「帰還者の魔法は特別です」第69話を読みましたのでネタバレを紹介します。

商人のロマンティカがきたことで、路上生活者の食料問題を解決に導けたデジールたち。

一方でビルヘルムは、路上生活者がゴットハイムから大半がきているとこを知った。

そしてそこでは、謎の失踪事件が起きていた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第69話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

解決策を探すためにもらった時間は残り一日。

「また随分と雪が積もったな」

デジールが建物の外に出た。

「リリカ?」

外にはリリカが一人で雪ダルマを作っていた。

「何してるんだ?」

「お友達を作ってるの」

「友達?」

「うんっ!雪だるまはリリカのお友達なの!」

じゃーんと手を伸ばして笑うリリカ。

デジールは悲しい顔をして、少女を見た。

「そんな目で見ないでよ!ホントにお友達なんだよ!こっちに来る前に仲良くしてた故郷のお友達!」

「あー想像の中の友達じゃなくて?」

腰を低くして、リリカと同じ高さにするデジール。

「前にお兄ちゃんにあげたカルロスも、本当のお友達だったの。おばけがつれてっちゃって、お別れの挨拶ができなかったけど

おばけ?」

戸惑い気味のデジール。

そんな彼の背後から。

「一人で出歩いてる人を捕まえ、生きたまま皮を剥がしてたべるっていうバケモノのこと?」

「あっお金持ちのお姉ちゃん!」

そこにはロマンティカがいた。

「ちょっと!そんな呼び方しないでよ!正しくは大金持ちのお姉ちゃんよ!」

変なところを気にする彼女にデジールはあきれていた。

「お姉ちゃん、おばけのこと知ってるの?」

「こっちではまだ噂が広がってないみたいだけど、私は聖都から近いところにいたからね」

「リリカって聖都から来たのか?」

「うんっ。そうだよ。路上生活者地区にいる人たちは、みんな聖都から来たんだよ!」

「えっ!?みんな聖都から!?」

気づいていなかったデジールは、ロマンティカとリリカの顔を見る。

「あんたホントに何も知らないのね」

(俺はバカか!大切なことを見逃していた!問題を解決するためには、原因を調べる必要があるというのに!)

デジールは、手を顔に持っていき考えていた。

「お兄ちゃんどうしたの?」

「ほっときゃいいのよ」

「ロマンティカ!その話詳しく聞かせてくれ」

帰還者の魔法は特別です【第69話】のネタバレ

-解決策-

翌日。

「うむ全員集まったようだ」

ビルヘルムの元にデジールたちをはじめ、エユランたちも集まっていた。

「話をはじめる前に、ロマンティカ商団主に感謝する。君のお陰で我が領の食料問題を解決することができた」

「とんでもございません。領主様」

ペコッと頭を下げたロマンティカ。

「およろこびになるのはまだ早いです。治安という重大な問題が残っております。領主様!」

全部を解決していないため、エユランはまだ反抗的にしている。

「その通りだ。デジール。
約束した二日が過ぎたが、何か方法は見つかったか?」

ビルヘルムの問いかけに、彼は一歩でて答えた。

「はい。路上生活者を追い出し、これ以上受け入れないのも一つの方法ではあります。路上生活者の受け入れの義務はありませんので。
そうすると今起きている問題を解決することはできますが、路上生活者の数がへることはありません。根本的な解決には至らないのです。無責任さを露にするだけです」

デジールはチラッとエユランを見た。

彼女はプルプルと震えていた。

そしてデジールの口元はニコッと笑った。

「路上生活者問題を根本的に解決できる方法を考えて参りました。どうして路上生活者がふえているかご存知ですか?」

「聖都で起きていることが原因であろう」

デジールの問いに答えるビルヘルム。

「その通りです。浮浪者の大半は聖都の暴政から逃れようとここに来ました。問題はその暴政がいつかここ、エバナーテン領にまで影響をきたす恐れがあることです」

(めちゃくちゃになっていく聖国の首都。彼らは影の世界という重大な問題から、宗教上の理由で目をさらし続けてきた。
この事態の果てに待ち受けているのは滅亡)

彼が以前の世界に陥った理由の一つ。

(聖国は影の世界の一級により滅亡してしまう。少数の生存者がアルテミス教を守り続けたことで、残骸が微かに残っているのみだ。
一緒に戦った仲間のプリシーラもまたその一人で、かつて最も大きかった大国の没落を悲しんでいた

デジールは思い返していた。

「このままではいつか大きな問題ぶつかることになります。ですので路上生活者が増える原因である。よじれた理想を押しつける聖国を、変えなければなりません!」

ビルヘルムに向ってビシッと言い切ったデジール。

「期待して聞いていれば聖国を変える?呆れました!!」

黙って聞いていた神父が意見をした。

「領主様。このようなバカげた意見は

-ダンッ

神父が喋っているなか、アゼストが音を立てた。

両サイドのロマンティカとプラムでさえ、ビクッとしていた。

「ななんだ?」

「お静かに領主様とデジールの話が、まだ終わっておりません。神父様」

冷たい眼差しでアゼストが神父に言った。

彼が黙ったあと、ビルヘルムがデジールに問いかける。

「デジール。君は私に反乱を起こせと言っているのか?」

そう問いかける彼の圧は、その場の誰もが恐れた。

「一つ聞こう。君が私が誰なのか知っているはずだ」

「はい、エバナーテンを率いる領主様です」

「今の私ではなく、かつての私の事を聞いている」

彼の話口調に違和感を感じたデジール。

何かがおかしい。声は怒ってない)

「私は聖国にこの命とじんせいを捧げた。そんな私に反乱を起こせというのか?」

 

-剣を握っていた理由-

(領主様は何が問題なのか知ってるんだ!それなのに行動に移すことができなかっただけ。それなら俺がすべきことは

デジールはギュッと手を握った。

「私も一つお聞きしていいですか。領主様は聖国のためだけに剣を握られたのですか?他にも理由があったはずです。思い返してください。
枢機卿ベルヘルム・エバナーテンが、剣を守ろうとしたものがなんなのかを!」

 

 

……ルム!ビルヘルム!ビルヘルム!!」

「んっ?んぐっ」

眠っていたビルヘルムが起きた。

「寝るなら帰って寝ろ!もう店を閉めるぞ!」

あぁもうそんな時間か」

「ほら水!」

「すまない」

ジェフランが店を片付けながら話す。

「こんな酒が好きな枢機卿ははじめて見る。何事もほどほどにしろよ。
聞くところによると今回の審判も、この間の戦争も先頭きって戦う必要なかったらしいな。どうして自分から苦労を買うんだよ?」

そんなジェフランの問いに、ビルヘルムは持っていたコップを見る。

「どうしてってそれは……

コップの中の揺れる水を見て、笑った彼は。

「この水一杯のためだ。高いブドウ酒などではなく水一杯を百姓たちがいくらでも飲めるように!」

 

 

その頃をを思い出したビルヘルム。

(あぁそうだった。私の信念みなのために

「私は剣を握ったのだ」

そう言ったのだ。

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第69話】感想

デジールさんは知ってる様で知らないこともあるんですね。

リリカちゃんが聖都から来たとか、路上生活者の大半がそうだとか

でもそこから解決策を考えるのは、すごいことですね!!

 

集まった神父は、エユラン派なのでしょうね。

神父が意見しようとし時「そんな意見通らないよ」と思ってしまいましたね。

クエストをクリアするためとはいえ、デジールさんたちはきちんと考えてるのに、かのj達は全く考えていないことに腹が立ちます。

 

デジールさんは上手く領主様を動かせそうですね!

領主様は自分のためじゃなく、百姓のために剣を握っていた。

素晴らしいお方ですね。

それを思い出して、聖都に反乱を起こしてほしいです!