「帰還者の魔法は特別です」第62話を読みましたのでネタバレを紹介します。

拘束されつつも、エステバンの侵入を気づいた理由を言わないデジール。

処刑扱いされても、死を選ぶと宣言したデジールに、ビルヘルムは笑った。

そして彼らは拘束を解かれ、昇格した。

一方で、騎士団長としてアゼストと対面した。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第62話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

クエストエステバン進行率42.4%。

タカ族の長、血紅のタカを捕獲しました。

意欲を失ったタカ族はしばらくの間、エバナーテン領を攻めて来れません。

 

-ガチャン

……

デジールはタカの牢屋に入っていく。

-ジャラッ

タカの耳飾りが音を立てる。

あの耳飾りはカーンの末裔の証!)

それに見覚えのあるデジール。

メルゲール・カーン、歴史の本にも書かれているほどの人物。

そして彼の末裔も厄介なことで知られている。

恐らくこいつらが、影の世界クリアの最大の壁となることだろう。

(カーンの末裔なら、部族を誇る思いは相当なもののはずだ。見た目だけでカーンの末裔だってわかってよかった。それよりアゼストよくこんなのを一人で!)

アゼストに聞いて、デジールもびっくりしていた。

「話がしたいんだ。口を塞いでるのを取るけど噛むなよ」

「プハッ!ペッ」

デジールは彼の口を聞けるようにした。

そしてタカはデジールに唾をかけた。

「ハハッ。歓迎の挨拶ありがとう」

怒ることなくデジールは、顔の唾を拭いた。

「提案があるんだ。おまえを含め、部下たちも全員解放してやる」

「なにっ!?」

彼の提案に驚きの声をだすタカ。

「偉大なカーンの末裔であり、昔からエバナーテンの悩みの種だったおまえたちに、アルリヤドを与える」

アルリヤドとは、部族間の戦争後に勝利した部族の族長が与えるもの。

「!!」

タカは目を見開いた。

帰還者の魔法は特別です【第62話】のネタバレ

-取り引き-

誰だおまえ?なぜアルリヤドについて知ってる?」

「自己紹介がまだだったな。俺はこの領地の策士だ」

デジールはタカに頭を下げ挨拶する。

「策士。おまえがどうしてアルリヤドについて、知っているのかは知らないが、おまえには資格がない。わしをわしらを倒した金髪の女!あの女にしか、そのセリフを口にする資格がない」

タカは拘束された腕を少し動かす。

「あったしかに俺がおまえたちを倒したわけじゃないけど、俺にも資格があるんだ」

笑った顔の表情を変えないデジール。

「どういう意味だ!」

「食料を砂にすり替えたのはおれだから

「!!」

彼の言葉を聞いて、目を見開いた。

「貴様が!!許さん!!」

-ジャラジャラ

許せないタカは、拘束された腕を動かしはじめた。

「なぜ貴様が!!今すぐ鎖を外せ!!その首を引きちぎってやる!!」

殺す勢いの形相で、デジールを見るタカ。

しかし急に力の入っていた手を緩めた。

「はぁいいだろう」

「それじゃ

「断る」

提案を受け入れたと思ったが、タカは断ったのだ。

「どうせ助ける代わりに、二度とここには来るなというのだろう。違うか?」

チラッとデジールを見たタカ。

デジールをコクリと頷いた。

その通り」

「そうだと思った。おまえたちは敵だ。そしてわしらは、今回の戦いで何も得ることができなかった。

今おまえはわしにプライドを捨て、部族の目的を諦めろと言っているのだ。わしは自ら敗北を選ぶことなどできない」

(敵かこいつを死刑にしてなくてよかった。クエストはまだ40%しか進んでないし、死刑にしてたら族長の仇をとるために、部族全員が攻め入ってきただろう

だけど断られてしまったから、他の方法を考えないとな

デジールは違う方法で説得する。

「おまえは名高い戦士だ。だけど自分のことしか見えてない」

「なんだと?」

「戦士としてのプライドを守ることしか考えてない。

部族全体を考えないでどうする」

「あいつらはわしの決定を理解する」

「戦士としては理解するかもしれないけど、指導者としてどうだ。族長になった瞬間から、おまえの命はおまえだけのものじゃない。

もしおまえに恨みがある部族にタカ族が襲撃されると、指導者を失った部族はその攻撃を回避することができるだろうか?」

デジールは族長がいなくなったときの話をする。

「知ったようなことを言うな!わしを脅すのか!?」

「脅してんじゃなくて、取引しようって言ってんだ」

「ハッ!わし以外にも部族を率いることができる戦士はいくらでもいる」

断言できるか?」

デジールは問いかけた。

(できるわけない。そんな戦士がいないから、エバナーテンまで一緒に来たはずだ。いいぞ、悩んでる。悩んでる)

考えているタカに手を差し出す。

「もう一度言う。これは取り引きだ。目的の食料だって分けてやるから」

ニコッと笑いかけるデジール。

「すなわち敗北を選ぶのではなく平和条約を結ぶだけ」

「クッマムシのような野郎だ」

タカの口元が笑った。

「ハハッそれって褒めてんだよな?」

「いいだろう!族長としての名誉をかけ、その提案受け入れてやる」

 

-商売-

ケルバン領。

 

「あーっ!!マジで意味わかんない!なんなのよ!!なんで私がここまで来て、商人として働かなきゃなんないわけ!?」

ロマンティカが叫んでいた。

「商団の運営は実家でももう卒業したのに!!」

少しだけムッとした表情をしているロマンティカ。

そして独り言が続く。

「まぁ知識はあるからラクっちゃラクだけど。プラム!デジール!あいつらホントどこ行ったの!?」

もう一度叫ぶ。

「はぁ一人って不安だな。こういうときデジールがいればいいのに。えっ!?」

不意にデジールを思い浮かべた。

「キャーッ何言ってんのよ!?頭おかしいんじゃないの!?バカバカ!誰かに見られたら死ねる!!」

「見てしまいました。商団主様」

一人騒いでいるところに、男性が入ってきていた。

「キャッ!!エミール!ノックしろって何回言えばわかんの!?」

エミールがいることに気付かなかった彼女はビクッとした。

「ちゃんとしましたよ。聖都の情報を調べてきました」

「あっありがと!」

渡された紙を開く。

「今、聖都の状況はあまりよくないようです。税率も問題ですが、おかしな噂のせいで商団がすべて撤収したらしいんです」

「噂?」

「一人で出歩いてる人を誘拐し、皮を剥いで食べる悪霊がいるんですって

「何それ!?そんな噂、真に受けてないで仕事でもしてなー」

ロマンティカは呆れた顔をして、紙を返す。

「信じていただけないと思いました。ただ状況は思ったより深刻です。悪霊かどうかはわかりませんが、誘拐犯がいるのは事実です」

エミールの話をロマンティカは聞き入れた。

「その上聖都では人々の金銭的余裕を奪うためか、増税によりみな悲鳴を上げています」

「えっ?なら都市を脱出する人も多いんじゃ?」

「はい。路頭に迷う人が増えてきました」

「聖都まではそう遠くないから、こっちにも流れてきそうなね」

座る場所を変えたロマンティカ。

「うーん、それはどうでしょうか。領主が路上生活者を受け入れるなとおっしゃっているので」

「えっ?薄情な領主ね!」

「その逆ですよ。路上生活者が増えれば、領地がめちゃくちゃになってしまうじゃないですか」

「だけどそれじゃみんな路上で凍死しちゃう

彼女の言葉に、エミールは思い出すかのように言った。

「あっ北のとある領地が路上生活者を受け入れているそうです」

「へぇー!なんていうとこ?」

「エバナーテン領です」

どっかで聞いたことある」

ピクッと反応したロマンティカ。

「エステバンの侵入を防いでいる領地として有名です」

「エミール。地図持ってきて!」

広げた地図でエバナーテン領を探す。

「そこの領主も有名なんです。領主にしては珍しく良心的で、聖都にいた頃ヘブリオン帝国との戦争を勝利に導いた人です」

「エバナーテン!ここだ!」

-ピロンッ

 

メインクエストエバナーテンの損族がはじまります。

エバナーテン領が抱えている二つの問題を解決してください。

クエストエステバン:進行率100%

クエスト路上生活者:進行率30%

 

ロマンティカにクエストが発動したのだ。

「エミール。今すぐエバナーテンに行く準備をして!」

ロマンティカは立ち上がった。

「えっ?聖都じゃなくてですか?」

「そこはもういい!エバナーテンで商売するわよ!!」

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第62話】感想

ついにロマンティカさんも出てきましたね!!

違う領地にいたとは

クエストが出たことで、エバナーテンに行くので、デジールさんたちとも出会えそうですね!!

 

ロマンティカさんにとってデジールさんは、力強い存在なのでしょうね!

だからこそ、「いてくれれば」なんて思い浮かべたのでしょう。

 

デジールさんの提案をタカは吞みましたね。

その提案のおかげで、クエストの進行率が100%なのでしょう。

 

クエストもあと一つでしょうか!

ロマンティカさんも合流して、どうなるのでしょう!