「帰還者の魔法は特別です」第40話を読みましたのでネタバレを紹介します。

デジールはアゼストの訓練参加を了承した。

そして彼らの前にブリジット教授がやってきて、昇級戦の結果を教えてくれた。

彼ら3人は無事にアルファクラスになることができたのだった!

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第40話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

「人類は影の世界と戦争中です。一年周期で発生するこの災いは、絶えず世界を侵食していっています」

授業中にも関わらず、アルファでは寝ている生徒が多数。

「この浸食により、大陸は元の大きさの半分ほどになってしましました。もちろん、信じがたいとは思います。現在、影の世界の攻略率は99.9%ですので。

昔のお話で退屈でしょうが、みなさん。影の世界より優位にたつようになってからは、半世紀も経っていないということを、忘れてはいけません」

教授はアルファのみんなに伝える。

 

「これもすべて魔法石を活用できるようになったおかげです。学者はみな、この発見が人類の運命を変えたと話しています」

彼女の話をまじめに聞いている生徒もいる。

「魔法石というのは、影の世界をクリアすると手に入れる事ができる鉱物。単純な鉱物ではなく、純粋なマナの結晶、つまりマナの塊なのです」

浸食の話から今度は魔法石の話に変わった。

「魔法石は二つの構造に分けられます。堅い表面である外部マナ質、その中に存在する内部マナ。

外部マナ質が内部マナの流出を遮断しているため、そのままでは利用できません。外部マナ質を取り除くと中の内部マナは、すべて大気中に消えてしまいます」

教授は画面にマナを出して説明する。

帰還者の魔法は特別です【第40話】のネタバレ

-マナ-

 

「ところが50年前、その問題を解決する、エンチャント工法が魔塔で開発されました。外部マナ質に小さな穴をあけ、その穴から流れ出てくるマナに術式をかけて活用するのです。この工法は魔塔にしかない技術です。この発明により誰でも魔法の恩恵を得ることができる時代」

また画面を変えた。

「大魔法の時代がはじまりました。しかしながらいいことばかりではありません。

この魔法石を奪おうとする無法者たちアウターが現れたのです」

そこで画面を消した教授。

 

「みなさんにお話しするにはまだ早い内容かもしれませんね。ここで一つ問題です。エンチャント工法を開発したのは誰でしょうか?」

-シーン

誰も答えようとしない。

「わかる人いませんか?それではそこでうとうとしているあなた」

-ビクッ

「はいっ!?ははいっ!」

-ガタンッ ドンッ

急に指された彼女は勢い良く立ち上がった。

「あえっ?」

「授業はちゃんと聞かないと。ロマンティカ?」

横でデジールが笑顔で椅子をなおした。

そしてコソッと答えを教える。

「答えはジョード・エクサリオンだ」

「わわかってるもん!!ジョード・エクサリオンです!」

教授は苦笑いしている。

「正解です。現在の魔塔主ジョード・エクサリオン様ですね。では座ってください!」

座ったロマンティカにデジールは

「おはよう」と。

「黙れ!!」

彼女はプンプンと怒っていた。

「整理すると影の世界は土地を侵略しましたが、魔法石がとれるため人類に発展をもたらした-良くも悪くもある存在だということです」

そのとき、授業の終わりを告げるチャイムが鳴った。

「今日の授業はここまで!質問がある人は前に出てきてください」

そんな言葉は聞こえておらず、どんどんと教室から出ていく。

「質問はなさそうですね !?」

ドアから目の前に視線を戻すと、そこにはデジールたちがいた。

 

-依頼-

 

「こんにちは。デジール・アルマンです。僕たち三人はシングルランカーにで同じパーティのメンバーです」

「あら、居眠りしていたあなたも、シングルランカーだったんですね!」

「えっはいっ!?」

ロマンティカが眠っていたがバレていた。

「会えてうれしいです」

「僕たちの方こそいい授業を受けることができてうれしいです。プレリュード様」

「質問ですか?」

「質問ではなく、お願いがあり来ました」

その言葉を聞いて、プレリュードの目元がピクッとした。

「まさか魔塔からの支援に関することですか?」

「それに近いです」

隣で聞いているプラムは不思議そうな顔をしている。

「残念ですが、その受け付けはもう終わりました。来年にまたお願いします」

「あっ違うんです。支援希望を出したいんじゃないんです」

デジールは胸ポケットから紙を出す。

「なんですかこれ?」

「ヘブリオン学園のパーティは依頼を通じて援助してもらえます」

-ダンッ

彼女は依頼書を机に叩きつける。

「それはわかっています。これを私に渡す理由を聞いているのです」

「依頼をしてください」

ペンを彼女に渡す。

「「……」」

お互いが黙っている。

「依頼をしてくださいませんか?」

デジールはビシッとして言い直した。

「依頼をお願いいたします!」

「おお願いいたします!」

頭を下げたデジールにつられて、プラムも一緒になって頭を下げる。

「いえいえ!表現の問題じゃないのです。一体どのような依頼ですか?」

プレリュードは依頼書を返そうとする。

「この依頼は必ずした方がいいですよ」

「なんと強引な!」

デジールはムッとした彼女とは逆に、ニコッと笑った。

77日夜中の3時、今から10時間後にアウターが魔塔エウレリー支部を襲撃します」

「えっ!?それはどういう!!」

彼の話に驚きをみせるプレリュード。

「目的はエウレリー支部に保管してある2級魔法石リゲネルの涙」

「あなた!!どうしてその存在を!?」

彼女はさらに驚いていた。

「今大事なのは、僕たちがそいつらを撃退する方法を知ってるってことです」

「そんな

「では僕たちを雇用するように、魔塔に頼んでください」

3人はビシッと決めていた。

 

 

 

10時間後 都市国家アルテイア

魔塔本部のある別館に、大慌てで走っている人が

「ま魔塔主様!!たっ大変です!!エウレリー支部が襲撃されました!」

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第40話】感想

アルファの授業は退屈なのでしょうか?

居眠りしている人居ましたし

もう少し厳しいのかと思っていました。

無事にアルファクラスにデジールさんたち3人はいられるようですね!

さすがシングルランカーに選ばれただけありますね!!

 

デジールさんがプレリュード教授にだした依頼書。

襲撃することを知っているってことで、悪く取られないのでしょうか?

そして依頼される前提のように感じましたね。

デジールさんたちは自信満々ですね。

でも本当に10時間後に襲撃されましたね。

彼らの依頼は通ったのでしょうか?