201911月21日発売の週刊ヤングジャンプ51号で、かぐや様は告らせたいの第159話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月21日に発売された週刊ヤングジャンプ51号に掲載!

かぐや様は告らせたいの最新話!第159話のネタバレと感想!

▷前回のかぐや様は告らせたい【第158話】のネタバレはこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

\かぐや様は告らせたいの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

かぐや様は告らせたい【第159話】ネタバレ

前回のあらすじ

かぐや達はHなDVDを観た

以上です

性を意識しだすかぐや

性とは、食と睡眠に並ぶ3大欲求の一つであるにも関わらず、この社会から隠匿される概念である。

アンモラルであろうと下品と言われようとも、恋愛を語る上で避けて通れないのが、性と言うものだ。

この時かぐやは、男女交際を始めるということは、性交渉へのカウントダウンが始まるという事でもあると、強く自覚した。

 

眞妃「い…いっかがっわし! 男女が全裸で…あんな…!!

かぐや「なるほど 私も映像で見るのは初めてでしたが、これがセックスなのですね…」

相手がいるかいないかの差なのか、二人の反応は大分違っていた。

眞妃「ねぇ…そのセッ…を直接言うのやめない? 契るって言い方にしない!?

かぐや「そちらの方がいかがわしい感じがしますが、別に良いですよ」

眞妃は小さな声で、息を荒くしながら性交渉への愚痴をこぼす。

眞妃「おば様も御行といずれこういう事をするんでしょうね」

かぐや「!? なんでここで会長がでてくるのかしら!?

DVDをまじまじと見ていたかぐやだったが、眞妃の口からいきなり会長の名前が出て、驚いてしまう。

眞妃は、かぐやが会長を好いていたことを、1年の秋頃から知っていたらしい。

だから、かぐやが他人を信じない四宮家の人間だと、切り捨てなかったようだ。

眞妃「そんな四宮がくやが、今や好きな男と契る契らないかぁ… まぁ御行はことを焦ったりしないと思うけど」

かぐや「それはわかりません… 男は所詮性欲で生きる生き物って早坂が言ってたもの」

最近かぐやののろけ話で、辟易している早坂は、かぐやにそんなことを言っていたらしい。

眞妃「男は性欲で生きる生き物ね…もし御行に迫られたらどうするの?」

かぐや「…… 嫌われるのが怖い…ただそれだけの理由で、きっと受け入れてしまうと思うわ」

会長に嫌われるという、最悪なビジョンを想像してしまい、そう答えるかぐや。

今のかぐやにとって、好きになった方が負けという言葉は、骨身に染みるものだった。

 

眞妃、生徒会室に乗り込む

眞妃「おい男子ども! そんなに女と契りたいのか!

石上「ちぎ…?」

会長「え? なに?」

翌日、眞妃は会長と石上に会うなり、叫んだ。

眞妃「性欲に任せておば…じゃなくて女を泣かせたら私が許さない!」

会長「え? 女性への無自覚な政策種及びモノ化とかそういうジェンダー論の話?」

眞妃はかぐやの事を思って会長に釘を刺しに来たらしいが、全く伝わっていなかった。

眞妃「とにかく私は迷惑してるの!」

石上「会長ここは僕から…」

間に割って入る石上。

石上「いいですかツンデレ先輩 大抵の男子はドスケベな事が大好きです」

石上「おっぱいやパンツの話でワイワイ盛り上がり、道端にエロ本が落ちてたらとりあえず読んじゃう…それが男です」

眞妃「やはり性欲か…! 女の敵!」

石上「ですが…童貞は意外とセーフティ!!」

眞妃「!?」

突然声高らかに、変な自論を叫ぶ石上であった。

石上「童貞は意外とセーフティ!!」

石上「いいですか? 男っていうのは確かにエロい生き物です 世の中にはただヤりたいだけの男ってのもウジャウジャ居ます」

石上「でもそれほぼ全員非童貞なんですよ

石上「たとえば、初見じゃ躊躇する店も、一度入ったら二回目以降は躊躇なしに入店するようになります」

石上「そして味をしめて、似たような店にもバンバン入店するようになります これがヤリチン発生のメカニズムなんです わかりますか?」

かなりエンジンがかかった発言をする石上だったが、さらにアクセルをべた踏みしていく。

石上「つまるところセックスってのは、酒やタバコとお何故、一度手を染める事で反復性が付くんです!」

石上「だったら一度もセックスした事無い人間がセックス中毒になる!? なりませんよねぇ!?」

会長(相変わらず簡単にかかるエンジンだな)

涙目で叫び散らした石上を、同情のまなざしで見つめる会長。

眞妃「……タバコ吸うと早死にするわよ」

会長「ほら、連続でセックスとか多用するから、四条がオーバーヒートしただろ…」

石上と眞妃が混乱するなか、会長はツッコミ続けるのであった。

 

藤原「惚れた腫れたの話と聞いて!」

石上「まぁそんなわけで、童貞の僕らは性欲よりも契ることの恐怖が圧倒的に勝ってるワケで、比較的安全な生き物なので安心してください」

暴走が終わり、冷静になったところで結論を出した石上。

眞妃も安心したところだったが…。

会長「裏を返せば、非童貞には略奪戦略が仕掛けやすいという事でもある」

眞妃「えっどういう事?」

会長「…古典的な別れさせ屋の手口だよ」

会長の発言で、眞妃の話に飛び火してしまう。

 

藤原「恋バナの匂いは蜜の味! 恋バナセンサー感度良好! ラブ探偵チカ 久々の登場ですよー」

会長たちの話が盛り上がっている時、じゃじゃんと飛び出た藤原書記。

藤原「だれだれ!? 誰が惚れた腫れたなんですかー!?」

眞妃「……私よ 私には好きな人がいるんだけど、その人には既に恋人が居るの」

藤原「あら…」

眞妃「で……皆で今だったら寝取れば?って話してたの」

藤原「なるほどなるほど~~ ?」

眞妃「まず私がカレを性的に誘惑するでしょ? 一夜の過ちだとしてもその証拠を相手の女に見せれば、相手は高確率で破局するでしょ?」

目が死に出す藤原。

会長「自分はそのまましれっと関係を持ち続ければいいわけだし、実際問題効率的な手段なんだよな…モラルを無視すればの話だが…」

石上「僕ならやります 本気の恋なら奪ってでも遂げるべきです 純情ぶってる奴にチャンスは来ません……」

会長&眞妃「どう思う?」

藤原は逃げ出した!

それぞれなんの情報も得なかった!

本日の勝敗

石上「まぁそういう選択肢もあるって話ですよ」

会長「流石に最終手段だけどな」

性とモラルのせめぎ合いに答えなど無いのである。

だが、この件は白銀にとっても、男女交際に性の問題は切り離せないと気付かせる一幕となった。

 

本日の勝敗 藤原の敗北

不倫や浮気の計画に突然巻き込まれるパターンは、割とよくある。

>>かぐや様は告らせたいのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



かぐや様は告らせたいの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

保安官エヴァンスの嘘の最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

かぐや様は告らせたい【第159話】の感想・見どころ

眞妃さん、これヤるな!?

今回はかなりシリアスな話でしたね。

付き合うか付き合わないかという壁を超えると、そこには性交渉という恐ろしい壁が…。

恋愛において、性は切っても切り離せないがゆえに、難しいものなのですね。

……まぁ私は童貞なので、しりませんが。

……あと、かなり不憫な目に遭った藤原書記かわいい。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。