2019年12月5日発売のヤングガンガン21号で、咲-Saki-の第211話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

咲-Saki-最新話!第211話「相棒」のネタバレと感想!

▷前回の咲-saki-【第210話】のネタバレはこちら!

>>咲-saki-のネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

絵も一緒に最新話や単行本を読みたい方はU-NEXTのサービスがおすすめです。

\咲-Saki-の最新話が無料!/

32日間の無料期間と600Pがもらえる!

咲-Saki-の前回までのあらすじ

和と優希のが清澄にを選んだ衝撃の理由が明かされる。

そんな中、試合は四人聴牌のツモ勝負に。

四人のめくりあいを制したのは、聴牌に一人遅れていた阿知賀女子の玄。

痛恨の6000オール。

トップだった阿知賀に更に得点がプラスされ、清澄は窮地に立たされてしまう。

咲-Saki-第211話「相棒」のネタバレ

【智葉の戦い】

「四暗刻の目を捨ててまで和了りにきたか」

智葉が対面の優希に点棒を渡しながら言った。

優希は不敵に笑って答える。

「常人の一万倍はタコスを食べているからな

 そこに差が出る」

(何言ってるのこの人・・・)

既に戦いは始まっているのか。

卓上は困惑に包まれた。

その中で、智葉は冷静に考える。

10万点に戻したのに、また削られた。

宮永以外の二人も予想以上にくるっている。

最後親番

 これは手放せないな)

智葉は山を取り、理牌を開始する。

【臨海の友】

「智葉ってなんで臨海女子に来たんだろう」

試合をモニターで観戦しながら、智葉のチームメイトたちは語っていた。

その答えを知っているのは、監督も含めて唯一人、メガンだけだった。

「なんと

 船で通えるかららしいですよ」

「つまらなくて絶句・・・」

「えっ

 個性的で面白いと思うのですが」

明華は慧宇を黙って見つめる。

一瞬の間。

「えっ

なんですか?

 何!?

彼女たちはその後も日本についてやお互いについてを話し合う。

楽しそうに歓談していた。

「あとひとつ

言ってまシタ」

(ここなら世界の強い同世代と日々鍛錬できる

 それもメリットだな)

「私たちのこと…」

「うん」

「さとちゃんの期待に応えられてるでしょうか」

「どうですカネ・・・」

「もし応えられているのなら」

ネリーは言う。

「智葉の力となって現れるよ」

【最強の相棒】

「ロン」

河に差し出される九萬を見て、智葉が発声した。

対々和単騎

七萬の壁で萬の上辺の線を切りながら、一枚切れの九萬での待ち。

執念のアガリである。

親は逃せない。

その一心が、智葉の指先に力を籠めるのか。

「ツモ」

タンヤオ三暗刻

智葉による連続和了である。

最後の親番が勝負。

智葉はよくわかっていた。

だからこそ、

(ここからが正念場だ)

と。

最下位にいる打ち手が強い時、たやすく逃げ切らせてはもらえない。

必ず追い上げるように打ってくる

(そして今、私の下家にいるのは高校生王者

 去年の世界ジュニアでの

 最強相棒

宮永照の瞳は、冷静で、鋭かった。

 

さあ、ここからが正念場。

雀士たちよ、いざ相成らん。

>>咲-saki-のネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



咲-Saki-の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

咲-Saki-の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングガンガンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングガンガン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングガンガン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングガンガン1冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本1巻orヤングガンガン3冊が今すぐ無料で読める

無料期間と無料ポイントを使って読む方法となるので、最初の過去にご利用になったことのないサービスをご利用ください。

おすすめはU-NEXTで、アニメ版や実写版が見放題でラインナップされていましたので、漫画と合わせて一緒にお楽しみいただけますよ。

詳しくは下記のページでご紹介しています!

>>咲-saki-を無料で読む方法まとめ

\32日間無料&600P付き/

咲-Saki-最新話!第211話「相棒」の感想・見どころ

智葉の決死の闘牌!

最後の親番をどこまで残せるのか?

宮永照も、ついに動くのか?

目が離せない後半戦、まだまだ続きます!