20198月1日発売の週刊ヤングジャンプ35号で、かぐや様は告らせたいの第147話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20198月1日に発売された週刊ヤングジャンプ35号に掲載!

かぐや様は告らせたいの最新話!第147話のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

\かぐや様は告らせたいの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

かぐや様は告らせたい【第147話】のあらすじとネタバレ

藤原「ふぅ 今日はサイクリング日和ですね!」

藤原の冬休み、ダイエットのためにサイクリングをしていた。

藤原「渋谷から巣鴨まで17キロ… これは痩せましたね」

因みに、大体300カロリーの消費、菓子パン一個分程度である。

藤原「電動自転車は坂道でもスイスイ上れてらくちん!」

200カロリーの消費に減った。

おにぎり一個分程度。

藤原「さて小原も空いたことですし、ランチにでも…」

きょろきょろしだした藤原の目に留まったのは、一日四食限定の激辛ら~めん。

藤原「汗をかく…発汗作用…つまり実質0カロリー!」

ザンネン、700カロリー以上だ。

 

ここから、前回藤原が言っていた、変なおじいちゃんの視点に切り替わる。

田沼(儂の名前は田沼尊彦 どこにでもいるしがない年金受給者である)

田沼(若い頃はテレビでラーメン王などともてはやされてはいたが、寄る年波には勝てず、ステージを若い者達へ譲った)

田沼(今では毎日ラーメンを食し、それをSNSにアップし続けるだけのインスタグラマー…)

田沼(かつてのラーメン王は巣鴨の仙人などと呼ばれるようになり、すっかり曲がらなくなった足を引きずり、近所の店の新作ラーメンを写メに納める毎日だ)

うん、結構楽しんでるね、人生。

悲壮感漂う独白かなって思ったら、結構エンジョイしてるね、今を。

藤原「おじいさん 足元段差あるから気をつけてね」

お店に入ってきた田沼を、優しく気づかう藤原。

相変わらず、ちょっとずれてるけど優しい娘である。

藤原「私が代わりに食券買いますよ 何食べますか」

田沼(この小娘…この儂が食券も買えないほど耄碌してるようにみえるのか…)

しかし田沼はなめられたと思い、まだまだ現役だと分からせようとする。

田沼「そうじゃの… この激辛ラーメンを一杯頂こうかね」

藤原「ええ――大丈夫ですかおじいちゃん たぶんこれ本当に辛いですよ!」

藤原「地獄ラーメンで天国行きとか洒落になりませんよ!」

田沼「失礼な小娘だの…余裕のよっちゃんじゃよ」

死者がでるやもと、店員の空気がピリつきはじめる。

田沼「そういう君は大丈夫なのかね」

藤原「はーい私辛いの大好きです! もー余裕のよっちゃんさんです!」

イエーイと余裕のVサイン。

 

そして、次のコメには泣きながら激辛ラーメンを食べる藤原の姿が!

田沼(これは死んでしまう!)

こっちはこっちで洒落にならなかった。

田沼がインスタに写真をアップしてから、「思いとどまれ」や「おねがい逝かないで」というメッセージを受信しまくっていた。

まさか通知が命の危機を知らせていたとは…。

田沼は長年激辛ラーメンを食し続けてきた仙人ではあるが、それでも生死のはざまに立たされてしまうこの状況。

藤原のはただのあほを発揮したという言葉で片づけられるが、何故老人までもが余裕と言っておきながら、こんな危険にさらされているか。

それは、老人の知っている激辛ラーメンが鷹の爪粉末を大量に投入したもので止まっているからだ。

近年では品種改良で、より辛いハバネロが開発され、もはや激辛の意味すら変化してしまうほどの激辛のジェネレーションが生まれているのだ。

今回の激辛ラーメンは、田沼の知っている激辛の60倍。

田沼(いかん…戦後が見えとった!)

走馬灯がよぎるのも致し方無し!

田沼(一歩間違えば…死……!)

断っておきますが、二人はラーメンを食べているだけです。

藤原「おじいちゃん無理しちゃ駄目ですよ…」

田沼「…お前さんこそ、無理しておるだろう…」

少年漫画の戦闘描写ばりのセリフが二人の口から飛び出す。

藤原「ダイエット戦士にとって辛さは喜び……体重減のためならどんな我慢もするのがロカボガール」

藤原「一口食べる度みるみる痩せてる実感が心地いい……」

田沼(くっ こんな若いものに負けるわけには……)

言いたいことはたくさんあるけども…もういいや。

藤原「ふう…汗かいたら喉が渇きました」

田沼(ばかもん! カプサイシンは油溶性……! 激辛に水は厳禁だということを知らんのか!)

案の定、何倍もの辛さが藤原を襲い、机に突っ伏して静かになった。

田沼(終わりじゃ……! 喉の裏に来た辛みは人の心を刈る死神……常人がこれから逃れる術はない…)

田沼(昔は辛いものと言えばおばさんがプリントされたスナック菓子位だった… 時代に置いていかれたということなのだろうな)

田沼(世代交代…儂もそろそろ引退を考える頃合い…!)

センチメンタルになりながら、今後に思いをはせていると死んだはずの藤原が再始動しているのが目に入った。

藤原「私は…絶対に痩せるんです…!」

田沼(なんという執念…! この女、喰う側の人間か!)

執念のみに突き動かされる藤原を見て、昔の魂を思い出した田沼。

田沼(このラーメンを食べれば、儂は死ぬかもしれない…だが)

田沼(ラーメンに殺されるなら、ラーメン喰いの本懐である!)

死を覚悟して、箸を動かすその姿はまさにラーメン王だった。

そして…。

仙人93歳、激辛完食!

さらに、藤原も完食!

田沼の心には、同じ戦場を生き抜いた絆のようなものを感じていた。

が!

田沼は藤原のラーメンの横に置かれた、容器を見つけてしまう。

田沼(アイスを食べながら!?)

田沼(しかも何回かおかわりを!?)

田沼「ひ…卑怯なり小娘!!」

藤原「えっなんですか!?」

こうして、感じた絆は10秒で無くなった。

 

藤原「って言うことがあってですね~」

石上「ざっと計算した感じ1000カロリー超えてますね 電動自転車で5時間半は走らなきゃ消化できない感じですけど、本当に痩せたと思います?」

藤原「うるさいなぁぶっころすよ?」

彼女の笑顔は眩しかった…。

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



かぐや様は告らせたいの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

保安官エヴァンスの嘘の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

かぐや様は告らせたい【第147話】の感想・見どころ

痩せないよ?間違っても。

今回の見どころは、何が何でも痩せるために食べているというスタンスを崩さない藤原です。

田沼という老人もかなりのインパクトありましたが、藤原のあほあほっぷりが極まってる感じが、面白過ぎましたね。

途中からツッコミ諦めましたし。

最後の石上君との掛け合いも、そうそうこれこれという安心感がありました。

次回は誰の会長とかぐや様の冬休みの話かな?

楽しみです!