「帰還者の魔法は特別です」第58話を読みましたのでネタバレを紹介します。

エステバンが城壁に登ってきた。

族長・タカは城壁に少しの兵力を残して、食糧倉庫に向っていった。

残ったエステバンのうち、3人はプラムにやられたのだ。

残りは、デジールが「俺がやる」と前に出た。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第58話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

「いけ!」

吹雪の中で、エステバンたちが向ってくる。

「メルティング……アイス」

デジールは雪を利用したかのような、魔法を使った。

「ななんだ!?」

彼らの足元に水が流れている。

水?」

「ドライ」

不思議に思っている彼らをよそに、さらに魔法を使った。

「うわっ。乾いちゃいました!」

プラムも驚いている。

「目をつぶってろ。プラム」

「これでいいですか?」

洋服で顔を隠そうとしたプラム。

「うん。そのままでいいるんだぞ」

そんなやり取りを見ていたエステバンたち。

「なんだ?攻撃する気がない魔法使いだ」

「おかしい」

不思議に思っているエステバンの中に、一人だけ気がついたものがいた。

いや危険だ。あの魔法使い族長より危険だ!!」

その者だけが、後ろに後退していった。

「どこ行く!?」

「勘の鋭い野郎だ。だけどもう遅い」

さがっていくエステバンを見ていたデジールだが、すでに攻撃は決まっていた。

「サモンライトニング」

その瞬間、彼らの所にのみ雷が落ちたのだ。

「うわぁぁぁっ!!」

エステバンたちの悲鳴が響く。

帰還者の魔法は特別です【第58話】のネタバレ

-クローズラインの力-

-バチッバチッバシャッ

そこにいたエステバンたちは、次々に倒れていった。

「フゥフゥ

後退していたエステバンが一人だけ立っていた。

「デジールさん、一人生き残ってます!」

「なんだって?やるじゃん!あの短い時間で橋を破壊し、感電するのを防いだのか。
それならかかってこられる前に

デジールが、彼に手を向けて攻撃しようとしたとき、ヨロッとして膝をついて倒れたのだ。

「気絶してます。完全に防ぐことはできなかったみたいですね」

「そうみたいだな。はぁ

デジールもまたその場にドサッと膝をついた。

「デジールさん!大丈夫ですか!?」

「マナを使いすぎただけだ。大したことない」

「さっきの魔法ランク3の魔法ですよね?ランク1のデジールさんがどうして

不思議そうにしているプラムに、種明かしをした。

「クローズラインのお陰だよ。魔法石のマナを使ったんだ。ハハッそれなのにこんな有様だけどな

「わぁー!すごいです!」

自虐的なことを言うデジールだが、それよりもクローズラインの力の方に目が輝いていた。

「はぁ

空を見てため息を吐いた。

(一回使っただけで疲労困憊。早くトアの紋章を手に入れないと)

 

-食糧?-

-シュッ

食糧倉庫に向った族長・タカたちは、見張りの騎士を倒していく。

そしてついに食糧倉庫の中へ。

「うおぉぉ!!」

「すごい量だ!」

「食糧だ!!」

たくさんの食糧に嬉しそうに、中に入っていくエステバンたち。

「これなら来年まで大丈夫だろう!」

「持てるものは全部持って、火をつけるぞ!」

「「はいっ!」」

タカの一声に、その場の全員が返事をする。

-バシャバシャバシャバシャ

持っていかない食糧の箱に、灯油をまいていく。

-タタッ サァーッ

「!?」

食糧を運んでいる者がタカの横を通ったとき、箱の中から何かが落ちた。

「なんだこれ」

不思議に思ったタカは、それを手に取って確認する。

(砂!?)

「全員箱を開けろ!中身を確認するんだ!今すぐ!!」

タカはプルプルと震えている。

そして箱を開けたエステバンたちは驚く。

「えっ?砂だ!あいつら砂食べる!」

「違う!そんなわけない!」

運び出そうとしていた箱は全て砂になっていたのだ。

「天罰だ!正々堂々戦わなかったから、天罰が下された!」

-デーンッ デーンッ デーンッ

「か鐘の音!」

「敵だ!!」

鐘の音に反応するエステバンたち。

「全員!!食料を諦め、退散するぞ」

鐘の音が鳴り響くなか、タカはそう合図する。

 

食料を諦め、帰ろうとしたとき。

「!!そこの三人!止まれ!」

前を歩く3人を呼び止めたタカ。

「族長?」

-ピキピキッダーンッ

「くぅっ!」

立ち止った彼らの足元で、爆発が起きたのだ。

「!!おまえは敵か?」

煙のなか、タカは目の前の相手に、武器を構えて問いかける。

「あぁ」

そこにいたのは武装したアゼストだった。

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第58話】感想

ついにアゼストさんが出てきましたね!!

しかも族長の目の前に!

彼女はどんなクエストをしているのでしょう。

エステバンたちの襲撃にも気づいていたのでしょうか。

 

食料を砂に変えたのは誰でしょう?

今の流れだとアゼストさんですかね

それならデジールさんと同じで、襲撃に気づいていた一人ですかね!

 

鐘の音も街に響いたので、これで襲撃が起きたことがわかるでしょう。

どこまで敵を倒せるかが気になりますね。

そしてデジールさんたちとアゼストさんが合流したら、さらに強い状態になるのではないでしょうか!

戦いが気になりますね!