賭博堕天録カイジの第325話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月22日日発売のヤングマガジン34号、最新話!

賭博堕天録カイジ【325話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングマガジンの34号を無料で購入できますよ。

\賭博堕天録カイジの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

前回のあらすじ

最初こそミスはあったものの、次第に手馴れてきたカイジたち。

しかし安心したのもつかの間だった。

銀行でたまたま隣あった中阪の落とした物の中に『帝愛』の返済喚起のチラシを発見。

そしてそのチラシの裏には、なんと3人の顔写真つきで懸賞金をかけ「捜索中」の印刷が!

あいつら…こんなモノを債務者に!

マジか?

賭博堕天録カイジ【第325話】最新話のネタバレと感想!!

気が動転するカイジ

ヤバい!

中阪に背を向け後ろ手にチラシを返すカイジ。

ともかく…

ここ一発凌ごう! 凌ぎきろう!

ちらしの同一人物と… 同一人物と気づかれちゃなんねぇ!

カイジの様子に少し疑問はあるものの、中阪はまだ気づいていない。

このまま このまま

目立った動きをせず静かに…

早く立ち去りたい一心で書類を書く。

 

「はい」

「ありがとうございます

ではお預かりの現金 機械で数えますので 少々お時間を頂きます」

(くっ! かかるんだよな これがけっこう!)

「通帳が出来ましたら こちらの番号でお呼びしますので

しばらくお待ちください」

番号札を渡され受付カウンターを離れるも足取りはフラフラだ。

 

この時 カイジ 突然の危機に ややパニック

頭のまわらぬ放心状態

目立ちたくない… という気持ちのみにとらわれ

うっかり

元居た席に そのまま戻る……という 愚行!

だってそこは 問題の中阪氏が

口座開設申し込み書 その記入が終わった時

自然な流れで座ってくる席!

 

考える人の謎の行動

え? わわっ!

なんで隣に?

あ? いや戻ってきただけか…

 

チラリとカイジを見る中阪。

 

ヤバイ ヤバイ 注目してる

なんかこのおっさんオレに 興味持っちゃってる!

今さら席を移動しなかったことを後悔するカイジ。

くぅ~~っ!

バカか?オレは バカ過ぎる!

 

そのときあることに気づき、顔に手を当てた。

 

あ…やっぱり!

傷 出ちゃってる! マスクから!

 

ヤバイ! ヤバイ! ヤバイ!

どうする? どうしたらいい?

移るか? 今からでもどこかへ いやでも……

それも感じ悪い…っていうか 目立つ…っていうか

でも 今のオレ 今のオレ なんか

 

なってね? ロダンの『考える人』みたいに!

 

目立ってね? これはこれで…! ううう!

 

名案が浮かばずぐるぐると考えが堂々巡りなカイジがとった行動は…

 

せめて せめて こっち側

傷の見えない側に 移動!

 

中阪の隣へ。

 

カイジ 地味に謎の行動

完全に混乱 瞑想 錯乱

この微調整は明らかに変!

 

あまりのおかしさに、中阪はカイジを凝視している。

 

ううっ! 見るなよ……!

 

中阪の様子をチラリと伺うカイジ。

 

あ! ヤバイ! 何か思い出そう…としてる

どこかで見た顔なんだけどなーーーって顔してる!

マズイ マズイ どうする?

帰るか?

いやいや いくらなんでもそれはない!

2000万渡しておいて消えるなんて 異常すぎる!

そんなことしたら銀行からも怪しまれるし

でも このままじゃ

たぶん時間の問題

遠からず このおっさん気がつく

あの「ちらし」の顔って

 

しかしそこにカイジにとって救いの声が…

問題発生

「お客様 中阪様」

受付から声をかけられ、中阪は考えるのをやめ返事をした。

「あ はい」

「少しよろしいですか?」

「は?」

 

おお!

しめた! なんか知らんけど いいぞ! これ!

窮地から脱しテンションの上がるカイジ。

 

「先ほどの口座開設申し込み書の記入で キャッシュカードの送付先が

免許証の住所と違う番地になっていますが」

「ああ オレ…今 免許のところに住んでないんだわ

だからカードは 記入した住所に送って下さい」

 

「中阪様申しわけございません それ 出来ないんです

身分証明書に記載されている住所にしか カードを送れない規則でして

 

「え?」

 

フリーズする中阪。

カードが免許の住所に送られてしまえば、元嫁に今回のことがすべてバレてしまう。

 

「いやいやいや それは困る なんとか記入した住所に送付してよ!

しかし受付の女性銀行員はにっこり微笑み頭を深々と下げこう言った。

 

「申しわけございません中阪様」

「あ~~~! ちょっと ちょっと いいだろ!それくらい」

 

ひょお~~~~!

2人の平行線のやり取りにさらにテンションの上がるカイジ。

 

「申しわけございません 規則ですので 申しわけございません」

かぁ~~~っ! 規則ってなんだよ!」

 

バーカ 規則は規則だよ! 守れよ中阪!

いいぞいいぞ もめろもめろ

もっともめろ!

 

自分から目がそれたのをいいことに、中阪のピンチを内心喜ぶカイジであった。

賭博堕天録カイジの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

賭博堕天録カイジの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングマガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orヤングマガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングマガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「賭博堕天録カイジ」を今すぐ無料で読む!

賭博堕天録カイジ【第325話】の感想と考察

カイジ焦りすぎですね。

そんなに分かりやすく動揺したら、何も疑問に思っていない人でも見てしまいますよ。

他人は他人にそんなに興味はありませんが、後ろめたさがあると過剰に気になってしまうのでしょう。

そんな状況でもロダンの「考える人」なんて言い出すあたりが、やはり普通とは感覚のズレたカイジといったところでしょうか。

 

しかし、中阪もこれは必死になりますよね。

カイジにとってはラッキーでしたが、今度は中阪にとって死活問題が発生しましたね。

どうやっても口座は作れない状況でどう決着がつくのか!?

またカイジは無事銀行から脱出できるのか??

次回も楽しみです!