賭博堕天録カイジの第332話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年9月21日日発売のヤングマガジン43号、最新話!

賭博堕天録カイジ【332話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>賭博堕天録カイジのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスでヤングマガジンの42号を無料で購入できますよ。

\賭博堕天録カイジの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

前回のあらすじ

現金を『金』に替えていると読んだ遠藤。

しかし『金』1kgの値段は130万円になるものの、重さが紙幣の7.7倍になると気づいた。

仮に半分の12億を替えたとして、一人頭308kg…とても現実的とは思えない。

やはり現金の圧縮化は通帳だと踏むが、未だ債務者からの目撃情報はデマばかりで、有力な情報は得られていなかった。

 

落ち着け!

もう一度 あらゆる先入観 思い込みをなくし まっさらになって

現状を整理しよう

 

まず第一に、移動手段。

クソ重いキャリーを引いての全国行脚。

これは現実的にに考えてありえない。

さらに大金を手にしているカイジたちは、なんとかクルマを入手できるのではないか?

 

『沼』の

最後の軍資金を 出すことになった! スル…と 心に入られた!

そう そうなんだよ!

奴は けっこう人たらしなんだよ 不器用に見えて…!

 

遠藤はクルマ移動を確信する。

ここで金の管理の問題も解決する。

そして第二に、宿泊場所。

債務者たちが出入りするような場所では目撃情報はない。

 

テント? 公園野宿?

う~~~~~~~~~ん

 

答えの見えてこない謎。

その時、外からクラクションの音が聞こえた。

何度も何度も繰り返されるクラクションに苛立つ遠藤。

 

なんだ? どこのガキだ?

ここ3~4日 オレは特別に 虫の居所が悪いんだ

今はどこまでも大人げなくなれる心境……!

 

殺すぞ! こらっ!

と目をやったその先には…

 

 

え?

 

え?

 

え? え? え? 

え?

 

帝愛 NO.2 黒崎GM!

 

賭博堕天録カイジ【第332話】最新話のネタバレ考察・予想

ここまでのカイジたち

不自然ではない程度の変装をし、預金通帳を作りに銀行を訪れたカイジ。

緊張感漂う中、預金額の多さに2階へ案内され内心パニックになったりもしたが、回数をこなすうちに次第に落ち着き、3人は手分けして預金に励んでいた。

そんな中、銀行に給与振り込みの通帳を作りに来ていた、帝愛債務者の中阪に遭遇する。

受付で一悶着あり慌てた中阪は、財布の中身をバラまいてしまう。

拾うのを手伝うカイジだが、その中に、自分たちの顔写真付きの指名手配のチラシが含まれていることに気付く。

まだ中阪は気付いていない…。

なんとかこの場を切り抜けようと焦ったカイジは、その焦りがアダとなり、中阪に身バレ。

この中阪が帝愛に通報し、万事休す。

しかし、

カイジたちが帝愛の包囲網に引っかかることはなかった。

キャンピングカーで移動していることを、遠藤たちは全く予測できていなかったのだ。

見事に追っ手を逃れたカイジたち。

ここで預金はストップすると思いきや、方法を変え、預金活動に勤しんでいた。

その方法は、かつて通されそうになった2階へ行くこと。

ここには帝愛債務者のような者は踏み入れることはない。

順風満帆な預金ライフを過ごしていた。

 

一方、帝愛の遠藤たちは…?

中阪の一報から、銀行だけでなく、宿泊施設、コインロッカー、銀行の最寄り駅と両隣を瞬く間に包囲した遠藤たち帝愛捜査本部。

これでカイジたちを捕獲できると、自信満々の遠藤だったが、カイジたちがその網に引っかかることはなかった。

悩む遠藤。

そこで次は、カイジたちが現れるであろう銀行を、債務者たちを使って張らせる作戦を立てた。

以前作ったチラシは捕獲者に報酬を与えるもの。

しかし今度は、通報はさせるものの、そっと気づかれずに見晴らせ、帝愛の者を待つというもの。報酬は通報者に与えられる。

このチラシの効果は絶大で、電話がひっきりなしに架かってくる状態に!

全国から!!

そう、カイジたちを発見した報酬に目がくらんだ債務者たちは、一先ず少しでも怪しければ即電話。

債務者たちにデメリットが何も無いために、電話しない手はなかったのだ。

再び苦悩する遠藤。

一度まっさらに考え直し、クルマを使っての移動だとまでは突き止めたものの、宿泊地でまた壁に当たってしまい、正解が導き出せない。

イライライが募る中、外からしつこくクラクションを鳴らす音が。

外を覗く遠藤が目にしたもの。

それは帝愛No.2、黒崎GMの姿であった。

 

>>賭博堕天録カイジのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



賭博堕天録カイジの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

賭博堕天録カイジの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングマガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングマガジン1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻orヤングマガジン4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングマガジン1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「賭博堕天録カイジ」を今すぐ無料で読む!

賭博堕天録カイジ【第332話】のまとめ

ここまではだいぶリードしているカイジたち。

着々と現金の圧縮化を進めています。

遠藤率いる帝愛捜査本部は、正解に近づいてはいるものの、未だカイジたちのしっぽすら掴めていませんね。

足取りを掴めずもがく中、あの人…黒崎が遠藤たちの元へ……

これはいったい何を意味するのか…

状況は一転し、カイジたちがピンチになる恐れあり!

遠藤の読みも、以前よりだいぶ確信に迫っています。

もしかしたら、そうすぐそこに、再び帝愛の魔の手がカイジたちに届こうとしているのかもしれません。

次回の展開も見逃せません!!