「帰還者の魔法は特別です」第93話を読みましたのでネタバレを紹介します。

ヤタガラスと戦っているデジールパーティ。

お互いが一歩も引かない状態の中、ヤタガラスがマナの消耗でふらついている。

その隙を狙って、狙撃したロマンティカ。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第93話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

-ダーンッ ピカッ ゴオオオオッ

ロマンティカの狙撃はアウターの近くを通り過ぎ、石にぶつかった。

そこら辺に爆発とともに、風が。

「くっ…!手加減と言うものを知らないのか。ロマンティカ!?」

「うわっ!!」

アゼストたちのところまで、風はやってきた。

「これならあいつも…」

風がやみアウターの方を見た。

しかし彼は立っていた。

「ハッ…ランク4の狙撃手だったか。運よく命中しただけだ。今ので勝てたと思ったか?
威力も位置も把握した。ぶっ殺してやる!!」

そう言ったヤタガラスの仮面が壊れて、素顔が見えていた。

(……!?仮面が…!)

彼自身も気づき、顔を手で隠す。

「おまえ…その傷…」

デジールが口にすると。

「…消えろ!!」

-バッ ダーンッ

攻撃をしてきた。

帰還者の魔法は特別です【第93話】のネタバレ

-傷-

「あの狙撃手…よくもやってくれたな!!」

ヤタガラスはロマンティカのいる方を見る。

「死ね!!」

そして攻撃しようとする。

「ゲッ…!」

「攻撃は許さない!プラム頼む!!」

「はいっ!!」

彼女を攻撃させないため、デジールはプラムに声をかける。

「…消えろといってるだろう!!」

「うっ!!」

向って来たプラムに、たった一度腕をふりおろした。

”危険!クローズラインのマナ残量が足りません!
防御魔法の威力が低下します!”

「か…かすっただけなのに…!」

たった少しかすっただけで、プラムのマナは減ったのだ。

「下げれプラム!魔法剣!!」

今度はアゼストが向っていく。

「くっ!!」

「アイス・ウェーブ!!はぁっ!!」

-ガガガガガガッ

「!!」

彼女の攻撃は、ヤタガラスに当たらずすり抜けた。

(攻撃が…体をすり抜けた!?)

「私に…近づくな!!」

-ゴオッ

「ちっ…!厄介なアーティファクトだ!!」

アゼストは攻撃を避け、彼の後ろにいる。

「厄介!?厄介なのは!!おまえたちだ!!」

-ガガガガガガッ ゴオッ

(一瞬で防御魔法に切り替わった…!これではどんな攻撃も…)

攻撃した彼女は振り返る。

「昔も今も何も変わらない…!邪魔ばかりしてきやがって!!目障りだ!!貴族どもが!!」

ヤタガラスは手で隠した顔の隙間から、目が赤く光った。

-バキバキッ ダーンッ

アゼストのいた場所が崩れた。

 

-逆算-

「いつの時代もおまえたちは邪魔ばかりしてくる。鬱陶しい。今回は絶対に負けてたまるか…。まだまだここからだ…!
誰しもが叫んでいる!!おまえたちをー殺してくれと!!」

ヤタガラスはしゃべりながら、空中に避けていたアゼストに攻撃をしかけた。

(空中ではかわせない…!)

「アゼストさん!!避けて!!」

砕けた石を道にして、プラムが彼女のところまでやってきた。

「プラム!助かった!」

「一緒に攻撃しましょう!」

「死ねぇぇぇ!!」

今度は二人目がけて攻撃する。

(仮面が割れてから、攻撃が単純になってきた。今なら隙をつける…!)

「ぐわぁぁぁっ!!」

ヤタガラスは自分の炎に覆われる。

「うっ…うぅぅ…!」

その炎が消えた時、スッとプラムが彼の背後にまわっていた。

そしてヤタガラスの背中の隙を見つける。

「ふっ!」

(!!いつの間に!?)

気づいた時には、すでに彼は攻撃をうけていた。

(……!?私が…身動き一つできなかっただと…?)

「はぁぁっ!!」

プラムとアゼストの2人が、一気に攻撃を仕掛ける。

「…クソッ!あのガキ…!」

「とどめを刺してやるアウター!!」

アゼストが剣を振り上げた。

「ヘブリオンの言いなりどもが…!!」

-ガガガッ バキバキッ

二人の攻撃をマナで防御したヤタガラス。

「魔塔主と戦うために蓄えておいたマナ…!すべておまえたちに使ってやる!ぐおぉぉ…!」

-バチバチッ

力を込めた瞬間は、アーティファクトが。

「!?」

「もう終わりだ。アウター」

デジールが彼に声をかけた。

「…それはどういう…」

(ま…まさか…数千を超えるテッセラクトの演算を…すべて逆算したというのか…!)

「潔く諦めろ。おまえの負けだ」

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第93話】感想

ヤタガラスの顔の傷…貴族にやられたのでしょうか。

そしてそれもまたバカにされたとか…?

だから貴族を嫌っているように、感じましたね。

 

デジールさんいいとこどりですね。

なにもできない状態かと思ったら、逆算していたなんて…!

しかもそれが数千となると、そうとうなことですね!!

彼らのパーティの連携プレーからの勝利でしょうか!

でもヤタガラスもこんなことで諦めるとは思いませんが…。

どうなるのでしょう。