2019年7月13日発売の少年ジャンプ33号で、僕のヒーローアカデミアの第235話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年7月13日に発売された少年ジャンプ33号に掲載!

僕のヒーローアカデミア最新話!第235話「志村転狐」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

僕のヒーローアカデミア第235話「志村転狐」のあらすじとネタバレ

前回、デストロは必殺技を放ちました。

ストレスを抽出し具現化させる、それを広域に放出する負荷魂という技

 

これは避けようとして、よけられるものではありません。

でも、転狐は実際には避けていたのですから驚異ですね。

一方、避けた本人である転狐は感覚が研ぎ澄まされているようでした。

全てが昨日のことのように、克明に浮かび上がる、と考える転狐。

 

転狐は、死柄木と名乗ったあの日から、全てを忘れていたはずでした。

 

「俺は本当にただ壊すだけだ」という転狐もとい死柄木。

ならば消えろとデストロがいいますが、死柄木は未来なんかいらないんだと答えます

 

ここで回想が始まりましたね。

死柄木が小さい頃、彼の家にはルールがあったようです。

それは、父の決めたたった1つのルールで、「ヒーローの話をしてはいけない。」というものでした。

 

死柄木はよくヒーローの話をしていたので、

それで怒られて部屋に閉じ込められてしまいます。

最近厳しすぎないかと言われた父ですが、

この歳で”個性”も出ていない、分からせなければ不幸になるから、と頑なです。

彼の父は実業家で、若くして富を築いた人でした。

母にねえ転孤、ヒーローにまだなりたい?と聞かれると

彼はうん、と答えます。

友達とヒーローごっこをして楽しかった!なんでお父さんはダメっていうの?

というと、

僕のことが嫌いだからかな、と続けるのでした。

 

母は言います。

「お父さんは知ってるの、ヒーローは大変だってこと

 

大人の言葉は絶対だから、

だからこそ

あなたたちからいって欲しかった。と思い出す死柄木

 

 

彼の姉の華は秘密だと、おばあちゃんの写真を見せてくれました。

華は言います、おばあちゃんはヒーローだったと。

 

私は転孤のこと応援してるからという華。

そして、お父さんに内緒で姉弟ヒーローになろうといってくれたのです。 

 

その日はひどく蒸し暑い日でした。

転孤は家族にヒーローがいたことが嬉しかったのですが、

父親に書斎に入ったことがバレてしまいます。

 

見たな、と問い詰められるそのとき、華は泣き叫んでいました。

 

華は、転孤が見たいって言ったんだもん、と言いました。

 

そうして、父に叩かれた転孤。

あれはおばあちゃんじゃない、子供を捨てた鬼畜だという父親。

ヒーローというのは他人を助けるためにいるのに、家族を傷つけるんだと叩いて来る父親。

ついに、母親たちは、限界だと父に言います。

 

手をあげるならルールにはもう従えないと言います。

こんなはずじゃなかったと、父はつぶやきますが、もう遅いようでした。

そうして、転孤は「やだ僕もうやだよ、みんな嫌いだ」というのでした

僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア最新話!第235話「志村転狐」の感想・見どころ

今回は死柄木の過去がついに明かされましたね!

まだ回想の途中ではありますが、もう病み具合が半端じゃなく、

これから恐ろしい展開になりそうでちょっとドキドキします。

これは覚醒してさらにヴィラン側が強くなる未来しか見えませんが、

ヒーロー側は大丈夫なんでしょうか?

それにしてもヒロアカは5周年ということでこれからまだまだ勢いに乗りそうです。

次回も楽しみですね!