201911月7日発売の週刊ヤングジャンプ49号で、かぐや様は告らせたいの第158話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月7日に発売された週刊ヤングジャンプ49号に掲載!

かぐや様は告らせたいの最新話!第158話のネタバレと感想!

▷前回のかぐや様は告らせたい【第157話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

\かぐや様は告らせたいの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

かぐや様は告らせたい【第158話】ネタバレ

かぐやは前回に、渚からもらったDVDを片手に廊下を歩いていると、眞妃に遭遇してしまう。

眞妃「あら四宮のおば様」

かぐや「四条…眞妃さん」

眞妃「何をうろうろなさってるのかしら どうせロクでもない企みでもしているのでしょうね?」

かぐや「相変わらず言う事に品が無いわね 貴女みたいな邪魔者の居ない一人になれるところを探しているだけよ」

眞妃「…ふん」

この二人の一定の距離感は、幼いあの日からずっと続いている。

幼いあの日のファーストコミュニケーション

四宮「分家の鼠が…まだ日本に残っていたのか」

四条「我々が拠点を海外に移しているのはビジネスの為 どこに居るかは我々の自由」

四宮「ははは 殺鼠剤まみれの巣穴をお前らは自由っていうのか 死んだ鼠もさぁ 腐ると臭いんだよねぇ」

かぐやと眞妃が幼い頃、とあるパーティー会場で四宮の親?は酷い罵りを、四条家に向けてはなった。

四宮家と四条家の激しい対立は、数十年まえの四宮家お家騒動より始まった。

あまりに人道からかけ離れた四宮家の方針に、一部の穏健派が反発。

死人が出るほど加熱した対立は、穏健派が四宮グループから追放されるという形で収束した。

その後、追放された穏健派たちは、抗争の犠牲者となった者たちの名から四条グループと名乗り、諸外国で有名なグループにと急成長した。

その急成長を支えたのは、やはり四宮憎しの一念であった。

眞妃「ねぇパパ あの子とあそんでいい?」

四条「眞妃 四宮の人間とは関わるな」

眞妃の父は、四宮が日本の癌であり、邪悪であり、倒さなくてはならないものと説いた。

四条「いいか眞妃 四宮とはいずれ戦争になる あの娘とは関わるな」

眞妃「…… 今日のパパこわい! マキつまんない!」

そういって幼き眞妃は、会場から出ていった。

 

眞妃「!」

眞妃は先ほど父にかかわるなと言われた四宮かぐやが、会場の外でソファーに座り、本を読んでいるところを見つけた。

眞妃「……なにしてんのアンタ?」

かぐや「じゃまだからそとでほんよんでろっていわれました」

眞妃「それおもしろい?」

そういうとかぐやはなにか期待したような、きらきらした目で眞妃を見上げてた。

かぐや「いっしょにみる?」

パァと顔を輝かせ、頷こうといたその時、父の言葉を思い出した。

眞妃「み…見るわけ無いでしょう四宮の人間と! 私は誇り高い四条の人間! 貴女なんかとなれ合うつもりはないわ!」

かぐや「…そうですか」

この時より二人は、十数年に渡り一定の距離を保ち続けている。

十数年越しのファーストコミュニケーション

眞妃「DVDを見れる場所? そんなの家で見なさいよ」

かぐや「私の部屋にはDVDを再生する器具がないのよ 家のどこかにはあるでしょうけど 柏木さんからこれは一人で見るようにといわれてるの」

眞妃「渚から? だったらノートPCでみたら? 生徒会に備品があるでしょ」

かぐや「やり方が分からないわ」

眞妃「……仕方ないわね」

DVDなんかを見れるようにしてあげている自分にもやもやする眞妃。

眞妃(いずれやり合う相手と仲良くしてどうするの……)

かぐや「そういえば貴女の所の外資部門、フランス銀行との経営統合が上手くいったらしいわね」

眞妃がPCを立ち上げてる間に、雑談をしだしたかぐや。

眞妃「貴女の所の妨害がなければもっと早く纏まっていたのよ? よくもまぁぬけぬけと」

かぐや「だから素直にすごいと言っているのよ 四宮の妨害があってもやり遂げるのだから」

かぐや「これで四条グループも資産だけで言えば四宮グループと肩を並べる程になった…」

かぐや「戦争に、なるのかしらね」

眞妃「いまさらでしょ 四条家は四宮家への恨みでここまで来たのだから」

一瞬の沈黙が二人の間を満たす。

そしてかぐやは、恐らく今日本当に聞きたかったことを口に出した。

かぐや「……眞妃さん 私の事も憎いですか?」

眞妃「当たり前でしょ 言われなきゃ気づかないの?」

文化祭や学園での思い出がよぎる。

かぐや「嫌いですか」

眞妃「嫌いよ」

眞妃「居無くなればいいと ずっと思ってたわよ!」

幼き日に、強く当たってしまったことも思い出す。

かぐや「そうですか ありがとうございます ここからは自分で出来ます」

眞妃「ずっと……思ってた」

眞妃「…」

眞妃「それおもしろい?」

去ろうとするかぐやに、あの日の言葉を投げかける。

かぐや「いっしょにみる?」

あの日のファーストコミュニケーションの続きを。

眞妃「……仕方ないわね!

エロいDVDを見るかぐやと眞妃(どうしてこうなった?)

眞妃「で…なんなのこのDVD

かぐや「なんかその……ちょっと……性教育のDVDだそうです」

顔を真っ赤にしながら、興味津々で画面をのぞき込む二人。

PCからハートが飛び散らかしている。

眞妃「渚なんてものわたしてるの!」

かぐや「眞妃さんお静かに! なにやら男性が奇妙な動作を…」

二人「あーーっ

阿鼻叫喚。

眞妃「えっ! どうなってるの!? 男の背中が邪魔で…!」

かぐや「眞妃さん! 貴女の背中の方が邪魔よ!」

二人「あーーっ!

 

本日の勝敗 両者勝利

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



かぐや様は告らせたいの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

保安官エヴァンスの嘘の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

かぐや様は告らせたい【第158話】の感想・見どころ

この漫画史上、最高に最低な落ち。

煽り文に「一緒に見れて良かったなぁ~」って入れた編集者は頭のネジ外れてると思う。(いい意味で)

今回、四宮家と四条家の確執が明らかになって、資産だけならお互いが拮抗していることも分かりました。

しかし、そんな家の事なんて知るかと言わんばかりに仲良くなる二人。

かぐや様もきっとDVDの下りは方便で、眞妃さんと仲良くしたかったんだと思います。

流石にDVDの再生方法が分からないっていうのは無いでしょうからね。

この二人が両家の未来を変えて、戦争を回避できればいいですね。

まぁ仲良くなり方が特殊だとは思いますがね…。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました