「帰還者の魔法は特別です」第28話を読みましたのでネタバレを紹介します。

ロマンティカとプラムはアルファの2人を、2人で協力して倒すことができた。

そしてそれをデジールが草むらから見ていた。

二人の闘いを見て、彼は彼女たちをほめた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第28話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>帰還者の魔法は特別ですのネタバレ一覧!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

-ダーンッ

「くふっ!」

「俺も別におまえが憎いわけじゃない。恨むなら己の運のなさを恨むことだ」

男はそう言って、アルファの1人を倒して立ち去った。

”1名が脱落しました。残りの人数は24名です

 

「また誰か脱落した。それよりデジールその作戦っていうの、私たちにも聞かせてくれない?」

座って休憩していたデジールたち。

そしてデジールは彼女らに自分の作戦を話しだした

帰還者の魔法は特別です【第28話】のネタバレ

-デジールの作戦-

 

「俺たちがアルファクラスに進級する方法は二つ。

一つ目は影の世界のクエストをクリアして一位になること。二つ目は最後まで生き残った9人の中に入ること」

進級する方法を聞いたロマンティカは聞き返す。

「一つ目は不可能なんでしょ?」

「うん。俺たちの戦力じゃ到底無理。クエストを進めながら他のパーティを倒さないといけないし」

そう言われ、ロマンティカとプラムは納得する。

「だけど二つ目の方法なら可能性はある」

デジールは落ちていた枝でじめに絵を描く。

1位になれなくても9位以内にさえ入ればいいから。これからは他のパーティも本気を出してくるはずだ。

残り24人だから他のパーティ同士で戦ってる間に15人を脱落させよう一つ目の方法よりは簡単だろ?」

枝をビシッと出しデジールは笑っている。

「そうですね!」

返事をしながらプラムも枝で3人の似顔絵をかいていた。

それに気がついたロマンティカ。

「プッ!」

-ポツッ

その時空からは大量の雨が

「キャーッ!雨!」

「あの木の下に行きましょう!」

 

木の下で固まる3人。

「しばらくはやみそうにない

「これじゃ戦えないじゃん。どうする?」

「もう少しここにいましょうよ」

デジールに甘えるよにしがみついているプラム。

「ハハハッ。そうしようか」

(アルファクラスもいるのに9位を目指すなんて私一人だったら考えもしなかったはず。もしあのとき、ホントのことを隠してドネータの誘いにのっていたら

今頃私は平民だってことがバレて

「ロマンティカ」

1人考え込んでしまっていたロマンティカにデジールは声をかけた。

頭に手を添えて。

「心配するな。これまで通りやれば大丈夫だって。それにもし危険な状況に陥っても俺がついているから」

(まじで変な奴このパーティ)

ロマンティカの口元は笑っていた。

「頭触んないでって言ってんでしょ!!」

「はいはい。ごめんごめん」

「へへっ。いつものロマンティカさんが戻ってきました!」

(めちゃくちゃ好き)

 

-悪魔-

 

-デーンッ デーンッ デーンッ

時計塔の鐘が鳴った。

「もうそんな時間!?」

「そんな時間って?」

鐘が鳴ったことでデジールは驚く。

あなたの知識が役に立つことでしょう。プリビウスの時計塔が設置されています。

この時計塔は一時間ごとに一匹の悪魔を生み出す。高度魔法装置です。

新しいクエストが発生しました

「クエスト?」

この森には悪魔が住んでいます。悪魔の襲撃から生還してください。

悪魔を倒すまでクエストは終わりません

「キャアアア」

「ななに?悲鳴!?」

放送が終わってすぐに悲鳴が聞こえた。

「二人とも下がってて」

そう言ってデジールは木の下から出た。

……?」

少しして木の下にいた2人は鼻を塞いだ。

「うっ何このニオイ!?」

「くさっ!」

「デジール!なにが起きてるの!?」

「!!」

-ボコッ

その時、デジールの目の前の地面が膨らんだ。

「来る。二人ともかまえろ!」

-バシュ

「キエエエッ」

「ネズミ!?」

地面からはネズミが出てきたのだ。

二人はそれを見てデジールの背中に近づく。

「ままたネズミぃぃ!?」

「デジールさん!このネズミデカすぎます!!」

ネズミは彼らを見て大きく鳴いた。

「ジィッ」

「うわっ!バケネズミがキレてる!!」

「デジールさん、助けてください

1人冷静だったデジールは慌てだした。

「クソッ!出遅れた!二人とも走るんだ!早く!」

「イヤァァァッ!!」

すぐに走り出した2人。

「来るぞ!大群が!!」

-ダダダダダッ

ネズミの後ろからは大量のネズミが来ていた。

>>帰還者の魔法は特別ですのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第28話】感想

ネズミが悪魔ってことでしょうか?

それにしても大量にいすぎです。

デジールさんたちは場所が悪かったのでしょう。

放送のすぐ後に、ネズミに遭遇しているのですから。

デジールさんの作戦の前に、ネズミにやられてしまったら意味がありませんね。

鐘が鳴る前にデジールさんは移動したかったのでしょうか。

時間に驚いていましたから。

 

デジールさんの作戦はうまくいくのでしょうか。

そして大群のネズミから逃げきることができるでしょうか。