鬼滅の刃の第166話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプ33号、最新話!

鬼滅の刃【166話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの33号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【166話】のネタバレ

【現れた鬼は継国巌勝(つぎくにみちかつ)】

始まりの呼吸の剣士である無一郎の先祖だった。

そして無一郎の剣士としての力を認め、無一郎をも鬼にしようとする。

とっさに助けようとする玄弥

しかし継国巌勝の力は圧倒的だった。

腕、銅と次々に切られてしまう。

しかし鬼食いをしている玄弥は死なない。

「貴様のような鬼擬き生かしておく理由は無い」

首を切られたら命は無い、必死で這い生きようとするが腕にはあと少しで届かない。絶対絶命のその時だった。

兄の登場】

風の柱である玄弥の兄、実弥が助けに来たのだ。

玄弥は兄である実弥に怯えていた。

炭治郎の言葉が頭を巡る。

しかし実弥は玄弥を大切に想っていたのだ。鬼殺隊になど入らず何処かで所帯を持ち、母や兄妹に出来なかった分、家族を幸せにするべく生きて欲しかったのだ。「そこには、絶対に俺が鬼なんて来させねえから」

兄の優しさに涙を流す玄弥であった。

ほう兄弟で鬼狩りとは懐かしや」

意味深な発言をする継国巌勝に対し、弟を刻んだ怒りを露わにする実弥。

技を繰り出す実弥に見せた刀身は、ギョロギョロと蠢く目玉がひしめきあった恐ろしい物だった。

鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【166話】考察・感想

今回の見どころは、玄弥と実弥の兄弟愛だと思います。
実弥が母を殺してまで守ろうとした玄弥。言葉には玄弥に対する愛が溢れていました。
そして意味深な発言をする継国巌勝。
あの恐ろしく気味の悪い刀も何か意味があるように気がします。

次回も目が離せない展開です!