2019年9月14日発売の少年ジャンプ42号で、僕のヒーローアカデミアの第243話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年9月14日に発売された少年ジャンプ42号に掲載!

僕のヒーローアカデミア最新話!第243話「いざ!エンデヴァー事務所!」のネタバレと感想!

▷前回の僕のヒーローアカデミア【第242話】のネタバレはこちら!

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

デストロとの戦い。

結果としてヴィラン連合は超巨大な組織へと変貌を研げてしまいます。

ついに、世界の脅威になった死柄木に対抗すべく、ヒーロー側はインターンの再開が命じられます。

いくところがないならくるか?と轟は爆轟とデクをエンデヴァー事務所に誘うのでした。

僕のヒーローアカデミア第243話「いざ!エンデヴァー事務所!」のあらすじとネタバレ

母との時間

「麗日さんと心操くんが助けてくれてなんとかなったんだけど、その超パワー…」と話をするデク。

「お母さん?」というデクに「生で聞くのは心臓に悪い…!」というデクの母親。

 

「でね、お母さん前に電話で言った子、えりちゃん覚えてる?」というデクはエリから手紙をもらったことを伝えます。

今は大晦日で、母親と二人でこたつで話をしているようですね。

 

ひらがなの勉強しながら書いてくれたんだ!すごいんだよ!」とデクは嬉しそうです。

自分がしたことなんて少ししかないが、がんばって書いてくれたことが本当に嬉しいとデクは言います。

 

そんなデクを見て、母は涙を流しました。

「小さい頃からオールマイトの真似をして、困ってる人を助けるんだって青タンこさえてね、そんな力ないのにねえ。だから母さん、いずくを守らなくちゃって、ずっとそうだったのね。でもなんだろうね、今のいずくの顔みてなんだか安心しちゃった」と言います。

そうして、翌日。

 

「風邪ひかないようにね!またメールしてね!」と見送りにきている母親。

「うん!」というデク。

こうしてみると、普通の学生ですよね。

 

「インターンがんばってね!」という母親に「いってきます!」と笑顔を見せるデク。

新年から、インターンは始まるのです。

 

ホークスの憂鬱

一方、場面はかわってホークス。

 

「ただいまー」というと「おやおや!?どこへいかれてたNo.2?」と言われるホークス。

「コーヒー買いに。ここのはドブみたいな味っすわ」といいます。

 

「自由勝手に飛び回られると困るぞ!何をするにも許可をこうべきだ!」

 

「えー!?人々の自由が解放軍の目的なんでしょ!?」

「戦線では私のほうが上だからね、ホークス!」というスライディンに、

「はっ!!」と敬礼をするホークス。

 

どうやら今はスパイとして侵入中のようですね。

「上?それは知らなかったスライディン。」

「初耳だ!ではお前解放思想を啓蒙できるほどの影響力も、ヒーローの中枢から情報を引き出す地位も持ち合わせていたんだな」とネチネチとスライディンは言われてしまいます。

 

「現在位置!通信記録!リアルタイムでの会話内容!みているもの!!ホークスに取り付けた20のマイクロデバイスがヒーローを丸裸にする」

と言われているホークス、今のホークスの現状がわかりますね。

 

ホークスはNo.2であるということから、ヒーローの中枢まで入り込むことができるのです。

それは戦線側にとってもかなり貴重なことでした。

 

ホークスはここにくる前、連絡していました。

「荼毘と連絡がつきました」

「正直まだ警戒はとけないです」

「しばらくはあなた方とのやりとりを監視される」

「以降の連絡事項は全て暗号でお願いします。1日でも早く脳無の出どころ突き止めるんで、じゃ、いってきます!」とホークスはいっていました。

 

エンデヴァーの杞憂

一方、デクたちはエンデヴァーの事務所についていました。

 

「ようこそ、エンデヴァーのもとへ!」と笑顔を見せるエンデヴァー。

しかしすぐに、

「なんて気分ではないな」と凄みを利かせます。

 

ショートの頼みだからしぶしぶ許可したが!!

ショートだけで来て欲しかった!!!

と、エンデヴァーはいいます。

 

「許可したなら文句言うなよ」という轟。

「補講の時から思っていたが、きちぃな」という爆轟。

 

「ショート!本当にこの子と仲良しなのか!?」というエンデヴァー。

許可していただきありがとうございます、というデクはマイペースです。

 

フレイムヒーローエンデヴァー、強烈な威圧感が頼もしいトップヒーロー、と考えるデク。

彼にとっては、体育祭のときのイメージが強いため、あれ以来正直怖かったと言います。

しかし雰囲気の違いは目に見えてわかるようでした。

 

エンデヴァーのもとへ!?

いいじゃないか!

と、オールマイトはいっていました。

 

爆轟少年もグッドタイミングだね、というオールマイトに「あ?」とわからない様子の爆轟。

君とエンデヴァーには似たとこがある、今のエンデヴァーを間近でみられるのは君にとっていいことだ、とオールマイトは言っていました。

 

そうして、デクは「学ばせてもらいます!」と現在のエンデヴァーに言います。

 

「ショートは俺じゃない、だったな…」とつぶやくエンデヴァーでした。

 

そして歩いている最中、急に走り出すエンデヴァー。

「申し訳ないがショート以外にかまうつもりはない!」

「学びたいなら後ろで見ていろ!」と、炎を纏うエンデヴァー。

 

しかしすかさず三人は臨戦態勢をとり、

「指示お願いします!」と言います(主にデクが)

「後ろで!!みていろ!!」というエンデヴァーでした。

その先にはヴィランがいました。

 

 

「あーらら、タイミングわる…」というのは、さらに上にいたホークス。

何かが始まる予感です。

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア最新話!第243話「いざ!エンデヴァー事務所!」の感想・見どころ

今回の話では、ホークス側の話、そしてエンデヴァー側の話が描かれていました。

何よりもホークスの進退が気になるところですが、彼は絶対いい死に方しなさそうですよねぇ。

好きなキャラクターなので、なんとかハッピーなエンドを迎えて欲しいところです。

それにしても、相変わらずのエンデヴァーが笑えました。

すっかり初期のイメージとは変わって、いいキャラになりましたよね。

次回も楽しみです!