2019年10月21日発売の少年ジャンプ47号で、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の第247話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月21日に発売された少年ジャンプ47号に掲載!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話!第247話のネタバレと感想!

▷前回の僕のヒーローアカデミア【第246話】のネタバレはこちら!

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

「次で最後にする」と決めた死柄木。

ドクターの手によって、強力な個性に耐えられる体になろうとしていました。

4ヶ月にも及ぶ苦しみを乗り越えた時、死柄木は『ワン・フォー・オール』すらも手に入るような力を得ようとしていたのです。

一方で、ヴィラン連合で情報を集めるホークス。

必要な情報は、本を通じてエンデヴァーに伝えられていました。

ホークスに渡された本の暗号により、全てを知ったエンデヴァー。

インターンをする目的も、失敗したときの場合の”備え”として用意されたものだと気付きます。

インターンは戦力の保険。

エンデヴァーは自ら、デク・ショート・バクゴーを鍛えると決めました。

学生を保険に据え置くなんて、公安もおかしいかもしれません。

でも、ホークスからすれば、想像以上に学生たちは成長していました。

敵の思い通りになどさせません。

次の桜が散る頃に、また皆が笑っていられるように・・・

それぞれが準備を進めていたのです。

僕のヒーローアカデミア第247話のネタバレ

現状確認

公安とホークスが進めている作戦を知ったエンデヴァー。

インターンに来たデク・バクゴー・ショート3人を自ら指導すると決めました。

 

ただ、その前にデクとバクゴーの事をよく知らないエンデヴァー。

何が課題なのか知る必要があります。

 

エンデヴァーはまず、デクに何が出来るようになりたいのか尋ねました。

デクは左手を出し答えます。

 

「力をコントロールして

最大のパフォーマンスで

動けるようにしたいです」

 

自壊する程のデクのパワー。

壊れないように制御することはできるようになりましたが、違う問題がでてきていました。

 

エンデヴァーの前で能力を見せるデク。

 

集中した上で、自分がコントロールできる能力は少しだけ。

出力がブレてしまうと、力が溢れ出て暴走することが問題でした。

 

「最大限のパフォーマンスとは?

これをどうしたい?」

 

尋ねたエンデヴァー。

デクは細かく説明し始めます。

 

「本来はムチのようにしなる力なんです

この力を“リスク”じゃなく

“武器”にしたい・・・(以下省略)

 

デクの説明がとにかく長い!

むしろ、長すぎて何を言っているのか分からない!

 

しかし、エンデヴァーは違います。

 

「つまり・・・

活動中常に綱渡りの調整が

出来るようになりたいと」

 

やはりNo.ヒーロー!

デクの説明を理解していたのです!

 

エンデヴァーも、デクがオールマイトに匹敵する個性だと知っています。

難儀な個性・・・

エンデヴァーは、デクは“こちら側の人間”という認識でした。

 

次にバクゴー。

生意気に堂々と答えます。

 

「逆に何が出来ねーのか

俺は知りに来た」

 

バクゴーの個性は『爆破』

1つしか持っていなくても、1番強くなることは可能です。

でも、ただ強いだけでは、強い奴になれないと学びました。

No.1を超えるために、自分には何が足りないのか知りたかったのです。

 

デクとバクゴーの課題を知ったエンデヴァー。さっそく訓練に向かおうとしましたが、ショートが呼び止めました。

 

「俺もいいか」

 

親子の確執

エンデヴァーは振り返り怒ります。

 

「ショートは赫灼の習得だろう!?」

 

一見、親子関係が修復したのかと思われたショートとエンデヴァー。

しかし、それは大きな勘違いでした。

 

幼い頃から、厳しい訓練を強要されてきたショート。

自分の野望しか見ていなかった父親に反抗するように、氷の力である右側で実践してきました。

でも、皆と過ごす中で目が覚めたのです。

 

思い返せば、結局はエンデヴァーの思い通りに動いている自分がいました。

 

でも、今回は違います。

 

「覚えとけ

 俺が憧れたのは・・・

 お母さんと2人で観た

 テレビの中のあの人だ」

 

インターンはエンデヴァーの指示ではありません。

ショートは、ヒーローに足る人間になる為に”自分の意志”でやってきたのです。

 

アイツの思い通りにはならない・・・

俺がエンデヴァーを利用する。

 

ショートは、エンデヴァーを許したわけではありません。

だからこそ、友達の前で親父面して欲しくなかったのです。

 

悲しそうな表情をするデク。

エンデヴァーも、息子が心を開いてくれたと勘違いしたことを悔やみました。

 

ヒーロー基本三項

ショートの意志を知ったエンデヴァー。

 

「ああ

 ヒーローとして

 おまえたちを見る」

 

息子の意志を尊重したのです。

 

ヒーローに求められる基本三項といえば、救助・避難・撃退です。

通常は、救助撃退を基本方針に定め事務所を立ち上げます。

しかし、エンデヴァー事務所の場合はどちらでもなく、三項全てをこなすのが方針でした。

 

だからこそ、気は抜けません。

管轄の街を知り尽くす。

誰よりも早く現場へ急行。

市民の安全の確保。

どれも基礎中の基礎です。

並列思考で迅速に動く必要がありました。

それを常態化させるのです。

 

デク・バクゴー・ショートの3人は、学校で『努力』を学び、これからインターンで『経験』を積みます。

エンデヴァーは、この3人であれば『経験』で課題を克服できると考えていました。

 

エンデヴァーは最後に言ったのです。

 

「この冬の間に一回でも

 俺より速く

 敵を退治してみせろ」

 

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア第247話の感想・見どころ

親父の中で自己解決したところで、息子は何一つ納得していませんでしたね。

エンデヴァーは№.1ヒーローで凄い奴なのは分かりますが、父親としてはまだまだのようです。

やっぱり、顔の火傷を鏡で見る度に、ショートも嫌な思い出が甦っちゃうんじゃないですかね~

こちらも難しい課題のような気がします。

でも、エンデヴァーから学べる経験は3人とっては貴重な体験です。

それぞれが抱えた課題を乗り越えれば、人としてもヒーローとしても、一回りも二回りも成長した3人の姿が見られるのではないでしょうか。

死柄木の準備が整うのは4ヶ月後。

決戦に備えてインターンが始まります!