2019年10月28日発売の少年ジャンプ48号で、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の第248話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年10月28日に発売された少年ジャンプ48号に掲載!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話!第248話のネタバレと感想!

▷前回の僕のヒーローアカデミア【第247話】のネタバレはこちら!

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

デク・ショート・バクゴーの3人を自ら鍛えると決めたエンデヴァー。

訓練前に、3人のそれぞれの課題を確認していきます。

デクは、力をコントロールして最大のパフォーマンスで動けるようにしたい。

バクゴーは、自分は何が出来ないのか知りたい。

ショートは、父親であるエンデヴァーへの反発から、母からもらった個性ばかりを磨いてきました。

今でも、ショートが今でも憧れているのは、母と観たテレビの中のあの人です。

ショートは、ヒーローに足る人間となる為に、自分の意志でエンデヴァーの個性を身につけようと来たのです。

息子の本音を知ったエンデヴァー。

ヒーローとして接すると約束します。

3人の課題を確認したところで訓練開始。

ヒーローで大事なのは並列思考

経験で課題を克服させるため、自分よりも早く敵を退治してみせるように、エンデヴァーは3人に指示したのです。

僕のヒーローアカデミア第248話のネタバレ

デクの葛藤

エンデヴァーの後を追いかけて走るデク・ショート・バクゴーの3人。

デク自身は、本当は少し焦っていました。

 

14歳で“個性”を授かったデク。

皆が「手足でどこに行こうか」考えていた時、まだ「手足の動かし方」を学んでいる状態です。

ワン・フォー・オールが制御できるように、フルカウルを習得。

無意識に使えるように体に覚えさせました。

デクはまだ、6つの個性が発現される可能性があります。

少しでも早く身に付けて、来たるべき時のために備えたいと考えていたのです。

 

街を逃げる当て逃げ犯。

デク達が捕まえる前に、サイドキックに捕まえられてしまいました。

悔しがるバクゴー。

冬はギア上げるのに時間がかかるため、いつもより動きが遅くなっていたのです。

 後ろに立っていたショートがバクゴーに尋ねました。

 

「爆豪、気付いてるか?」

 

バクゴーの性格上、ショートが気付かなくても、自分は気付いていると豪語。

余裕のニヤリ顔を見せます。

 

ショートはエンデヴァーの後を追いかけて気付いたのです。

ダッシュの度に足から炎を噴射。

九州でやっていた「ジェットバーン」を圧縮して推進力にしていると思われました。

要するに、エンデヴァーが何気なくやっている熱量のコントロールがいかに難しいことだったのか、ショートは同じ個性を持っているので実感していたのです。

 

「俺の爆破のパクリだ

つーかてめ、今気付いたんか」

 

バクゴーが指摘すると、ショートは悔しそうに笑ったのです。

 

「ああ、全く遠回りをした」

 

バクゴーとショートの課題

エンデヴァーがすごいのは、力のコントロールだけではありません。

敵の逃走経路を絞り、大通りに出る前に先回りして追い詰めていきます。

さきほど捕まえた当て逃げ犯も、大通りに行く前に捕まえていました。

 

ホークスのところでは役割分担してもらっていましたが、エンデヴァーとしては、ヒーローは本来一人で何でも出来る存在でなくてはなりません。

 

移動しながら、エンデヴァーはまずバクゴーに話し掛けました。

 

バクゴーが知りたいのは、“自分に何が出来ないか”です。

ルーキーとしては申し分ない移動速度。

でも、エンデヴァーを超える速度ではありません。

 

「冬は準備が!」

 

言い訳するバクゴー。

エンデヴァーは、欠点を指摘したいのではありません。間に合わなければ、落ちるのは成績ではなく、人の命

 

エンデヴァーは凄まじい速度で、横断歩道に突っ込んできたトラックを止めます。

言い訳ばかりしていても、人の命は救えないのです。

エンデヴァーは振り返って言いました。

 

「ショート、バクゴー

とりあえず貴様ら2人には

同じ課題を与えよう」

 

不満そうなバクゴー。

ショートは“赫灼”の習得に繋がるならと納得します。

 

2人の課題は『溜めて放つ力の凝縮』

 

最大出力を瞬時に出す。

もしくは、力を点で放出する。

どちらか一つを無意識に行えるように、反復練習するように指示を出しました。

ショートはどちらも未完全な状態です。

目指すは、点での力の放出。

氷の形状をコントロール出来ていたので、同じ要領で炎も実践できそうです。

 

デクの課題

ビルの屋上から街の様子を確認しつつ、昼食としてパンを頬張る4人。

エンデヴァーはデクにも課題を出します。

 デクは「フルカウル」は意識せずに出来ますが、「エアフォース」は出来ません。

エンデヴァーは言いました。

 

「ならばまずは

 エアフォースとやらを

 無意識でできるように

“副次的な方”は一旦忘れろ

 

キョトンとするデク。

前回、ヒーローには『並列思考』が大事だと教わったばかりです。

ところが、エンデヴァーはエアフォースに集中しろと言っているわけです。

 

すると、エンデヴァーはデクにも伝わるように分かりやすく説明してくれました。

 

例えば、車の運転。

車の運転も最初から出来るわけではありあません。

教習を行って、ハンドル操作・アクセル・ブレーキなど一つ一つの段階を踏んで、無意識に行えるようになっていきます。

 

まずは、無意識のなかで二つのことができるように訓練。

それが終われば、また1つ増やす。

地道な積み重ねこそが、課題を解決していく一番の近道なのです。

もちろん、オールマイトのように例外はあります。

ただ、エンデヴァーはそうやって強さを磨いてきました。

 

同じ反復でも、学校と現場では積める経験値は全く違います。

エンデヴァーは最後に言いました。

 

「学校で培った物を

この最高の環境で体になじませろ」

 

1年前、デクはオールマイトからたくさんのモノを授かりました。

雄英に入学してたくさんの経験をしてきました。

 

デクに出せる最大速度は・・・?

 

失敗も心配しなくて大丈夫です。

3人の後始末ぐらい、エンデヴァーならどうにでも出来ます。

仕事にも影響はありません。

 

一つ一つ積み重ねる。

それが大事なのです。

 

1週間後。

エンデヴァーは、冬美からの電話を受けていました。

どうやら、弟が友達と一緒にインターンに来ているのが嬉しかったようです。

学校が始まれば、また会える機会も減ってしまいます。

冬美はエンデヴァーに提案しました。

 

「今日よかったら皆も連れて来てよ!

 お夕飯ふんぱつしちゃうから!」

 

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア第248話の感想・見どころ

轟姉には癒されますね~

そりゃあ、疎遠になっていた弟が父の元で友達と訓練していると知ったら、久しぶりに顔を見たくなるもの。

轟家は、エンデヴァーの熱血指導のせいで家族がバラバラになりましたからね。

冬美のような存在は貴重です。

ただ、エンデヴァーは父親としては最低かもしれませんが、ヒーローとしては超優秀です。

出来るようになるまで、一つ一つを積み重ねていく。

天才のオールマイトと違って、エンデヴァーは努力の人なのでしょう。

デクはエアフォースを使いこなせるようになるのか!?

バクゴーとショートは、力を瞬時に出せるようになるのか!?

気になるトコロではありますが、残念ながら次回は休載です。

2週間後の轟家を楽しみにしたいと思います!