不浄を拭うひとの第3話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

不浄を拭うひと【3話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで分冊版か本当にあった笑える話Pinkyを無料で購入できますよ。

>>不浄を拭うひとネタバレ一覧

\不浄を拭うひとの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

不浄を拭うひと【3話】のネタバレ

ボクは山田正人 39歳

特殊清掃という仕事をしている

 

おもに亡くなった人の

部屋の消毒や掃除

遺品整理などの作業を請け負う。

 

しかし霊感体質なので

たまに「見えない人」に妨害されることもある。

 

 

・・・ここで亡くなったのは50代の独身男性。

 

依頼者はアパートの管理人さんで

正人は仕事の依頼を受けてやってきたが

 

(体が重い・・・)

(ダメだ中に入れない・・・)

 

なぜか部屋に入るのを

拒否されているようだ。

 

自分の力じゃどうしようもできないと思った正人は電話をかける。

 

こんな時は・・・

苦しい時の「神さんだのみ」だ・・・。

 

「神さん」こと神谷住職は知人の紹介で知り合った

「おはらい」をしてくれる貴重な方だ。

 

正人は状況を説明して

神谷住職はサクサクっとおはらいに取りかかる。

 

神さんのおはらいは絶大だが・・・

多少目立つ。

 

近所の人が集まってザワザワとしていた・・・。

 

おはらいが終わった後、正人は部屋に無事入ることができた。

 

(よかった・・・)

(何も感じない・・・)

 

亡くなった男性は、玄関近くのトイレで

最後を迎えたとのことだった

 

部屋にはゴミもすごいが

未開封のダンボールが積み重なっている。

 

「あれ・・・?」

 

部屋にはブラジャーなど女性ものの下着が

丁寧に干されており

6畳ひと間の床は、たくさんの女性用下着で埋めつくされていた・・・。

 

(しかも全部ベージュ色・・・)

 

正人がダンボールの中身を確認すると

全て下着だった・・・

 

「独身って聞いていたけど・・・彼女がいたのかな?」

 

正人は不思議に思いつつ

いつものように掃除をはじめた。

 

 

・・・片付けを進めていくにつれあることに気がつく。

 

「なんかこの下着妙に・・・サイズが大きくないか・・・?」

 

「わっ!!ここ大人のオモチャだらけ!!」

(しかもおしり系ばっか・・・)

 

「エロDVDもこんなに大量に・・・」

(女装美熟女DVD・・・)

 

正人はポイポイとテンポよくゴミ袋に

大人のオモチャなどを放り込んでいたが

DVDを見て気づいてしまったのだ。

 

生前の彼はおそらく・・・

女性ものの下着を身につけ楽しみ

女装美熟女のDVDをおかずに

女装プレイをしていたのではないか・・・

 

 

この仕事をしていると

部屋をきれいにしていくうちに

故人がどういう生活をしていたか分かってくる

 

そしてどういう最期を迎えたのかも・・・

手に取るように感じるのだ。

 

特殊清掃はよほどのゴミの量でない限り

3日前後で終わる。

 

(どうか安らかに・・・)

 

正人は掃除の終わった部屋で手を合わせた。

 

彼の部屋も3日ほどで現状復帰ができたのであった。

スポンサードリンク



不浄を拭うひとの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

不浄を拭うひとの最新刊(単行本)や最新話が連載されている本当にあった笑える話Pinkyは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

2019年7月現在ではまだ単行本化はされていませんので、単行本化された時の予想としての巻数表示になります。

U-NEXT 分冊版5巻or本当にあった笑える話Pinky1冊が今すぐ無料で読める
FOD 分冊版14巻or本当にあった笑える話Pinky4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 分冊版9巻or本当にあった笑える話Pinky2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「不浄を拭うひと」を今すぐ無料で読む!

不浄を拭うひと【3話】考察・感想

第一話では依頼を受けたものの

霊からの妨害で部屋に入れなかった正人。

 

無事におはらいをする事で部屋に入ることはできましたが

まさかの故人の趣味・・・というかなんというか(笑)

 

霊が侵入を妨害したくなるのも納得でした(笑)

自分がいつ死ぬかなんて・・・わかりませんから

突然死んでしまって故人も焦ったのでしょうね・・・!

 

それにしてもこの趣味に伴う様々なグッズが

自分の家族ではなく、第三者の正人によって片付けられたこと。

不幸中の幸いと・・・言わざるを得ません(笑)

 

特殊なご趣味をお持ちのみなさま・・・

お気をつけて・・・!!

 

さてさて・・・

第4話の特殊清掃のお仕事はどんなストーリーになるのでしょうか・・・!

 

次回も楽しみですね!