鬼滅の刃の第168話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月29日発売の週刊少年ジャンプ34号、最新話!

鬼滅の刃【168話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの33号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【168話】のネタバレ

風柱、不死川実弥の秘密とは、、、

 

【稀血】

元々、鬼殺隊や日輪刀の存在を知らなかった実弥は自らの稀血を利用し鬼と戦い捕らえては日の光を使って焼き殺していたようでした。

(自分の血が特別なんだと気づいたのは鬼を狩り始めてすぐだった

そもそも鬼にされた母が

俺が出血した途端、動きが鈍くなった

母を殺めた後は、

この世の全てが急速に

色を失い、

擦り切れて、

褪せていった。

俺は夜の中をもがき回った。

鬼殺隊も日輪刃も存在すら知らず

山程の刃物で武装して

鬼と戦い捕らえ日の光で灼き殺す

今思えばとんでもない自殺行為だったが、死ななかったのはこの血で鬼を酔わせられたおかげ

運が良かっただけ)

そして、程なくして鬼殺隊の粂野と出会い、育てを紹介して貰うも悲劇が起こります。

粂野が下弦の壱との戦いで命を落としてしまうのでした。

(同じ鬼を追っていて出会った鬼殺隊の粂野匡近が育てを紹介してくれたおかげ。

でも俺は知ってる。

善良な人間から次々死んでいく。

この世の不条理を

下弦の壱は匡近と二人で倒したのに

柱になったのは俺だけだった)

 

【初見】

風の呼吸

陸の型国風烟嵐(ろくのかた、こくふうえんらん)

技を繰り出す実弥に驚く鬼。

(この小僧この傷でまだ動くか。

今までの柱ならば勝負はついた。

しかし)

実弥は自らの血を凝固させ、前回鬼に傷付けられた部位の筋肉を引き絞り臓物が飛び出るのを止めていました。

(奴は自ら出血を止めた

血を凝固させているのか?

呼吸で?

筋肉を引き絞り臓物が飛び出るのを抑えている?)

「どちらにせよ、人間に出来て良い芸当ではない

初見なり面白い

その時、実弥の稀血によって酔ってしまっている鬼はぐらりとふらつきます。

すかさず技を繰り出していく実弥。

「微酔う感覚も何時ぶりか

愉快

更には稀血

その瞬間、振り下ろした実弥の剣を鬼は足で踏み下ろしました。

振りかかる鬼の刃に実弥は御館様の言葉を思い出していました。

 

御館様】

当時、粂野を亡くしたばかりの実弥は御館様に呼ばれ柱合会議に初めて出席していました。

たくさんの感情を抱えた実弥は、涼しげに微笑む御館様を許せないのでした。

(頭に来るんだよ

人が苦しんでいるっていうのに、

笑っている奴が。

自分の手を汚さず命の危機もなく

一段高い所から涼しい顔で指図だけするような奴が)

「いいご身分だなあ、おいてめえ。

産屋敷さんよお」

その言葉に、

「不死川口の利き方というものがわからないようだな

と行冥が怒りますが優しく

「いいよ、行冥。

言わせてあげておくれ。私は構わないよ」と答えます。

カナエも心配しますが大丈夫だよ、と御館様は微笑むのでした。

「白々しいんだよ!

鼻につく演技だぜ!

隊員のことなんざ使い捨ての駒としか思ってねえくせに

アンタ、武術も何も齧ってすらねぇだろぉ

見れば一発でわかる

そんな奴が鬼殺隊の頭だと?

虫酸が走るぜ!ふざけんじゃねえよ!!」

 

「ごめんね」

 

まるで噛み付くような実弥の怒声に眉一つ変えることなく柔らかく微笑み謝る御館様に、

実弥は面食らい固まってしまうのでした。

刀は握ってみたけれど、すぐに脈が狂ってしまって十回もできなかった。

叶うことなら、私も君たちのように

体一つで人の命を守れる強い剣士になりたかった。

けれど、どうしても無理だったんだ。

つらいことばかり君たちにさせてごめんね。」

優しく話す御館様を前に実弥は言葉を無くしていました。

御館様の眼差しは母を思い起こさせたのです。

親が我が子に向けるような溢れるような慈しみに優しく頬を撫でられるような感覚になったのでした。

「君たちが捨て駒だとするならば、

私も同じく捨て駒だ。

鬼殺隊を動かす駒の一つに過ぎない。

私が死んだとしても、何も変わらない。

私の代わりはすでに居る。

おそらく、横に座り黙っている黒髪の少女のようです。

実弥は柱合会議に来たのが初めてだから、勘違いしてしまったのだと思うけれど私は偉くもなんともないんだよ。

みんなが善意でそれその如く扱ってくれているだけなんだ。

嫌だったら同じようにしなくていいんだよ。

それに拘るより実弥は柱として人の命を守っておくれ。

それだけが私の願いだよ。

匡近(粂野)が死んで間もないのに呼んでしまってすまなかったね。

兄弟のように仲良くしていたから尚更つらかっただろう。」

それまで黙って聞いていた実弥は御館様が粂野の名前を覚えていることに驚きました。

不死川くん、御館様は当主になられてから亡くなった隊員の名前と生い立ちは全て記憶してらっしゃるのよ

かなえに言われて驚き目を見開く実弥は、

(そんな、俺でさえ、一緒に戦って死んだ隊士全ての名前は覚えきれてない)

と多くの亡くなっていった隊士の名前のみならず生い立ちまで全てを記憶している御館様に

驚きを感じえませんでした。

実弥、鬼殺隊の子供たちは皆、遺書を書いているよね。

その遺書の内容がね、不思議なことに殆ど似通っているんだ。

匡近も同じだったよ。

渡そうと思っていたんだ実弥に。」

そう言って立ち上がる御館様に遺書を渡される実弥は震える手で遺書を開きます。

匡近は失った弟と実弥を重ねていたんだね。

光り輝く未来を夢見てる、私の夢と同じだよ。

目を見開き御館様の言葉に耳を傾けながら遺書を読んでいく実弥に御館様は言葉をかけ続けます。

大切な人が笑顔で、天寿を全うするまでその日まで幸せに暮らせるよう、決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願う。

例えその時、自分が生きてその人の傍にいられなくとも生きていて欲しい。

生き抜いて欲しい。」

玄弥を頭に浮かべ遺書を読み、御館様の言葉を耳にしながら大粒の涙を実弥は零すのでした。

 

【到着】

記憶を呼び起こした実弥は間一髪、鬼の刃を銃を片手に受け押し返し、鬼に発砲しました。

(畜生、かすり傷すら!)

しかしかすり傷1つすら付けることが出来ませんでした。

次の瞬間、

月の呼吸

参の型厭忌月・鎖り(えんきづき・つがり)

技を鬼が繰り出します。

傷だらけの床に煙が立ち込め現れたのは行冥でした。

「次々と降って湧く

まるで憎らしげかのように表情を変えずに鬼は言います。

「我ら鬼殺隊は百世不磨

鬼をこの世から、屠り去るまで

ジャラりと揺れる武器を持ち行冥が到着したのでした。

 

鬼殺隊最強の男、到着ーー

鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【168話】考察・感想

今回の見どころはなんといっても実弥の過去のシ-ンですよね!

幼いながらも必死に戦い手探りで生き抜いてきた実弥。

そしてやっと出会った友を失ってしまい実弥は喪失感でいっぱいだったでしょう。

そんな実弥を優しく受け止めたお館様。

本当にお優しい方なのだなあとしみじみと思いました。

さて終盤に行冥が到着しましたが…

今後行冥はどのように動いてくれるでしょうか。

既に実弥はボロボロですのでこれで少し休めれたらいいのですが・・・