漫画「彼女、お借りします」【第120話】を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年12月11日発売の少年マガジン2.3号、最新話!

彼女、お借りします【第120話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>彼女お借りしますのネタバレ一覧はこちら!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで少年マガジンを無料で購入できますよ。

\彼女、お借りしますの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

彼女お借りしますの前回のあらすじ

クラファン関係者が203に全員集合!

八重森さんの分析結果と、落ちた勢いを復興させる起死回生の作戦が告げられました!!

ビラ配り、返礼品の充実、経過報告。地道でもやっていくしかない!

これが203作戦です!!!!!

【墨】

映画プロジェクト大佳境の中、和也を案じる少女が一人・・・

墨です。

最後の和也とのデートが今も頭に残っていた墨。

父と食事に行く約束を取り付けているその瞬間ですら、

墨は和也を思い浮かべていました・・

【東京砂漠!!ビラ配り困難!?】

今日は和也一人でビラ配りを一人でする日です。

しかし流石東京砂漠・・・

誰一人貰ってはくれません。

まるでだれの目にも和也がはいっていないかのようです。

昨日はあんなに調子がよかったのに・・・

ルカがいたときはもう一枚欲しいと言ってくる青年がいたほどうまくいっていました。

圧倒的性差、そりゃあ誰でも可愛い女の子からもらいたいでしょうが・・・

それにしてもあんまりだと和也は嘆きます。

カラーコピー500枚で37×500で18500円・・・

白黒ならもっと安いけれど、やはり水原の魅力をつたえるには必要な経費になります。

もう少しでバイト代が入りますが、これで残高も壊滅的・・・

できてあと1回か2回・・・

弱気になってはいけないと思うも、やはりこのままでは50枚も配れるのか・・・

その時、視界に一人の少女が飛び込んできました。

【墨との再会】

墨がそこには立っていました!!

驚愕する和也に照れる墨

なぜここにいるのかと尋ねると、どうやら父とこれから食事に行くようです。

ジッと見つめる和也がもつチラシ。

不審そうな墨にそれもそうかと和也は納得します。

こんな道端で再開して、しかも相手が謎のビラを配っていたら・・・

そこでじつは肝心のクラファンがぴんちなことを説明します。

すると墨は心配をして大丈夫なのかと尋ねました。

和也

「ありがとう、平気。

それに不思議なんだ・・・

何度疲れて地面にケツついてもまるで彼女にひっぱらているみたいに

ケツがあがって・・・

水原のためなら、何度でも頑張ろうって思えるっていうか・・・

そんな和也の頑張る姿を見た墨は父に先に食事をしているようにメッセージを送りました。

 

めげずにチラシをくばるも捨てられているチラシが目に入る和也・・

悔しさと悲しみがこみあげます・・

しかしふと視線をずらすと段ボール箱のチラシをあさる墨の姿が・・・!?

【墨の協力】

予定を捨ててチラシ配りの協力をしたいという墨

「よろしく・・・お願いします・・・!!!」

ただでさえ人見知りなのに一生懸命和也たちのために協力してくれる墨

そんな姿をみた和也も再び声をはらせてくばることを再開!

【返礼品】

水原

「別にそんな・・・大したものはないと思うけど・・・」

水原の家に八重森は集合すると、水原と共に返礼品探しを始めました!!!

>>彼女お借りしますのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



彼女、お借りしますの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

彼女、お借りしますの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「彼女、お借りします」を今すぐ無料で読む!

彼女お借りします【第120話】考察・感想

ここにきて墨の協力が!!!

人見知りな墨が勇気をだして、さらにはお父さんとの食事の約束を送らせてまで、
一生懸命協力をしてくれる・・・

本当に素敵な女の子だなあとしみじみ思いました。

それにしても目の前でチラシをすてていくなんてひどいですよね!!

けれど街中を歩いていると確かにちょっと鬱陶しいなとチラシ配りの人には思っていたかも・・・

優しい心を持とうと今回思いました・・・・。