ漏らしてしまうも、ユカポンを守ろうとするネズミ。

 

勝次「逃げねェなんてやるじゃねェかネズミ

 

佐吉「知ってるぞお前たち!!ここで蟲の王とかと戦って負けたんだろ!!その腹いせに弱い者いじめして最低の集団だ!!

 

隊員「クソガキ!!」

隊員に蹴り飛ばされる佐吉。

 

隊員「陸上自衛隊は無敵なんだよ 蟲の王にも負けねェよこのクソガキ」

目にナイフを突き立てられ、怯える佐吉。

 

隊員「気をつけな 国がなくなった今 俺たちが暴走しても誰も止めらんねェんだよ」

 

佐吉の絶体絶命に、小隊長を連れた明と鮫島がやって来る。

 

小隊長「やめろ!!怒りにまかせて人間を殺すな!!連隊長殿から言われてたはずだ

 

隊員「はいっ すみません!!

 

鮫島「クズだなコイツら 女子供に威張り散らして」

怒る鮫島。

 

隊員「ンだと このハゲ」

一触即発の鮫島と隊員たち。

 

その時、怯えていた佐吉が、明が来た安心感から明の元へと走り出す。

 

隊員「貴様ァ人質ィ!!動くなと言ったはずだ

 

ドンッ

 

隊員に肩を打ち抜かれる佐吉。

 

隊員「ガキだろうが知った事か 次は頭を吹っ飛ばすぞ!!

 

ダッ

 

走り出す明。

 

シャッ シャッ シャッ

 

そこにいた隊員たちの銃を、一瞬にしてバラす明。

 

小隊長「えっ…我々の銃が…」

 

そのままの勢いで小隊長を壁に押し付ける明。

 

小隊長「なんて速さ…一瞬ですべての銃を切断…」

 

鮫島「大丈夫か佐吉!!くっ こんな子供の肩撃ちやがって!!」

コイツら許せねェ!!明 皆殺しにすんぞ!!

佐吉を撃った隊員を片手で持ち上げる鮫島。

 

明「駄目だ 人間はよほどでない限り殺さない

 

鮫島「くゥゥゥゥゥ ちくしょう!!」

怒り狂いそのまま持ち上げていた隊員を床へと投げつける鮫島。

 

隊員「なんだこの民間人たち 考えられねェほど強ェぞ…」

 

明「答えろ小隊長 ここにいる七人以外 自衛隊の生き残りは何人いるんだ」

 

小隊長「…全部でだいたい五十人ほど…あとは吸血鬼になっちまったか死んじまったよ

 

明「お前たちのボスは誰だ」

 

小隊長「我々を今率いているのは連隊長殿 あのお方は蟲の王と直接戦った唯一の生き残りだ

 

鮫島「!!蟲の王と直接…」

 

明「そいつは…面白い話しが聞けそうだな」

案内しろ お前たちのボスに合う

 

生き残りの自衛隊を統率する連隊長とはいったい何者なのだろうか…。

 

>>彼岸島 48日後のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



彼岸島 48日後…の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

賭博堕天録カイジの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ヤングマガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングマガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ヤングマガジン」を今すぐ無料で読む!

彼岸島 48日後…【第225話】の考察・感想

最近クズであったネズミが男になりつつありますね(笑)

ユカポンの登場があってのことですが、これだけピックアップされていると、近いうちユカポンを庇ったりで死にそうな死亡フラグを感じますね!笑

 

自衛隊もクズさ加減が逆に腹を立つ超えて笑えますね!

小隊長の声に「はい!わかりました!」って言ってたそばから、明の元へと向かった佐吉を撃つとは…笑

 

ただ今回の話での注目ポイントは、連隊長の話でしたね!

蟲の王と直接戦って生きているとは…どんなキャラクター設定なのか気になりますが、久しぶりの雅打倒の心強い仲間になるかもしれないですね!

 

来週は休載とのことですので、ゆっくり次の展開を想像しながら、次の更新を楽しみに待ちましょう!