「帰還者の魔法は特別です」第67話を読みましたのでネタバレを紹介します。

城門にいた路上生活者を受け入れたデジール。

クエストの進行率は1%になってしまった。

騎士団も交えて会議が開かれていた。

そして領主は信念を曲げようとしていた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第67話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

「列を乱すな!」

「順番を抜かしをする者には、食料を与えないからな!」

路上生活者たちは食料をもらうため、列を作ってた。

(二日時間を稼いだ)

そこにデジールが現れた。

ビルヘルムとのやり取りを思い出す

—-        

「二日間だけ時間をください!」

「いいだろう。しかし方法が見つからなければ、私の決定に従うこと」

—-

(早く方法を見つけないと。リリカのお母さんのように、才能のある路上生活者たちを育成し物品を
いや、それには何か月もかかってしまう。追放するしかないのか?)

目の下にクマができているデジールは、あとがないようだ。

「そこ!喧嘩するな!」

「ゆっくり前に進め!」

デジールは、フードを外した。

「足元にお気をつけください!こちらへ」

彼らの案内にプラムも参加していた。

「んっ?デジール様ではありませんか!?ここちらにはどのようなご用で!」

兵士が彼に気づき、ビシッとした。

「視察に来ただけなので、気にしないでください」

帰還者の魔法は特別です【第67話】のネタバレ

-路上生活者だから-

そんな彼の元に。

「デジールーお兄ちゃんっ!!」

「ぐほっ!リリカ!」

リリカが抱きついてきたのだ。

「エヘヘヘー!」

「食べ物をもらいに来たのか?待ってる間、退屈だっただろう」

「ううん!アゼストお姉ちゃんが一緒に並んでくれたの!」

顔をスリスリしながら、答えたリリカ。

その後ろからアゼストが近づいてきた。

「ありがとう。アゼスト」

彼女はただ頷いた。

「こんなことになってごめんな。リリカ」

頭を撫でながらデジールは謝る。

「なんでお兄ちゃんが謝るの?ジェフランおじさんとお兄ちゃんと、一緒にいられないのは悲しいけどそれよりリリカはどうして追い出されたの?」

悲しそうな顔をしてリリカは問いかける。

「おじさんは泣いて何も教えてくれないしリリカお仕事がヘタクソだった?」

「違うよ!」

彼女はの言葉をすぐに否定した。

「それなら?」

理由を知りたがってる少女に、彼はグッと口を噛んだ。

……。シェフもリリカに会いたがってる。きっとすぐにまた会えるはずだ」

彼の言葉と頭をポンッとされて、嬉しそうにするリリカ。

「やったー!早くおじさんに会いたいなー。その日まで、おじさんとデジールお兄さんが、カルロスの面倒をみてあげてね!」

「カルロス?」

リリカは何かをゴソゴソする。

-じゃんっ

「リリカのお友達!雪だるまだよ」

わかった。しっかり面倒みておくよ。シェフがよろこびそう」

そう言ってデジールは雪だるま・カルロスを受け取った。

「食べちゃダメだよ。それじゃバイバイー!」

リリカは路上生活者の列にもどっていった。

 

-偽善者-

「あーもう。いつまでこんなことしてないといけないんだよ?」

「これならエステバンの方がまだマシだ」

兵士たちの不満の声が聞こえてきた。

「どうせあと二日で、追い出すのに面倒なことさせやがって。恩知らずの食いぶち!犯罪者ども!」

「はぁ

そんな彼らの声を聞いて、肩をガクッと落としため息をするデジール。

「デジール?」

「二日なんてあっという間だ」

「エユラン副官」

彼らの元に不敵に笑ったエユランが現れた。

「まるで早く時間が過ぎるのを、願っているかのようなことを言うんですね」

「ハハッ。そんなことはない。エバナーテン領の将来がかかっている。せいぜいいい方法を考えてくれ」

心にもないことを彼女は口にする。

「言われなくてもそうします」

「そうだよな。あんたも路上生活者だから。領主に仕えていたって路上生活者であることには変わりない」

急にギロッと睨んで、本音をぶつけたエユラン。

「二日後にはあんたもここから出ていくんだ。じゃないと不公平だろう。残ろうとしたって絶対に私が許さない」

エユランはデジールの横を通り過ぎながらしゃべる。

「路上生活者たちを守るフリをして見苦しい。自分が追い出されるのが嫌なだけのくせに。
自分の命しか考えていない卑怯者。実に路上生活者らしい」

彼女の言葉にアゼストがギロッと睨んで引き留めようとした。

しかしその手はデジールによって止められた。

「!?」

「アゼスト、感情的になるなんてらしくないじゃん」

「デジール!」

「今は言い合ってる場合じゃない」

そう言われて黙ったアゼスト。

(だが誰よりも辛そうな顔をしているではないか

デジールの顔を見ながら思っていた。

 

-パーティ-

そんなとき、後方から

「おとなしくしろ!!この野郎!!」

「なんだ?」

「また誰かが暴れ出したぞ」

路上生活者の中で騒ぎが起きていた。

「一時間に一度はこれだ。民度の低さに呆れる」

歩いていたエユランが振り返って言った。

デジールも見ないようにスッと背を向けた。

「違うってば!」

その声に感応したデジール。

「この声は?」

暴れている人が兵士の顎を掴んでいた。

「会いたい人がいるって言ってんじゃん!!」

「路上生活者が何を言う!」

「知り合いなの!」

「そんな嘘に騙されるか!」

兵士に反抗している。

「ホントだから!そもそも私、路上生活者じゃないってば!放してよ!!」

騒ぐ彼女に手を出そうとした兵士。

-ガシッ

その手をデジールが掴んだ。

デジール様!?」

「知り合いなのでおやめください」

彼女から離れた兵士。

「あんたたち!覚えてなさい!」

そんな彼女に手を差し伸べるデジール。

「なにしてんだよ。久しぶりだな。ロマンティカ」

彼の手を掴んだのはロマンティカだった。

 

 

ということがあったんだ」

エバナーテン領で起きたことをデジールがロマンティカに説明した。

その場にはプラムもアゼストもいる。

「なるほどねー。だからこの有様なのかー」

「うん。かなり追い詰めれられてる」

「だからそんな干物みたいな顔してるわけ?」

呆れたかのようにロマンティカは言った。

「ひ干物?」

「痩せこけてんじゃん。どーせさー、自分一人で解決しようと悩んでんでしょー。バカだよね。マジで忘れた?」

そう言ってロマンティカは拳を彼に向けた。

「私もいるし、プラムもいる!」

「その通りです!」

この子だっているじゃんか。昇級戦のときみたいに、なんでも一人でやろうとしないで、地獄の訓練を積んできた、私たちにも出番をちょうだい!
パーティなんだから!」

立ち上がった彼女は、プラムとアゼストと並んで、デジールを見た。

「あんたが集めたメンバーの、あんたのパーティ!」

「そうだな

「それじゃ補充しに行きますか!」

「えっ?なにを?」

「何って食料がないんでしょ?」

ロマンティカは羽織っていたものを脱ぐ。

「あーあっつー。エミールの奴、こんなの着せて帰ったらぶん殴ってやる!まさか私がこれまで、影の世界でただボーっとしてたと思ってるわけ?
私にだって成し遂げてきたことがあるんだから!食料問題なら私にまかせて!」

ロマンティカはビシッとみせた。

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第67話】感想

ついにパーティ全員が揃いましたね!!

これでクエストも進みそうです。

 

ロマンティカさんが路上生活者に間違われるとは

災難でしたね。

でも城内にはすぐ入れたし、デジールさんにも会えてよかったです。

プラムさんもアゼストさんもいるときですから。

そして彼女の言葉はとてもデジールさんのためになりましたね!

仲間がいるから、頼る頼って欲しいそんな思いなのでしょう!

彼女でなければ、彼に伝わらなかったでしょう。

何気にアゼストさんも仲間に入れてましたし!

 

全員が揃ったことで、クエストは進むでしょう。

ただどちらに転ぶのでしょうか!?

路上生活者たちを救えるのか、または追放か!!