「帰還者の魔法は特別です」第92話を読みましたのでネタバレを紹介します。

ヤタガラスの元にプラムとアゼスト、そして狙撃手としてロマンティカが現れた。

彼女らはデジールを心配してやってきたのだ。

一方でダデニュフの元ではジョードが攻撃をしていた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第92話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

-がダンッ

「魔塔主様!!」

「非常に硬い。今の魔法でもまったく動じなかった」

ジョードのもとに、兵の一人近寄った。

「副隊長、私も加勢する。兵士を指揮してくれ」

「あそれが負傷者が多く。これ以上はもう!」

副隊長の言う通り、ほとんどの兵が傷を負って座り込んでいる。

「それなら私に任せてください。ヒール」

プリシーラが魔法と唱えた。

「傷が!」

「傷が消えた!」

「怪我を恐れず戦ってください!あの悪魔を倒せなければなりません!」

「せ聖女様!」

プリシーラ」

「なに?」

無理はするな」

後ろにいるプリシーラをチラッと見ながら、ジョードは声をかけた。

……!ジョード

彼女の右手はガクガクと震えていた。

「そんなこと言ってる余裕があるのなら、さっさとあいつを倒しなさいよ!じゃないと私が無理するしかなくなるでしょ!」

彼女はジョードの後ろ姿にグワッと怒涛を浴びせた。

ジョードは何も言えなかった。

帰還者の魔法は特別です【第92話】のネタバレ

-巨大-

「それが可能ならいいが

そのとき、彼らのいる場所に影が。

「急に辺りが

「伏せなさい」

-ドカーンッ

ダデニュフが彼らの場所に殴りかかってきたのだ。

「し死になくない!」

副隊長は頭を抱えて座り込んでいる。

「おい副隊長!まだ生きてるから、早く指揮を頼む」

「ふえっ!」

「早く!」

ジョードの魔法で守られたのだ。

「ははい!全員攻撃準備!」

「フゥ近くで見ると本当に大きい」

彼の前にダデニュフが来ていた。

「熱いからとりあえず空気を冷まそうか。大氷河」

-メリメリッ

ジョードの魔法でダデニュフに、氷の塊が降り注ぐ。

-ダーンッ ドンッ

街中に音が響く。

 

-狙撃-

その頃、デジールたちはヤタガラスと戦っていた。

「あーもうるさいわね!集中できないじゃない
それにしても三人がかりでも倒せないなんて、あいつ一体何者なの!?」

スコープで敵を見ているロマンティカ。

(あのボロ布クローズラインみたいに、防御魔法がかけられてるのかも。ランク3位かの魔法じゃ、まったくダメージなさそう
一番危険なのは、あのアーティファクト呪文を唱えなくても、火力の高い魔法を使うことができるどういう仕組みなの!?)

「ランク3の狙撃魔法を闇雲にぶっ放ってちゃ、ダメージを与えられないし。最初の攻撃が失敗に終わった今、慎重にいかなきゃなんない。
全魔力を集中させて一発で防御魔法を撃ち抜かないと!!」

ロマンティカは銃に指をかける。

「そのまま突破しろ。プラム!!」

「はいっ!」

アゼストとプラムがヤタガラスに向っていく。

「面倒な奴らだ!」

(あの剣ブランシウムか!?魔法を貫通するため、防御魔法が効かない。狙撃をしてくる小娘はせいぜいランク3警戒する必要なはい。
ならばこいつから始末してやる)

「はあっ!」

-バンッ

飛びかかってきたプラムを魔法で跳ね返した。

「くっ!」

「大丈夫かプラム!?」

「はいっ!きっと距離を確保するために、魔法を使ったんだと思います!」

距離が開けば!氷結宮殿」

-ゴゴゴゴゴゴゴッ

アゼストの魔法で、また宮殿に閉じ込められたヤタガラス。

「ランク3程度の分際で!また同じ手に引っかかると思うか!?リニア・レイ」

-ガガガッ

簡単に宮殿は壊されてしまった。

「チッ点!氷結宮殿が一撃で

「目障りな奴らは全員消してやる!」

-ゴゴゴゴゴッ

ヤタガラスの魔法で赤黒いものが延びてくる。

「うわっ!!吸い込まれていきます!」

「私が封じる!!魔法剣!!」

-ビュウウウ

「キザードの吐息」

彼女の魔法で、王?のようなものが出てきて、彼女たちを手に乗せた。

「サポートする!」

デジールが魔法を使う。

「死ね!」

-ダーンッ

その場で大きな音ともに、その場が崩れた。

「くっ

「みんな大丈夫か!?」

「はい

しぶとい奴らだ!」

少しヤタガラスはフラッとしてるように見える。

「次にまた今みたいな攻撃をくらうと全滅する」

「逆算不可能なのか?」

「努力はしてるけど、あのアーティファクトが厄介だ。あれを構成する魔法はどれもランク6以上のものだし。数千種類の魔法しいが組み込まれてる
でも強力な魔法だから、マナの消耗も激しいはず。奴もそろそろ限界を感じてるって気づいてるよな?ロマンティカ」

デジールの声はロマンティカにも聞こえている。

「そのままもう少し次は必ず撃ち抜いてやる!」

彼女はフラフラしているヤタガラスを、スコープ越しに見て狙いを定めた。

-バシュッ

彼女狙撃はヤタガラスに直撃した。

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第92話】感想

なかなか倒せないですね。

ヤタガラスもダデニュフも

ダデニュフはまだジョードさんが少し攻撃しただけなので、まだこれからな気もしますね!

もしかしたら、デジールさんたちが合流したり!?

もうマナ残ってない状態かもですが。

 

ヤタガラス強いですね。

どれくらい強い場所にいるのでしょう。

アーティファクトがあるの強いのかもですが、彼自身もきちんと強そうですね。

そしてロマンティカさんの一発で倒せたでしょうか

それともまだ戦えるのでしょうか

お互いマナの消耗が大変でしょうから、決着がついてもいいところですね!