「帰還者の魔法は特別です」第31話を読みましたのでネタバレを紹介します。

キルドラマウスを倒したデジールたち。

そして最終クエスト開かれた。

それは時計塔を停止させること。

デジールたちを含む生存者たちは時計塔に向っていく。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第31話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>帰還者の魔法は特別ですのネタバレ一覧!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

「ごめん。外れちゃった

「大丈夫。アゼストがいる以上、攻撃が通用するとは思ってなかったし」

塔の上からデジールは森の中を見ていた。

「こっちの位置がバレただけになっちゃったね」

「それでいいんだよ」

申し訳なさそうなロマンティカにデジールはニコッと笑った。

「ロマンティカ。ブルームーンパーティだけじゃなくて、他のパーティにも攻撃してくれ」

デジールのまさかの発言に彼女はビクッとした。

「えっ!?正気なの!?私の話ちゃんと聞いてた?」

そう言われても、デジールはニコッと意味ありげに笑った。

「笑ってないで何か言え!!」

「たしかに全面戦になればうちが不利だ」

「それならどうして!」

「だけど乱戦になれば話は違う」

乱戦?いやいや乱戦とかそれ以前に!

私たちの居場所が知られてしまったら終わりでしょ!!いいから早く安全なとこに!」

「ロマンティカ」

必死に訴える彼女にデジールは自信満々に言い切った。

「俺を信じろ」と。

「わわかった。だけど攻撃したくらいでこっちに来てくれるかな?」

「来るよ。ここはクエストの目的地だから」

デジールは拳に力が入る。

そんな彼をみてロマンティカは何かを気にした。

(まさか

「あのさデジール」

「んっ?」

「ひょっとして

その時だった。

「デジールさん!!」

塔の下を見ていたプラムが叫んだ。

「誰か来ます!他のパーティの人たちです!」

デジールは手袋をバッとはめた。

「よし。それじゃ本格的にはじめよっか」

 

帰還者の魔法は特別です【第31話】のネタバレ

-生存者-

 

雨が降る中、生存者のパーティたちがどんどんと、時計塔に集まってくる。

「かなり大きいな」

「開けますね。団長」

アゼストのいるブルームーンパーティが時計塔についた。

-キィーッ

「!!」

「ブルームーン?」

塔の中には、他のパーティのメンバーがいた。

「どどうしよ?」

「うわーイケメンばっか」

ブルームーンパーティを見て、口々に声を出す。

しかし一人が声を上げる。

「何言ってんだ!よそ見すんな!」

アゼストたちはそんな声に動じる感じがない。

「ここに集まっていたのか」

-バタンッ

アゼストたちが中に入ると扉が閉じる。

「攻撃してきたのは、やはりブルームーンだったようだな」

「学園一のパーティにしては汚いマネしやがる」

「団長。この状況で挑発するのはさすがに!」

そんな声は聞こえていない団長は、アゼストをギロッとにらむ。

「何か言ってくださいよ。アゼストさん」

(うちの学年のトップ2。名前はたしかガブリエル)

アゼストが答える前に、ハーデンが問いかける。

「おまえたちも攻撃されたのか?」

「ハッ!シラを切るな。あのレベルの攻撃を連発できる魔法使いが、ブルームーン以外にいるわけないだろ」

その言葉を聞いて、アゼストは確信する。

(あの攻撃はやはりデジールたちだったのか。

クエストをクリアするのが目的ではないようだ)

アゼストは目を閉じ、大きな声で指示をする。

「ブルームーンパーティ全員!デジールパーティの攻撃を防御せよ!」

「えっ!?デジール?」

「それじゃ団長は!?」

彼女の指示に驚くメンバー。

そして彼女は剣を抜く。

 

-アゼストVS

「私はこの6人の相手をする」

それを聞いて、ガブリエルはクックッと笑った。

「はぁ?アゼスト・キングスクラウン。入学式のときから、何度も何度も気分を悪くさせてくれやがる」

彼の周りには炎が出る。

「調子に乗るのもいい加減にしろ!」

ガブリエルは腕を上げて構える。

「スペア・バーン!」

-ゴォッ バァーンッ

アゼストに向って炎が飛んでいく。

「どうだ!これがうちの団長の魔法だ!」

「バカっ!横!」

ガブリエルの仲間が意気込んだが、その彼の近くにアゼストが。

「アゼスト!?ぐはっ!!」

驚くのもつかの間、彼女の蹴りが当たる。

「気絶したの!?」

「アイス・ウォール」

飛んでいった仲間を見ていた女性にも攻撃をする。

「キャーッ!!」

彼女が身動きが取れないように、氷が現れた。

「ま魔法を唱えることができな

「クソッ!おいっ!おまえたちもアルファなら、実力見せてみろ!」

ガブリエルはもう一つのパーティに加勢させた。

「やってやろうじゃん!

パインツリーパーティを舐めんな!」

……

人数が増えようが、アゼストは動じることなくフワッと動く。

「く来るぞ!」

-ドカンッ バーンッ ガタンッ

 

-カツッカツッカツッ

階段を上がる音が響く。

デジールたちの顔は強張っている。

「終わったみたいです」

-カツッ キィーッ

下の階では、6人が氷に固められるか、地面に倒れている。

「くだらない戦略」

そう言ってアゼストが扉を開けて入ってきた。

>>帰還者の魔法は特別ですのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第31話】感想

 

デジールさんの作戦は上手くいったのでしょか?

それともまだ作戦の最中でしょうか!

ロマンティカさんに攻撃させていたのは、パーティ同士が戦うことを願ってだったのでしょうか?

しいて言えば、アゼストのパーティを少しでも減らそうとしたとか。

 

アゼストさんはデジールさんの作戦に気づきましたね。

だからこそ、他のパーティのメンバーは脱落させないのでしょうかね。

だれも脱落したとは流れていないと思うので

 

アゼストさんのパーティは全員、階段を上がってくるのでしょう。

デジールさんたちは彼らに勝つことができるのでしょうか!