2019年11月11日発売の少年ジャンプ50号で、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の第249話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年11月11日に発売された少年ジャンプ50号に掲載!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話!第249話のネタバレと感想!

▷前回の僕のヒーローアカデミア【第248話】のネタバレはこちら!

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

エンデヴァーより先に敵を捕まえるという課題を与えられたデク・ショート・バクゴー3人。

少しでも早く『フルカウル』を制御したいデク。必死に犯人を追いかけますが、サイドキックに先を越されてしまいます。

悔しがるバクゴー。

ショートもまた、エンデヴァーの速度コントロールの凄さを痛感していました。

何度チャレンジしても間に合わない3人。

様子を見ていたエンデヴァーは、バクゴーとショートに同じ課題を与えます。

それは、最大出力を瞬時に出すこと。

デクには、エアフォースを無意識にできるように指示します。

フルカウルも取得したいデク。

でも、二つの事が同時に出来るようになるためには、地道な積み重ねが大事。

11つ確実にできるように努力していくしかないのです。

1週間後、ショートが父に学んでいると知った冬美。夕飯を友達も一緒に食べようと誘ってきたのでした。

ヒロアカ【第249話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

僕のヒーローアカデミア第249話のネタバレ考察・予想

轟家の複雑な家庭事情

インターンに参加している轟焦凍こと、通称ショート

ご存知の通り、ショートのお父さんは轟炎司、通称エンデヴァーですよね。ヒーローNo.にまで登り詰めたスゴイ人です。

ただ、ヒーローとしては成功したエンデヴァーですが、父親としては取り返しのつかない失敗をしていました。

 

若い頃から、オールマイトに対して強い憧れを抱いていたエンデヴァー。でも、自分の力では辿り着けないと悟ります。

そこでエンデヴァーは、自分が叶えられなかった夢を子供に託すことにしました。

 理想の結婚相手は、自分の目的が果たせそうな女性。決して、愛で結ばれるようなカタチではなかったのです。

 

ショートの母親の名前は冷(れい)

エンデヴァーの個性は『炎』ですが、レイの個性は『氷』になります。

両親から2つの個性を引き継いで生まれたショート。

エンデヴァーの期待は大きく、父親から私物のように扱われ、厳しすぎるスパルタ教育の中で育ちました。

レイもね、母親として追い込まれ、とても辛いと状況だったと思います。

エンデヴァーに似たショートの横顔を見て、レイは思わず熱湯を浴びせてしまいました。

 

ショートは母親のことは大好きだったし、優しい母からの仕打ちに対して、ひどく傷付いたのは言うまでもありません。

精神的に病んだレイは、それから長い入院生活を送ることになったのです。

 

大切な母を追い込んだのは父親。

ショートの父へ対する恨みは凄まじいものでした。

しかし、母の個性だけ磨いてもヒーローに足る人間になれない・・・

ショートは父親から受け継いだ個性もモノにしようと決意します。

今回のインターン参加は、決して父親の理想になるためではありません。

自分の意志でやってきました。

 

父親のやったことは許せません。

いや、許す必要などないでしょう。

ただ、父親への恨みと、自分が立派なヒーローになれるかどうかは別問題です。

自分が理想とするヒーローになれるなら、父親だろうが利用する。

エンデヴァーの前に立っているのは息子ではなく、己の夢を目指すヒーローのヒヨッ子でした。

 

息子が心を開いてくれたと勘違いしていたエンデヴァー。

どんなに月日が経とうとも、簡単に心の傷が癒えるものではないのだと、息子の意志を知って気付いたのではないでしょうか。

 

ショートは『赫灼』を習得できる?

ショートがエンデヴァーの後をついて行って気付いたのは、個性の扱いが非常に上手な事でした。

 

瞬時に速度を上げられる上に、絶妙に力をコントロールすることで、敵よりも早く正確に動くことができるのです。

今のショートにはそれがマネできない!

嫌いな存在だからスルーして来たっていうのはあるんでしょうけど、同じ個性を持つ者だからこそ、得られるモノがたくさんあるとやっと気付いたようです。

 

母から受け継いだ『氷』の個性は、ずっと使い続けると凍傷してしまう危険性があります。だからこそ、和らげるために『炎』の個性は欠かせません。

個性が派手で能力が大きい分、繊細なコントロールはかなり難しい。

 

ショート自身も使い切れていない部分があるので、エンデヴァーが言うように『点での放出』ができるようになれば、より理想的な力の使い方ができるでしょう。

 ショートは氷の形状はコントロールできます。感覚を掴めば、炎のコントロールも案外早く習得できるのではないでしょうか?

 

実は、ショートは4人兄弟。

全員がエンデヴァーのスパルタ教育を受けていたせいで、家族自体もバラバラになっている状況でした。

そんな家族の潤滑油となって、空気を和ましてくれるのが轟家の姉、冬美です。

入院中の母親の面倒をみてあげたり、父親に対しても普通に接するし、ショートの母親代わりといってもよいでしょう。

 

今回、友達も一緒に父親の元でショートが学んでいると知って冬美は大喜び!

「私なんか聞いた瞬間、ブワーっとなっちゃって」と電話で言っていましたが、気持ちは分かるような気がします。

だって、あれだけ父親を嫌っていた弟が学びに来てるんですよ!

姉として嬉しいに決まってる!!

エンデヴァーが子供達にした仕打ちの数々は消せるものではありません。

でも、イチ読者としては、轟家が一緒に食事しているだけでも感動しちゃうな!

 

死柄木に対抗できるのはデクだけ!

ヴィラン連合が攻めてくるのは4ヶ月後

現在、死柄木弔はドクターと一緒に、莫大な力に耐えうる体にしようと動き始めました。体の改造はひどい苦しみを伴いますが、苦しみを耐えたあとの弔は、OFAすらも手に入れられる体になっているでしょう。

最強となった弔に対抗できるのは、どう考えてもデクだけです。

 

オールマイトから受け継いだワン・フォー・オール。

デクはまだ100%のパワーを引き出すこともできなければ、強大なパワーに耐えられる体でもありません。

さらに、これから歴代のワン・フォー・オール後継者の6つの個性まで発現されると言われています。

少しでも早く制御できるように『フルカウル』を習得したいデクの気持ちも分かりますよね~

 

本当であれば、11つ確実に習得しながら成長して欲しいところですが、敵は待ってはくれません。

インターンで、デクがどれだけ成長できるのか。それが大きな課題です。

 

もちろん、ヴィラン連合が攻めてきたら、エンデヴァーやホークスなどのヒーロー達が黙っていないでしょう。

でも、弔は今度こそ全てを壊すつもりで挑んできます。

公安もヒーロー達がやられた時のために、インターンを通じて学生たちの力を底上げしようとしているわけです。

 

デクがいつになったら、受け継いだ個性をコントロールできるようになるのか。

発現する個性とはどんなモノなのか。

これからもデクの成長に注目していきたいと思います!

僕のヒーローアカデミア【第249話】のネタバレ

エンデヴァーが見た夢

夕飯を一緒に食べようと提案した冬美。

電話を切ったあとも、エンデヴァーは迷っていました。

 

今更、自分が家族の為に何ができる?

 

毎晩、同じ事を考えて眠りにつきます。

すると、いつも同じ夢を見ていました。

 

自分の妻と子供達が楽しそうに笑い、幸せそうに食卓を囲む姿。

そこに、父親である自分の姿はありません。

 

一方、インターン中のデク・バクゴー・ショート3人。

さすがNo.1ヒーローの事務所。

宿泊設備が完備されており、3人はサイドキッカーズと寝食を共にしていました。

 

朝からハイテンションのバーニン!

3人に元気よく挨拶!

エンデヴァーより速く撃退できるようになったのか、進捗を確認してます。

 

朝からバーニンのでかい声に苛立つバクゴー。

デクは元気よく挨拶します。

 

もちろん、バーニンもそんな簡単に出来っこないのを分かっていての質問。

2人が答える前に「デリカシーなくてごめんね!?」と謝りました。

 

そこへ後ろから現れたショート。

昨日は惜しかったらしく、今日こそエンデヴァーを追い越そうと気合いが入っていました。

 

ボロボロの手や腕。

イキイキとした表情。

 

バーニンが発破かけなくても、3人はへこたれず十分頑張っているようです。

 

冬美からの誘い

インターン1週間が経過。

最高峰のプロの現場で学ぶ3人。

来る日も来る日も、必死にエンデヴァーを追い越すべく奮闘します。

 

「やると決めた時には

 すでに行動し終わっていろ!」

 

敵を捕まえながら叫ぶエンデヴァー。

3人は掴めそうなところで、一気に突き放される始末。

やはり、簡単にはいきません。

 

ここまでは、ショートを一人のヒーローとして、エンデヴァーは接してきました。

でも、家ではどうでしょうか。

思い出すのは冬美の言葉。

 

『うちも、うちだって

 家族になれるんだって・・・』

 

どれほど、エンデヴァーは冬美に救われたでしょうか。

 

「行くぞ!!」

 

まるで戦いに向かうかのようにエンデヴァーが3人を誘った先は、自分の家!

思わずバクゴーがツッコミます。

 

「何でだ!!!」

 

和風の立派な轟家邸。

ショートも姉から誘われたら、ムダに断るわけにもいきません。

友達も紹介して欲しいというお願いから、デクとバクゴーも連れて来ていました。

エンデヴァーはどこか気まずそう。

 

玄関を開けると、満面の笑みでエプロン姿の冬美が出迎えます。

 

「初めまして

焦凍がお世話になっております

姉の冬美です」

 

突然呼んだ事を謝る冬美さん。

デクは嬉しそうにしていますが、バクゴーは不満そうです。

 

食事には夏雄も来ていました。

どうやら、ショートの話を家族でききたくて、冬美の計らいで家族を集めていたようです。

 

気まずい食卓

食卓に並べられた豪華な料理。

デクは「美味しい!」と喜んだ上で、いつもの調子で味まで分析。

グルメリポーターのごとく、美味しさを解説し始めました。

隣で「飯まで分析すんな!」と、ツッコむバクゴー。

 

夏雄の説明によると、お手伝いさんが腰を痛めて引退してから、ずっと冬美が料理を作ってくれていたようです。

ただ、夏は交替でご飯を作っていました。

兄が作ったご飯を食べていたのかと、驚くショート。

 

夏雄は、エンデヴァーをチラッと見てつぶやきました。

 

「あーどうだろ

俺のは味濃かったから・・・

エンデヴァーが止めてたかもな

 

ピリつく食卓。

空気を察するバクゴーとデク。

冬美が話題を変えようとしますが・・・

 

「気付きもしなかった

 今度・・・」

 

エンデヴァーのあり得ないタイミングでの喋り出し。さらにピリつく空気。

あまりの気まずさに、夏雄は耐えられなかったのでしょう。

自分の食器を片付け、席を立ちました。

 

「ごめん姉ちゃん

 やっぱムリだ・・・」

 

振り向かず立ち去った夏雄。

静かになる食卓。

悲しそうな表情をする冬美。

デクもどこか悲しそうです。

 

食事のあと、黙って食器を洗うエンデヴァー。デクとバクゴーは食器をキッチンへ移動させるお手伝いをしていました。

デクは事情を知っていましたが、バクゴーも2人の話が聞こえて知っていたようです。

 

「手伝わせちゃって悪いなァ」

 冬美は申し訳なさそうにしながら、ショートと一緒に和室のリビングで食器を片付けていました。

 もちろん、冬美だって夏雄の気持ちはよく分かります。でも、これは家族になるためのチャンスと考えていました。

 

「焦凍はお父さんの事

 どう思ってるの?」

 

思いがけない冬美からの質問。

ショートは少し考え、下を向きました。

 

自分が父親に似ている事から、追い詰められた母親にお湯をかけられ、顔を火傷してしまったショート。

この火傷は、父親から受けたものだと思っていました。

 

厳しすぎる子供の教育。

魔が差した母。

幼い我が子へお湯をかけてしまった自分を責め、泣いて謝りショートを強く抱きしめたのです。

 

今だから分かる、母の辛さ。

耐えて、耐え抜いて溢れた気持ち。

 

お母さんを蝕んだのは父親・・・

 

でも、精神的に病んだ母でしたが、少しずつ自分の力で乗り越えようとしていました。

母からもらった手紙で、退院できる日は近いとショートは知っていたのです。

 

「正直・・・自分でも分からない

 親父をどう思えばいいのか

 まだ・・・何も見えていない」

 

ショートが応えたところで、突然開いた襖。バクゴーは叫びました。

 

「客招くなら

 センシティブなとこ

 見せんなや!」

 

確かに!!

慌てて謝る冬美。

デクは慌ててフォロー。

 

冬美とショートの会話も、2人はうっかり聞いてしまったようです。

 

足りない家族

なんだか気まずい雰囲気。

デクは食器を片付けながら、少し悩んだ様子を見せつつも、ショートに向かって言いました。

 

「轟くんはきっと

 許せるように

 準備しているんじゃないかな」

 

「え」と、驚くショート。

もちろん、本当に嫌いなら「許せない」でいいでしょう。

ただ、デクからすれば、ショートはとても優しい人なので、どこか待っているように見えたのです。

 

「そういう時間なんじゃないかな」

 

デクの心からのメッセージ。

 

襖の近くで黙って聞いていた夏雄。

エンデヴァーも廊下で聞いていました。

 

待ってる・・・

 

足が止まったエンデヴァー。

一室にある仏壇の前に座っていました。

 

最近見る同じ夢。

食卓を囲む場所にいて欲しかった我が子。

 

「お前もそこにいてほしかった

燈矢

 

仏壇には、轟家の長男である燈矢の写真が飾られていました。

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア第249話の感想

インターンは、一人ではなく数人で学ぶっていうのが良いのかもしれませんね!

互いに刺激になるし、友人が成長している姿を見れば自分も頑張ろうと思えますから。今回の3人の組み合わせは良かったのかもしれません。

ちなみに、轟家は4兄弟です。

長男 燈矢(とうや)

長女 冬美(ふゆみ)

次男 夏雄(なつお)

三男 焦凍(ショート)

今まで燈矢の姿が描かれる事は少なかったのですが、仏壇の写真をみる限り、まだ学生だった頃に亡くなっているようです。

ヒーローとしては頼りになるのに、父親としては未熟なエンデヴァー。

子供達に許してもらうつもりなどなく、むしろ、こんな自分が家族の為に何ができるのか、毎日悩んでいるみたいですね。

燈矢はなぜいなくなったのか?

轟家の新たな過去が明らかにされそうです。