2019年9月26日発売のヤングジャンプ43号で、彼女の野生が手に負えないの第15話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20199月26日に発売された週刊ヤングジャンプ43号に掲載!

彼女の野生が手に負えない最新話!第15話「さばいさんVSむらさき」のネタバレと感想!

▷前回の彼女の野生が手に負えない【第14話】のネタバレはこちら!

>>彼女の野生が手に負えないのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\彼女の野生が手に負えないの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回までのあらすじ

林間学校当日。

場所についた小平たち。

なぜか姿の見えないむらさきとさばいを探すと、

二人は争っているようでした。

「さぁ、やれよ春子…!!!」というむらさきにまたがってナイフを構えるさばい。

果たして…?

彼女の野生が手に負えない第15話「さばいさんVS調理実習」のネタバレ

「二人ともなんで…!?」と、状況が理解できない小平。

時は戻って30分前。

 

「林間学校1日目は皆で山登りだ。各クラスごとに山頂を目指してもらう」

「今からするガイドさんの説明をよく聞くように」

という先生。

 

「はい!今回ね、登る山はですね、ええ!標高が高いわけではありませんが!」と、ガイドは話を始めます。

すごく癖のある話し方のガイドのようで、皆ちょっと苦笑いしています。

 

そうして登山がはじまりますが、早速さばいは列からとびでるのでした。

あぁ!あんなところにタラの芽が!!」と目を輝かせているさばい。

 

「さっそく列からでてんじゃねえ!」とつっこむむらさき。

しかしさばいは止まらず、どんどん進んでいってしまいます。

 

「まぁあいつならほっといても大丈夫だろ」という先生。

「いやあんたはそれいっちゃだめだろ!」と小平はつっこみます。

 

「つーかロープウエイとかないのか」といっている先生は頼りにならないと判断したむらさきは、さばいを追いかけるのでした。

 

「はーやっぱり落ち着きますねー!!」と、山の中で空気を楽しんでいるさばい。

「おい!突っ走りすぎだ。早く戻るぞみんな待ってる!」というむらさき。

 

「むぅ、せっかくサバイバルにきたのにただ登るだけじゃ面白みが…」というさばいに「登山だ!あたしらがしにきたのは」というむらさき。

 

「あ、ちょっと待ってください、頭に…」というさばいはむらさきの頭に蜘蛛が乗っていることに気づきます。

 

ぎゃあああああ!と叫ぶむらさき。

 

くっ!こうなったら!!」といってさばいはナイフをとってむらさきに跨ります。

そして、蜘蛛を突き刺しむらさきを救うのでした。

 

これが、30分前の出来事だったようです。

つまり、むらさきとさばいが喧嘩しているなんてことは全くなかったようですね。

 

「なるほど、そんなことがあったんだね」とほっとする小平。

すまねえ、虫だけは昔からダメなんだ」とむらさき。

 

とりあえず皆のところへ戻ろう、という小平。

しかし、どこに皆がいるか全くわからず、さばいははぐれましたね、と言います。

 

山で遭難して戻る方向がわからない場合、まずは稜線を目指すのが普通だとさばいは言います。

 

登っていくほうが安心ということですね。

途中で登山道に戻れれば幸いですし、稜線にたどり着けばそこから山頂にも到達できるからですね。

 

「なるほど、さすがさばいさん…」と頼りになるさばいに言う小平。

 

はぁはぁ、と苦しそうに息をする小平。

「ひろがしんどそうだ、少しペース落とそうぜ」というむらさきに「そうですね体力を消耗しすぎると後に響きます」というさばい。

 

ぼくなら大丈夫だから!」と無理をする小平。

そんな小平を見て心配そうにするむらさき。

 

稜線についた、というさばいですが振り返ってみるとなんとむらさきと小平はいませんでした。

 

一方でむらさきたちは…?

 

「こりゃぁ山頂についたのか…?」というむらさき。

どうやら、そこには他の生徒もいたようです。

 

こうして、さばいだけがはぐれてしまったようですね。

途中で運良く登山道にでれたからな」というむらさき。

 

しかし、さばいがまだ来ていないことを確認すると焦る小平たち。

「もしかしてぼくらを探しているのかも!?」と小平は山に戻ろうとします。

 

一方でさばいは、小平とむらさきを探していました。

「まずいですね、このままだと夜になってしまいます…山に慣れていない二人にとって夜の危険度は昼とは比べ物になりません」というさばい。

 

小平もまた、探そうと急いでいます。

しかし、「よく考えてみろよひろ、ここにはガイドもいるし、それに春子はサバイバルのプロなんだろ?」というむらさきは小平の手を引きます。

 

「大丈夫だって…、ほっといてもすぐにくるだろ」というむらさきは複雑な表情を見せます。

あやみとの会話を思い出すむらさき。

違う、これはそんなんじゃない、きっと大丈夫だ、あいつなら…

と、どこかでさばいのことを邪魔に思ってしまっている自分がいることを認められずにいるむらさきでした。

 

そして山の天気は、雷雨になりそうでした。

スポンサードリンク



彼女の野生が手に負えないの最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

彼女の野生が手に負えないの最新話が連載されているヤングジャンプは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT ヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD ヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp ヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

彼女の野生が手に負えない最新話!第15話「さばいさんVS調理実習」の感想・見どころ

今回の話では、やはりむらさきとさばいの一悶着はなかったことが描かれていました、予想通りですね。

とはいえ、それ以上に問題がでてきそうで、この後の展開も楽しみです。

はじめてさばいがピンチに陥るところかもしれませんが、彼女ならきっと乗り越えてくれるでしょう。

次回も楽しみです!