201910月31日発売の週刊ヤングジャンプ48号で、かぐや様は告らせたいの第157話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201910月31日に発売された週刊ヤングジャンプ48号に掲載!

かぐや様は告らせたいの最新話!第157話のネタバレと感想!

▷前回のかぐや様は告らせたい【第156話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

\かぐや様は告らせたいの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

かぐや様は告らせたい【第157話】ネタバレ

四宮家の家柄は厳しい。

もしかぐやと会長との関係が知られれば、本家の人間がどのような行動にでるか想像も出来ない。

かぐや(この恋愛は絶対に隠し通さなければならない)

そう絶対に――

かぐや(でも言いたいーっ 私会長の彼女ですって大きな声で言いたーいっ

かぐや様は聞いてもらいたい

かぐや(でも駄目… 一時の感情に流されてリスクを負うなんて愚か者のする事… それは四宮かぐやのやり方にそぐなわない…)

ルーティンで何とか平静を保つかぐや。

かぐや(でも言いたーい 誰かにこの幸せをおすそ分けしたーい!

しかしルーティンをやめた途端、恋愛バカモードになってしまう。

最近かぐやの頭ハッピーエピソードトークが始まりかけると、早坂は急の仕事と言ってその場から逃げているらしい。

かぐや(あーっ誰かに話したーーいっ!)

だから学校で誰かに話したくて話したくて仕方ない状態になっているのであった。

と、そこに…。

渚「四宮さん? どうかしました?」

運悪く?渚がかぐやに声をかけてしまう。

かぐや「柏木さん なんでもない…ですよ?」(きいてほしいな、きいてほしいな)

渚「なんでもないんですか」(なにかはなしたいことがあるんですね!?)

かぐや「ええ何もないですよ」(あるっ!)

アイコンタクトで心通じ合う二人。

渚「四宮さん 今日はたまたま良いお菓子があるのですが… いかがです?」

かぐや「お菓子ですか そうですねー」

かぐや「では生徒会に良い茶葉があるので淹れましょうか!?

渚「是非っ!

柏木渚は聞き出したい

かぐや「柏木さんのくださるお菓子はいつも美味しいですね」

渚「四宮さんの紅茶もいつも完璧で…」

ふふふと談笑する二人だったが…。

渚「で!! どうなんですか!

堪えきれないといった感じで机を叩き、ウキウキしながら問う渚。

かぐや「何が~??」テレテレ

それを浮かれている女性特有のうざい返事で返すかぐや。

渚「このタイミングで言いたそうな事って100%アレでしょ! 例のアレですよ!」

かぐや「例って何よ~~ もぉ~~」

渚「言っちゃいましょうよ~」

かぐや「だめよ~~だめだめ~~ 本家の人が~~」

恋愛って人をバカにするんですね。(ライターより)

渚「もちろん、四宮さんの事情は理解してますよ 私だって一応財界の娘ですから」

渚「四宮のお家柄がどういうものなのかも、祖父から何度も警告されているのでよく知っています 極力周囲に知られないよう秘めた恋愛にするのには私も賛成です」

渚「でも私達って思えば今までいろんな相談し合ってきたじゃないですか それをここまできて…ねぇ~~?」

私は報告しているのにと、かぐやに詰めよる渚。

渚「その結末がどうなったか、私には知る権利があると思うんですよね~」

かぐや「たしかに~~ 一理あっちゃいますね~~ 事情が事情ですし、話すしか無いですよね… 話します

かぐや「私と会長…実は…」

渚はわくわくしながらかぐやの言葉を待っていた。

かぐや「やっぱり言えない~~」

渚(ちょっとしつこいなぁ 態度で答えもう分かってるのに)

流石の渚もシラフに戻ってしまうくらいしつこかった。

かぐやの頭ハッピートークの始まり始まり

でもでもといっちゃえいっちゃえがしばらく続いた後…。

かぐや「実は私と会長…付き合う事になったんです!」

渚「きゃーーーっ おめでとうございます!

さっきはちょっと冷めたことも考えた渚だったが、両手を挙げて本気でかぐやを祝福する。

渚「いつから!? どっちから告ったんですか!?」

かぐや「年末にデートして… 告白は私から」

渚「きゃーっ やるぅー!

渚「それからそれから!? 四宮さんの誕生日とかありましたよね!」

かぐや「あっ 誕生日は京都の実家だったので でもプレゼントは頂きました」

渚「えっなんですかっ」

かぐや「このネックレスなんですが」

渚「男の人こういうの好きですよね~」

かぐや「これ実は振り子できっちり一往復1秒になるよう調整されてるんです ロマンティックですよね…」

渚「それに関しては要審議ですが良かったですね」

詳しく聞いても分からない振り子の話は、要審議だった。

かぐやのバグったABC

渚「じゃあ次のステップはキスですね!」

何の気なしにそんな話題をふった渚。

かぐや「あっ キッスはもうしました」

渚「あっ! あぁ~~~~」

渚(そうだった… この人付き合う前の初キスで舌ねじこんだ人だった…)

気軽に振った話題は思わぬ方向に転がりだす…!

渚「すみません 普通は告白後にするものなのでつい…」

かぐや「おかしいですか? 今度会長のご家族にも挨拶に伺うんです」

渚(挨拶……!)

渚「ちょっと早くないですか…?」

かぐや「そんな事ありませんよ」

かぐや「早く家族の一員として受け入れられたいですからね 味噌汁の味も覚えなきゃいけませんし、早いに越した事はありませんよ

渚(結納気分で行くつもりだ… なんだろうこの違う国の恋愛観を垣間見たような感じ…)

嫌な予感を覚える渚。

渚「あの…会長とABCでいうとどこまで行ってます?」

かぐや「ABC?」

渚「つまり… 会長に胸を触られた事は?」

かぐや「胸なんてそんな…! あっありますね」

渚「いつ!?」

かぐや「たしか去年の4月か5月…」

渚「私が翼と付き合う前じゃないですか!!」

アクシデントのようなものではあったが、渚には故意に揉ませたと取られた。

渚(順序が!! 順序が全部おかしい!

渚「ちなみにエッチは?」

かぐや「エッ…! そんなはしたない事はしていませんよ! あなた達とは違うんです!」

渚(自分はしたない順番で来てる癖に!)

かぐや「そういう事はいずれ… 適切な時期が来た時に…ね?」

渚(いずれとか言って割とサックリ済ませるタイプっぽい…!)

かぐやのアグレッシブさと常識の無さに、モザイクだらけの未来を幻視する渚。

渚(ここまで順序すっとばしまくってる四宮さんの事… もしかしたら初めてで順番間違えまくるなんて事も!?)

渚(このままだと…四宮さんが大変な痴女に育ってしまう!!)

渚(わ…私がなんとかしないと!

何も分かってなさそうな、のほほ~んとしたかぐやの前で、渚は決意したのであった。

渚が翌日かぐやに手渡したものとは…?

翌日。

伊井野「四宮さんこれを…」

伊井野が生徒会室に入ると、渚がかぐやに何かを手渡している場面に遭遇した。

かぐや「これは?」

渚が渡していたのは、「~私の部下の甘すぎる指先~」というエロDVDだった。

渚「正しい性教育のDVDです」

吹き出す伊井野。

伊井野「えっちょっと…?」

渚「ママの部屋から拝借しました! これは女性向けで無茶な内容ではないので、観て学んでください!」

渚「男優も鈴●一徹ですし!」

伊井野「鈴●一徹って…!! ほっ…没収です! それHな…」

渚「そうですHです! でも見逃してくれませんか!?

手を伸ばしてきた伊井野を鬼気迫る表情でけん制する渚。

渚「これで大変な事になったら貴女責任取れるの!?」

伊井野「えっ えっ?」

渚「取れないでしょ!? 無責任な事言わないで!!」

伊井野「わ…わかりました…」

カタカタと震えながら怯えた目で、そう言うほかない伊井野であった。

 

本日の勝敗 風紀委員の敗北 かぐやHなDVD獲得

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



かぐや様は告らせたいの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

保安官エヴァンスの嘘の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

かぐや様は告らせたい【第157話】の感想・見どころ

最初は少女っぽかったのに…最後らへん生々しっ!

本日の見どころは、最後にしか出なかったけど伊井野の怯えた顔ですね。

渚の鬼気迫る顔に気おされた風紀委員は実際可愛い。

でも、HなDVDは人目のつかない所で渡しましょうね…。

ここまで読んでくださってありがとうございました。