「帰還者の魔法は特別です」第18話を読みましたのでネタバレを紹介します。

プラムは父親が誰なのかを知らない。

それは彼が私生子だからだ。

唯一残してくれた細剣を鑑定したら、ただの安物の鉄剣だった。

怒りと悲しみで涙を流しているプラム。

デジールは彼の痛みを和らげたいと考えていた。

その時、あの鉄剣をどこかで見たことを思い出した。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第18話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

「プラム!プラム!プラムここか!?」

デジールはドアを勢いよく開けた。

「はい?こここです!」

そこにいたプラムは驚いていた。

そんなことは関係なく、デジールはプラムに言う。

「プラム。昨日の細剣もっかい見せてもらえない?」

どうしてですか?」

明らかにシュンッとしたプラム。

「あの剣のことはもう話したくありません」

「嫌な頼みだって分かってる。だけど俺を信じて見せてくれ。頼む!」

……。すいませんが、お見せできません

「少しだけでいいんだ。あともう一度だけ

プラムは視線を外している。

そして驚くことを言った。

もうお見せすることができないんです。あの剣売っちゃいました」

 

帰還者の魔法は特別です【第18話】のネタバレ

-剣のある場所-

 

ヘブリオン学園の商業区域にデジールとプラムはきていた。

(ここに来るのはいつぶりだっけ。

時間が巻き戻る前、よく買い物しに来てたんだよな

ガヤガヤと賑わう商業区域を見て、微笑ましく思うデジール。

「こちらです。ここをずっと行けばその店があります」

「!」

(この道ははじめてだ

そこは路地裏にでも繋がっていそうな道だった。

 

ウズルの骨董品店

心変わりによる返金不可。商品不良による返金不可。どんな場合も返金不可

そう書かれたお店の前に立ち止った。

(金への執着が半端なさそうだな。返金する気なしか)

「デジール様。もう一度言いますが僕はもうあの剣を握りたくありません。絶対に」

扉を開ける前にプラムは念を押した。

(つきあたありに出たけど、今度は鉄門か

防犯対策が徹底してある)

-コンッコンッ

デジールは扉をノックする。

門が開くとそこには大きな男が

(野蛮人まで

「入れお客。こっち」

「どうも」

デジールとプラムは門の中に入った。

「盗人てはなさそうだ。いらっしゃい。悪いね、この辺りには、盗人がうじゃうじゃしてるもんで。

店主のウズルだ」

ウズルはパイプをふかしている。

デジールの後ろのプラムに声をかける。

「おっ?そっちの僕はこの間うちに来てただろう?」

「はい

そしてデジールたちに尋ねた。

「それで用件は?」

 

-剣の価値-

 

「物を売りに来たのか?」

「その反対です。この子が売ったものを見に来ました」

それを聞いて、ウズルはムスッとした。

「返金はできないと入り口にかいてあるが?」

「返金ではなく、買い取りたいんです」

デジールは笑って答えた。

「「HAHAHAHAHAHA」」

ウズルとデジールが笑って、妙な空気が出来た。

「最初からそう言ってえくれりゃいいものを。

これだ。錆だらけの鉄剣。ところがこれは剣じゃないようだ」

ウズルはため息をつく。

「細剣にしては大きく軽すぎる。

こんな大きいのは見たことがないが、これは剣ではなくケムヴィーンだな。

貴族が恋人に物を贈る時に使う箱のようなものだ。

買うのだろ?」

「はい」

「40シルバー」

ウズルは商売をする顔になった。

金額を聞いて、プラムは大きな声をだした。

「待ってください!ケムヴィーンだなんて聞いてません!

それに僕には、90ブロンズしかくれなかったじゃないですか!」

くってかかろうとするプラムをデジールはとめる。

「剣の鑑定をしてくれと言ってきたから、剣としての価値を伝えたまでだ。

剣として見れば、安物の鉄剣だからな」

プラムたちの方を見ずに、ウズルはため息を吐きながら言った。

その態度にプラムは再度大きな声を出した。

「この詐欺師!よくもだましたな!」

「ストップ」

「デジールさん!」

そんなプラムをデジールは止める。

「まけてやって40シルバーだぞ。

開け方さえわかれば、80シルバーはもらうんだが、どうする?買うのか?」

ウズルはパイプを向けて問いかける。

-チャリンチャリンッ

「買おうじゃん」

デジールは怒った表情で、机にお金を落した。

「ほぉー?金があるんだな?

こんなことなら、もっと高価をつけときゃよかった」

「これ以上の値段だったら、買えるわけないだろ」

「ハハハッ!!」

「ほらプラム」

デジールは剣をプラムに渡す。

でも僕、使いたくありません」

「いいから一度握ってみて。

柄のある溝、そこに爪をかけ引っ張るんだ」

「溝ですか?これ?」

柄にある溝を見つけたプラムはそこに爪をひっかけた。

-カタッ

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第18話】感想

デジールさんは剣がケムヴィーンだと気付いたのですね。

それの確認のために見たかったのもあると思いますが。

 

それにしてもプラムさんはどこでウズルの店を知ったのでしょうね。

そんなところに売らなければ、無駄なお金を払わずに済んだのに

ウズルさんがケムヴィーンだと知ってて買い取ったことに。デジールさんは怒っていたのでしょうか。

 

プラムさんの父親は母親に何か贈り物をしていた箱ってことで、何があるのでしょう。

そして剣があるという事は、父親は母親を愛していたのですね。

プラムさんも父親を憎まなくなるといいのですが