呪術廻戦の第72話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプ38号、最新話!

呪術廻戦【72話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

呪術廻戦の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

呪術廻戦 前回のあらすじ

伏黒と五条の戦いが始まりました。

呪力が全くない伏黒に苦戦する五条。戦闘能力も高くなかなか倒せない。

焦る五条は一瞬の隙を突かれて伏黒に痛恨の一撃をくらってしまう。

呪術廻戦【71話】のネタバレ

首を貫かれた五条は、一瞬戸惑いながらその手を掴みます、

しかし伏黒は一気に引き抜き、大量の出血が…そんなことお構いなしに続けざまに右足を数回刺し、頭にも突き刺します。

圧倒的な攻撃になすすべなくその場に倒れこむ五条。

「少し勘が戻ったかな」

黒井さんとお別れ

高専最下層 薨星宮 参道。

「私はここまでです…」「理子様どうか…」

天元様の元へ行く道中についてきた黒井であったが、どうやらここまでのようで涙ながらに別れを言う。

「黒井、大好きだよ」「これからもずっと…!!」

黒井に抱きつき涙する天内。

 

その様子を夏油は見ていた。

「ここが…」

「あぁ…国内主要結界の基底 薨星宮 本殿」

夏油は天内の思っていたこととは違うことを口にする。

それは大樹の根元までいけば特別な結界があり、招かれたものしか入ることができず天元様が守ってくれること。

 

それか引き返して黒井さんと一緒に家に帰ろうということであった。

夏油は任務の話を聞いたときに、”同化”を抹消と言っていた。

担任のその言葉は、それだけ罪の意識を持てという事と解釈しているらしい。

五条とも話し合っていて、天内が拒んだときは同化は無しだと決めていた。

それが例え天元様と戦うことになろうとも。

天内理子の気持ち

夏油は自分たちが最強であることを伝え、天内がどんな選択をしようが味方であることを伝えた。

天内は自分の気持ちを涙ながらに話す。

生まれた時から特別な存在で、同化することになりみんなと別れることになっても、悲しくなんかない。どんなに辛くたって大丈夫だと思っていた。

 

「もっと皆と…一緒にいたい」

その言葉を聞き帰ろうと手を指し伸ばす夏油。

 

しかしその瞬間、天内は頭を撃ち抜かれ倒れてします。

「ハイお疲れ。解散解散」

伏黒の登場である。

 

「なんでオマエがここにいる」

「五条悟は俺が殺した」

「そうか…死ね!」

夏油は呪霊を発動し伏黒に立ち向かう!

スポンサードリンク



呪術廻戦の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

呪術廻戦の最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「呪術廻戦」を今すぐ無料で読む!

呪術廻戦【72話】考察・感想

五条のやられっぷりがひどくて、見ている方も衝撃でした。

これ死んだんじゃないのかって思うレベルです。

夏油もすごくいいやつで天内を自由にしてあげようとしてましたね。

天内ももっともっと楽しみたいという普通の子供なのに…

まさかの伏黒の一撃で死んでしまうとは…

嘘だと願いたいです。

次号は伏黒VS夏油ですね。

…まだ今回の衝撃が残っています。

次号を楽しみにしましょう!