2019年12月9日発売の少年ジャンプ2号で、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の第253話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年12月9日に発売された少年ジャンプ2号に掲載!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話!第253話のネタバレと感想!

▷前回の僕のヒーローアカデミア【第252話】のネタバレはこちら!

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\僕のヒーローアカデミアの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ショート・デク・バクゴーの活躍で、敵から夏雄の救出に成功。

3人の成長にエンデヴァーは驚いていました。

本当なら、エンデヴァー自身も攻撃することは出来たはず。

でも、足が止まってしまったのは、自分が助けたら「夏雄は俺に何も言えなくなるんじゃないか?」という迷いが生まれたからです。

家族に償いたいエンデヴァー。

夏雄は父を許すことはできません。

でも、冬美は家族に強い憧れを持っています。

だから、夏雄も顔は出していました。

家族のために、自分は何ができるのか・・・

エンデヴァーが考えた結果、母を迎え入れるために新しく家を建てると決断。

家族は新しい家で生活してもらい、自分は今の家に残ることにしたのです。

僕のヒーローアカデミア【第253話】のネタバレ

絶好調な飯田

冬休みも終わり始業。

一年次も残り3ヶ月となっていました。

 

みんなの前で新年の挨拶をするのは飯田。

今日の授業は実践報告会。

冬休みに得た成果や課題を共有するのが目的です。

皆スーツでグラウンドαへ移動します。

 

飯田の気合いは十分!

気合いが入りすぎて空回りしているほど。

飯田が説明中、教室のドアを開けたのは相澤先生。

 

先生に挨拶する芦戸。

後ろには蛙吹も続きます。

 

飯田は意気揚々と、概要は伝達済みだと胸を張ります。

どうやら、飯田はインターン先で一週間学んだ事があるようです。

 

それは、物腰の柔らかさ!

腰を激しくクネクネする飯田。

あまりの空回りに、話し掛けた上鳴も苦笑いです。

 

みんなが移動中。

校内放送がなりました。

相澤先生に職員室まで来て欲しいようです。

 

お茶子の気持ち

女子更衣室。

お茶子はコスチュームをチェンジ。

周りからも大好評!

似合ってると褒められ、安心するお茶子。

耳郎は、試しにお茶子のパーツを持って重さにビックリ!

芦戸も真似してケースをあさると・・・

 

ケースから落ちたのは、オールマイトの人形

クリスマスのプレゼント交換で、デクからもらったモノでした。

「やはり」と、ハイテンションになる芦戸。

お茶子はすぐに否定。

穏やかな笑顔で言いました。

 

「本当に・・・違うんだ

 これはしまっとくの」

 

可愛そうなオールマイト

男子更衣室。

デクの話を聞いて「暴走をものした」と驚く切島。

確かに、エンデヴァーの元で、デクは一瞬だけ力をコントロールできるようになっていました。

 

用途は限られるものの、「強い」と自信を持ち始めたデク。

バクゴーは不快だったのでしょう。

デクの頭に、バクゴーが投げたパーツがサクッと刺さります。

 

飛び散る脳漿。

倒れるデク。

慌てる周囲。

 

頭に刺さったままデクは移動。

インターンで得た知識の説明を続けます。

 

みんながグラウンドに集合した時、待っていたのはオールマイト。

渾身のギャグをぶちかまします。

 

「わ~た~が~し~

 機だ!!」

 

わたがし機をグルグル回すオールマイト。要するに「わたしが来た」とボケているようです。

生徒は完全スルー。

 

「あれ?

 相澤先生は?」

 

相澤先生は急用ができたそうで、その場にはいませんでした。

 

衝撃の光景

車の助手席に座る相澤先生。

運転しているのはプレゼント・マイク。

苛立ちながら先を急ぎます。

 

着いたのは特殊刑務所「タルタロス」

出迎えたのはグラントリノ塚内

説明をしながら、刑務所の奥へと歩いていきます。

 

ご存知の通り、脳無(のうむ)は人の手によって改造され、複数の個性に耐えられるようになった人間です。

脳みそから心臓に至るまでめちゃくちゃにされてしまうので、脳無とは意志を持たない操り人形・・・

 

のハズでした。

グラントリノの遠回りな説明に苛立つ相澤。

プレゼント・マイクは、黙って相澤の肩をふるえる手で掴みました。

 

塚内は、これも必要な話だと説明。

気持ちの整理をつけるためにも、順番を追って説明するのは大切です。

 

捕まえたのは敵連合の中核。

口を割らせれば、一気に敵を追い込むことも可能なはずです。

ところが、捕まえた相手は一向に話そうとしません。

 

大きな物音をたてて開く扉。

部屋には、イスにくくりつけられた一人の人物が座っていました。

頭はありません。

 

捕まえた敵は、くだらない話はするのに、連合の話となると無反応。

あまりにも精巧で、グラントリノ自身も気付くまでに時間がかかりました。

 

今までの脳無は、意志がないはず。

でも、複数の因子が結合されて、新たな“個性”が生まれていたのです。

ベースになった因子こそ・・・

雄英高校で相澤やプレゼント・マイクと共に学び、若くして命を落としたと思われていた男。

 

白雲朧(しらくも おぼろ)でした。

 

>>僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



僕のヒーローアカデミアの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

僕のヒーローアカデミアの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

僕のヒーローアカデミア第253話の感想

同級生の変わり果てた姿。

相澤は動揺して、目が血走り、顔を手で押さえていましたね。

白雲朧は名前が出ただけで、本編には登場していなかったと思いますが、まさか脳無になっているなんて・・・

敵連合も恐ろしいことをします。

グラントリノの説明だと、たくさんの個性を操るため人間らしさを失うと考えられていましたが、個性を持ちすぎると、新たな一つの個性が出来上がるようです。

となると、4ヶ月後に備えてドクターの手術を受けている死柄木も、同じことがいえるのでしょうか?

それに、塚内は実は敵と繋がっており、裏切り者疑惑もあったと思いましたけどね~

かつての同級生の前で、白雲朧は何を語るのか。相澤先生の反応も気になります!