20199月5日発売の週刊ヤングジャンプ40号で、かぐや様は告らせたいの第150話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月5日に発売された週刊ヤングジャンプ40号に掲載!

かぐや様は告らせたいの最新話!第150話のネタバレと感想!

▷前回のかぐや様は告らせたい【第149話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

\かぐや様は告らせたいの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

かぐや様は告らせたい【第149話】のあらすじ

かぐやは告白するために、会長をデートに誘う。

多少の会話のかみ合わなさなどがあったが、昔とは違い普通に横に並んで映画を見ることが出来、ちゃんとしたデートが出来ていた。

しかし、まだまだデートはこれからという時に、知人が続々と現場にやってきてしまう。

はたしてかぐやは彼らの目を避けながら、会長に告白ができるのか…!?

かぐや様は告らせたい【第150話】ネタバレ

早坂「私はとりあえず書記ちゃんの相手をしますので…」

かぐや「えっ じゃあ石上くん達と会長のお父様は」

早坂「そちらでどうにかしてください」

今日このは会長に告白するつもりだったかぐやは、前途多難なこの状況に意気消沈してしまう。

つばめと白銀父

つばめ「なんで人は告るんですか?」

ショッピングモールの手相占い師に、最近の悩みを告白するつばめ。

つばめ「なんでそうやって形に拘ろうとするんですか? 縛ろうとするんですか… 教えてください…」

占い師である、白銀の父に悩みを相談する。

って、あんたかよ占い師。

白銀父「とりあえず手見せてくれる」

白銀父「あー君あまりいい恋愛してこなかったでしょ」

つばめ「えっ手を見ただけで判るんですか!」

相談内容から丸わかりである。

白銀父「ストレスがたまるとつい衝動買いをしてしまうと手相に出てる」

つばめ「この人本物だ…!」

横に大量の荷物を置いているからだ。

つばめはこの冬休み中に、闇深ポンコツ属性が付いていた。

白銀父「で…どうして人は告白をするのかだっけ」

告白とは、いわば恋愛契約であり、日本独自の文化であると言えるものである。

つばめ「皆簡単につきあったり別れたり…わざわざ言葉にするからややこしんですよ」

つばめ「好きなら側に居ればいい 嫌いになったなら離れればいい」

つばめ「大事じゃなくなったのに大事なふりをしたり、飽きて他の人の方が魅力的に見えたり そんなのばっか」

つばめ「ひとの心はこんなに簡単に離れるのに、契約でそれを縛ろうとする」

白銀父「契約、ね」

つばめは、さっきの詐欺みたいな占いで心を許したのか、思ったことを赤裸々に暴露する。

つばめ「好きな人を好きでい続けることが、好きな人に好きで居てもらい続けることが、こんなにも難しいのに一体何を誓えるの?」

白銀父「確かに…その通りかもな」

白銀父「人を好きになり恋をして結ばれる それは素晴らしいことだと誰もが言う だけどそれは間違いだ」

白銀父「恋愛は成就するまでが楽しい ある程度気持ちが高まったらあとはずっと堕ちるだけ それが恋愛の正体だ 永遠の愛なんて存在しない」

そんな大人の言葉に、暗い顔をしてしまうつばめ。

白銀父「…だが真実の愛はあるかもしれない」

一方そのころ。

かぐやは、会長に気づかれないように知人から逃げていた。

しかし、予測不能な藤原の動きに対応できず、自動販売機の影まで追い詰められてしまう。

藤原がジュースを買ってこっちに来るまでが、見つかるまでのタイムリミットのようだった。

あともう少しで見つかるとかぐやが思ったとき、会長がかぐやを抱きしめて、自分の影に隠した。

おかげで藤原には熱いカップルとでも思われたのか、二人だとばれずにすんだ。

会長「今日は誰にも邪魔されたくない」

 

白銀父曰く、真実の愛とは

白銀父「いいんじゃねぇの?恋愛する理由なんてそんなもんでさ」

白銀父「あるかもわからない真実の愛 それを追い求めてその過程に好きだとか告るだとかあったって いいだろうさ」

白銀父「告白は契約だっけか 上等じゃねぇか 縛ったり縛られたりするのも、後々振り返れば楽しいもんさ」

つばめは顔を上げて、白銀父の話を聞いていた。

白銀父「好きな人と恋人になりたいと願うのは自然なことだし、振られたらどうしようとかビビってみたり、ちょっと駆け引きしてみたりするのも楽しいことなんだよ」

白銀父「君は自分から、告ったことはあるか?」

つばめは首をふって、答える。

白銀父「一度経験してみたらいい 色々計画立ててジャストなタイミング狙ってみるけど、その時は全然言葉にでなくってさ」

白銀父「ドキドキして頭ワケわかんなくなって 今日は言えずじまいで終わるのかとか思い始めた時」

 

かぐや「貴方が好き 私と恋人になって……」

 

白銀父「ぽろっと溢れ出たりしてな 返事を待つ時の静寂とか、イエスの言葉をもらった瞬間、言葉にできない嬉しさとか」

白銀父「恋愛はそこからがスタートだ 以前の関係の方が良かったと後悔することもあるかもしれない」

白銀父「だが真実の愛を探すなら、やっぱりスタートラインはきらなきゃな」

つばめ「真実の愛… それってどうすれば手に入るんですか?」

白銀父「生半可なことではない それは月に手を伸ばすようなことだからね」

白銀父「…だがそんな君に力を与える方法がある」

つばめ「本当ですか!?」

白銀父「このパワーストーンが真実の愛を引き寄せるぞ 1個1000円だ」

つばめ「買いますっ!」

おい。

白銀父曰く、占いなんて信じるな

白銀父「これは占い師じゃなくただのオジサンとしてのアドバイスなんだがな」

占いを終えて、去ろうとしたつばめを呼び止めて、白銀父はそう切り出した。

白銀父「この世界に運命なんてない 運命の相手なんてのもない 占いに頼るな」

つばめ「ええーっ!」

やりたい放題か。

白銀父「必要なのは頭脳だ 運命が君を導くなんてことは決してない 真実の愛を求めるならば、考え続けるんだ」

つばめ「だけどカンガエすぎたら恋ってできなくないですか?」

白銀父「そうだな たまにそういう奴らいるな 好き合ってる癖にどっちから告るかで1年位ごちゃごちゃ悩むようなやつらとかな」

つばめ「ただの面倒な人たちじゃないですか」

白銀父「でもそういう奴らが、たぶん世界で最初にそれを掴むんじゃないか?」

白銀御行、四宮かぐや、交際開始!

▽次回のかぐや様は告らせたいはこちら▽

かぐや様は告らせたい・最新話【第151話】のネタバレ・感想!四条眞妃は悟りたい

スポンサードリンク



かぐや様は告らせたいの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

保安官エヴァンスの嘘の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

かぐや様は告らせたい【第150話】の感想・見どころ

おめでとうございます! 長かった!

今回、かぐやと会長のセリフはほとんどなく、代わりに白銀父とつばめの告白についての話で、ストーリーは進行していきました。

途中で商品を売りつけたり、ろくでもないことをしていましたが、大人としての意見をちゃんといったりしていて、今回ばかりは白銀父はかっこよかったです。

そして、彼らの会話の裏でちゃくちゃくと告白まで、してくれました。

この全てのシーンは、漫画ならではの感動があって、是非絵で読んで欲しいと思います!

正直文章では伝えきれないので、この辺で終わりにします。

何度も言いますが、是非是非、なにとぞ絵で見て感動してください!

それでは!